廣田神社  ひろたじんじゃ

スポンサーリンク

住所
6620867
兵庫県西宮市大社町7-7
電話番号
0798-74-3489(廣田神社)
公式サイトURL
御祭神
天照大神荒魂
御利益
創建・建立
(伝)神功皇后2年
旧社格
官幣大社
アクセス
阪急甲陽線苦楽園口 徒歩13分
地図を拡大
このエントリーをはてなブックマークに追加
編集いただいたユーザーの皆様に神様、仏様のご加護がございますように!

ユーザーのおすすめ

ユーザー 評価 コメント
まだおすすめ情報が登録されていません。

評価を登録

縁結び
金運
学問・仕事
健康・長寿
供養
家内安全・子宝安産
厄除け
 
★をつけていただいたユーザーの皆様に神様、仏様のご加護がございますように!

最新参拝記録

ユーザー 参拝日
へいちゃん 2014-03-30
まーくん 2017-06-29
のむ 2008-01-26

参拝カードを登録する

詳細情報

由来
 神功皇后摂政元年(201)、国難打破の道を教え、第15代應神天皇のご懐妊を告げ、安産を守り、軍船の先鋒となり導き、建国初の海外遠征に大勝利を授けられた。天照皇大神荒御魂の御神誨により、御凱旋の帰途、神功皇后により武庫の地・廣田の国に御創建されたことが、我が国最古の国史書「日本書紀」に記される。  上代から中古にかけて、国家鎮護・天地自然・立身出世・武運長久に御霊験高き神として、全国的に延喜式内の官幣名神大社として厚遇され、白河天皇の時代(11世紀末)には、全国神社に冠たる勅祭二十二社の一社にも県内で唯一社選ばれ、朝廷・公家の篤い崇敬を受けた。  源頼朝は元暦元年(1184)平氏の討伐を祈願して淡路・広田荘を寄進し、豊臣秀頼は慶長9年(1604)大規模な改築を行い、徳川吉宗は現今の地に遷し改修したように、武家も深く信仰した。  明治4年(1871)官幣大社に列せられる。 平成13年(2001)には御鎮座1800年の喜節を迎え、天皇陛下よりの御幣帛を奉って式年祭・奉幣奉祝祭を齋行。
神社情報
例祭日
3月16日
パワースポット情報

 

 

神社仏閣検索

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
*

 

Androidアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください
iPhoneアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください