北海道函館市上湯川町2番1号 高穂神社の写真1
北海道函館市上湯川町2番1号 高穂神社の写真2
北海道函館市上湯川町2番1号 高穂神社の写真3
北海道函館市上湯川町2番1号 高穂神社の写真4
北海道函館市上湯川町2番1号 高穂神社の写真5
北海道函館市上湯川町2番1号 高穂神社の写真6
北海道函館市上湯川町2番1号 高穂神社の写真7
北海道函館市上湯川町2番1号 高穂神社の写真8
北海道函館市上湯川町2番1号 高穂神社の写真9
北海道函館市上湯川町2番1号 高穂神社の写真10
高穂神社  (たかほじんじゃ)  4.2
北海道函館市上湯川町2番1号

みんなの御朱印

(リョウさん)
14 0 御朱印日:2021年8月16日 00:00
御朱印を書き終わり、頂く時に、鈴でお祓いをしてから、頂きました‼️
(ゆうこりんさん)
5 0 御朱印日:2021年8月8日 00:00
(御朱印さん)
5 0 御朱印日:2021年6月17日 00:00
(みこさん)
4 0 御朱印日:2021年3月12日 22:00
(しんchanさん)
1 0 御朱印日:2020年8月18日 13:30
(ちみむさん)
9 0 御朱印日:2020年4月19日 14:39
(tetsuさん)
1 0 御朱印日:2019年8月27日 15:40
(やすさん)
1 0 御朱印日:2019年7月14日 16:00
(めんまさん)
0 0 御朱印日:2019年6月16日 00:00
(函館人さん)
0 0 御朱印日:2019年5月22日 12:00

自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

(Totoroさん)
おすすめ度: ★★
1 4 0 参拝日:2020年11月13日 00:00
(ボンズさん)
おすすめ度: ★★★★★
1 1 0 参拝日:2020年4月26日 09:43
(ゆみさん)
おすすめ度:
0 6 0 参拝日:2022年5月4日 02:00
(山ちゃんさん)
おすすめ度:
0 28 0 参拝日:2022年2月12日 00:00
(リョウさん)
おすすめ度: ★★★★★
0 20 0 参拝日:2021年8月16日 00:00
(ゆうこりんさん)
おすすめ度: ★★★
0 32 0 参拝日:2021年8月8日 16:35
(御朱印さん)
おすすめ度:
0 1 0 参拝日:2021年6月17日 00:00
(みこさん)
おすすめ度: ★★★★★
0 20 0 参拝日:2021年3月12日 15:15
(しんchanさん)
おすすめ度:
0 1 0 参拝日:2020年8月18日 13:30
(tetsuさん)
おすすめ度:
0 63 0 参拝日:2019年8月27日 15:02

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所
北海道函館市上湯川町2番1号
五畿八道 令制国
 
アクセス
函館市電湯の川線湯の川 徒歩20分
御朱印授与時間
電話番号
0138-59-0167
FAX番号
公式サイトURL
御祭神
天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
霧島大神(きりしまのおおかみ)
稲蒼魂大神(うかのみたまのおおかみ)
地主龍神大神(じぬしりゅうじん)
太田権現大神(おおたごんげんおおかみ)
他8柱
創建・建立
昭和55年(西暦1980年)
由来
【境内入口掲示】由緒
 当神社の聖地はコシャマインの乱に関係が深くアイヌが庵をむすび、御神木と伝えられる櫟(いちい*樹齢約600年)の根本より霊水が湧き出ており、古き祠が祀られていたと伝えられる。
 明治以前より当地付近一帯は前多氏の所有する田畑であった。
明治44年(1911年)、前多氏が損壊していた祠を新たに立て直し尊祀するも、その後、佐々木氏が前多氏より譲り受け居を構え、感ずるところありて付近に点在していた神々様を合祀し、農業を営む傍ら幾多の困難にも挫けることなく、いよいよ強固な敬神の心で世に打ち迷う人々の心の支えと共にご神徳は村内外に広まり、済われし諸人等が上湯川の龍神様の尊称と共に日々の信仰の生活は広く篤く年を重ね、いよいよ上湯川村の氏神様の斎き祀り。
前多氏初代より佐々木氏4代に亘り御神徳発揚に勤め幾多の遍歴を重ねながら、昭和20年(1945年)敗戦の衝撃と戦後の混乱の中にあっても敬神の心は変わることなく乗り越えられたが、世代は変わり時の移りと共に昭和40年(1965年)、当地の付近一帯は団地造成が始まり、付近一帯は函館市より買い上げられる事態となり、佐々木氏もやむなく此の土地を離れ、以来、上湯川の龍神様の尊称も次第に忘れ去り尊敬する人もなく、日増しに損壊する状況であったが、昭和55年(1980)7月、現宮司が神告により復興約束し、再び尊敬することとなった。
 開祀はアイヌが尊敬して550年、遍歴を重ねながらも明治44年(1911年)を開基、昭和55年(1980年)を神社創建と定め、以来、神道強化育成と共に境内、神社の整備に邁進して、信者・崇敬者の心の拠りどころ、地域に根ざした鎮守の杜として、祭祀を厳修し、御神徳の昂揚に勤め、信者・崇敬者・地域住民の真心に応え奉らんとするものであります。
 当地は古来より聖地であるものの、祠をお祀りした文献や由緒書などは何ひとつ残っていないが、歴代にの神守と古老の口伝によるもので、現宮司、神守として6代、祈祷師として3代目である。
神社・お寺情報
神紋・寺紋
未登録
更新情報
【 最終 更新者】龍太郎
【 最終 更新日時】2019/09/23 18:54:48
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

厳嶋神社  青麻神社(川口神社)  住吉神社(川口神社)  金比羅神社(川口神社)  鹿島神社  三社神社(浅間神社境内)  津島神社(浅間神社境内)  稲荷社(鏡満神社 境内)  印内春日神社  稲荷神社(小田井縣神社)  恵比須神社(小田井縣神社)  川下神社(小田井縣神社)  飛躍の霊狐(竹駒神社)  単車神社  檜峰神社郷宮(北野天神社境内社)  嶺宮遥拝社(穂高神社)  金売橘次神社  鷹居八幡神社  雷神社(諏訪神社)  稲荷神社  妙見社  大黒山龍泉寺  不動堂  瀧石神社  滝沢神社  小里神社  十二神社  九十九神社  大達原稲荷神社  稲荷神社  山神社  みちびき不動尊  足長神社(當護稲荷神社)  火防秋葉神社(當護稲荷神社)  小田原城  戎神社  道祖神  入谷津の道祖神  稲荷神社  笠森稲荷神社  荒神社  恵比須神社  佐々木八幡神社(石碑)(境内)  太子堂(境内社)  常本天満宮(常本谷天満宮)  上尾御嶽  涙岩神社  稲荷社 (徳常院敷地内)  馬頭観世音  稲荷社  不二山 金正寺  稲荷神社  瑞祥山 龍雲院  天王神社・稲荷神社  牛頭天王神社・澤守稲荷神社・道祖神  お宮さん(稲荷?) 個人宅  八坂神社(天王さん)  古新宿龍宮神社  稲荷社 個人宅敷地内  稲荷社(?)  会社敷地内  稲荷社  稲荷社  玉傳稲荷神社  お宮さん(境内社)  北條稲荷神社  稲荷社(会社敷地内)  藪原稲荷神社  龍宮神社  戎神社  水神(石塔)  上杉神社(上杉龍若丸墓)  新田明神旧祠  下祖師谷庚申塔  石塔(境内)  招魂社(烏山神社境内社)  稲荷社(烏山神社境内社)  新田神社(境内摂社)  戎の社(境内)  蓮池弁財天社  稲荷社(石祠 二基)  伏見稲荷神社(境内)  官位稲荷神社(境内社)  稲荷社(境内)  正一位大稲荷神社(境内)  医薬稲荷社 (境内社)  山王稲荷神社  祠 鳥居の左脇  稲荷社(?) 個人宅敷地内  亀山神社  みちびき不動尊  経王山 本妙寺  法源山 正法寺  小池白髪弁財天社  稲荷社(砧三峯神社境内社)  祖霊社(下祖師谷神明社境内社)  釣鐘池辨天社  稲荷神社  天神社(廻沢稲荷境内社)  真如山 實圓寺  一乗寺 

何を投稿しますか?

大好評!! スマホで神社がいいねを使うなら、アプリがおすすめ!