京都府京都市左京区下鴨泉川町59 賀茂御祖神社 (下鴨神社)の写真1
京都府京都市左京区下鴨泉川町59 賀茂御祖神社 (下鴨神社)の写真2
京都府京都市左京区下鴨泉川町59 賀茂御祖神社 (下鴨神社)の写真3
京都府京都市左京区下鴨泉川町59 賀茂御祖神社 (下鴨神社)の写真4
京都府京都市左京区下鴨泉川町59 賀茂御祖神社 (下鴨神社)の写真5
京都府京都市左京区下鴨泉川町59 賀茂御祖神社 (下鴨神社)の写真6
京都府京都市左京区下鴨泉川町59 賀茂御祖神社 (下鴨神社)の写真7
京都府京都市左京区下鴨泉川町59 賀茂御祖神社 (下鴨神社)の写真8
京都府京都市左京区下鴨泉川町59 賀茂御祖神社 (下鴨神社)の写真9
京都府京都市左京区下鴨泉川町59 賀茂御祖神社 (下鴨神社)の写真10
京都府京都市左京区下鴨泉川町59 賀茂御祖神社 (下鴨神社)の写真11
京都府京都市左京区下鴨泉川町59 賀茂御祖神社 (下鴨神社)の写真12
京都府京都市左京区下鴨泉川町59 賀茂御祖神社 (下鴨神社)の写真13
京都府京都市左京区下鴨泉川町59 賀茂御祖神社 (下鴨神社)の写真14
賀茂御祖神社 (下鴨神社)  (かもみおやじんじゃ(しもがもじんじゃ))  4.4
京都府京都市左京区下鴨泉川町59

みんなの御朱印

(西口さん家のゆうじ君さん)
1 0 御朱印日:2022年6月11日 00:00
(うさこさん)
1 0 御朱印日:2022年6月8日 00:00
(よっちゃんさん)
2 0 御朱印日:2022年6月6日 00:00
(ゆうこさん)
7 0 御朱印日:2022年5月24日 00:00
(ちゃんさん)
4 0 御朱印日:2022年5月8日 00:00
(さしみさん)
4 0 御朱印日:2022年5月6日 00:00
(あっつんさん)
6 0 御朱印日:2022年5月4日 19:06
(ぴよさん)
4 0 御朱印日:2022年5月2日 00:00
(naoyuki_maさん)
2 0 御朱印日:2022年5月1日 00:00
(村長さん)
2 0 御朱印日:2022年4月17日 00:00

自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

みたらい祭 意外に深くてズボンが濡れてしまい、慌てて携帯がスルリ、水没してしまいました。神様~
(のぶちゃんさん)
おすすめ度: ★★★★
3 145 0 参拝日:2019年7月27日 18:30
山城國一之宮。二十二社上七社。別表神社。 創建は京都でもっとも古い部類と言われる歴史的古社。 境内の摂社二社も名神大社。(河合神社・三井神社) 本殿二殿が国宝。重要文化財三十一棟。 凄いお社です。 お詣りさせて頂いた日は冬晴れで、青空に白い雲。建物や鳥居とのコントラストも美しく、気持ちよくお詣りさせていただきました。 駐車場は下鴨さんの有料駐車場に入れさせてもらいましたが、境内南側が正面の鳥居になるので、表からお参りなさりたい方は正面の鳥居の近所のコインパーキングがいいかもしれません。
(じゃすてぃさん)
おすすめ度: ★★★★★
3 138 0 参拝日:2019年1月17日 00:00
(おっさん)
おすすめ度: ★★★★★
3 129 0 参拝日:2017年7月30日 00:00
山城国一の宮。全国一の宮巡り40社め。下鴨神社の参拝をもって畿内7社の一の宮参拝完了。 1日に4社詣りしたので、よく覚えていないが、素朴なぬくもりを感じた。夕刻だったので、次回は朝に参拝したい。 評価基準☆☆ 乗用車300台の駐車場は1時間300円、参拝者の駐車は無料。
(Mu.(全国一ノ宮神社巡拝中)さん)
おすすめ度: ★★★
3 139 0 参拝日:2002年11月18日 00:00
かつては年に1~2回必ず参拝に上がっていた社ですが、今回は久しぶりとなりました。再びカモ族の深淵を探るきっかけとなったように思います。
(天地悠久さん)
おすすめ度:
2 138 0 参拝日:2020年3月9日 12:00
中国人だらけで参拝を控えていましたが、今がチャンスと久しぶりに拝することができました。
(天地悠久さん)
おすすめ度:
2 129 0 参拝日:2020年3月9日 00:00
(のぶちゃんさん)
おすすめ度:
2 133 0 参拝日:2018年10月20日 00:00
【授与所】 たくさんの御守りやお札やおみくじあり オリジナル御朱印帳あり
(優雅さん)
おすすめ度: ★★★★
2 102 0 参拝日:2018年8月15日 16:10
(ぴらふさん)
おすすめ度: ★★★
2 134 0 参拝日:2018年2月1日 00:00
(ノブさん)
おすすめ度: ★★★★
2 136 0 参拝日:2017年6月5日 00:00

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所
京都府京都市左京区下鴨泉川町59
五畿八道 令制国
畿内 山城
アクセス
叡山電鉄本線出町柳 徒歩10分
御朱印授与時間
電話番号
075-781-0010
FAX番号
075-781-4722
公式サイトURL
御祭神
[西殿]賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)
[東殿]玉依媛命(たまよりひめのみこと)
創建・建立
崇神天皇7年(紀元前90年)以前と推定
由来
当社の祭神は、賀茂別雷神社に祀られている賀茂別雷大神の母神と外祖父神の二柱。
神武天皇東征の折り熊野から大和の難所を先導した八タ烏(やたがらす)が賀茂建角身命であるという。

[賀茂建角身命・八咫烏伝承]
当神社がまつられたのは、崇神天皇の7年(BC90)に神社の瑞垣の修造がおこなわれたという記録があり、それ以前の古い時代からまつられていたとおもわれます。
先年糺の森周辺の発掘調査で縄文時代の土器や弥生時代の住居跡がたくさん発掘され、それを裏付けています。
また社伝や歴史書に、お祭、社殿、ご神宝等の奉納などが記録されています。
『続日本紀』の文武天皇2年(698)には、葵祭に見物人がたくさん集まるので警備するように、という命令が出された、という記事があります。
このことから、奈良時代より前から当神社が大きなお社で、盛大なお祭がおこなわれていたことがわかります。
平安時代には、国と首都京都の守り神として、また皇室の氏神さまとして、特別の信仰を受け、別項に記します式年遷宮や斎王の制度などがさだめられていた特別な神社であったことがしられます。
そして『源氏物語』や『枕草子』など王朝文学にしばしば登場いたしますように、この時代の文化、宗教の中心地の一つとして栄えました。
平安時代末期になりますと全国に60余箇所もの荘園、御廚が寄進され神社をささえました。
鎌倉時代、室町時代、そして戦乱の世になっていくにつれ、各地の荘園も連絡が次第に絶えて行きますが、代わって国民の信仰が神社をささえていくようになりました。
神殿守(殿司)とよばれる人々が全国をまわってご神徳を説いていくのもこのころです。
当神社を舞台とする、数多くの能(謡曲)などに、そのころの様子がうかがわれます。
また国の重要な出来事には、かならずご祈願が行われました。 
江戸時代にも、国と国民の幸福を祈願する神社として、神社の運営のため幕府より領地が寄せられました。
明治初年、全国の神社の代表として、官幣大社の首位におかれ、今日まで国と国民のための祈願を日々おこなっています。

[創祀]
創祀の年代を特定することは出来ないが、『日本書紀』神武天皇2年(BC658)2月の条に、当神社御祭神、賀茂建角身命を奉斎していた一系流「葛野主殿県主部」との氏族の名がみえる。
この氏族は、賀茂建角身命の先の代、天神玉命を祖神とする鴨氏と同じ氏族であったことで知られている。
また、『賀茂神宮賀茂氏系図』には、賀茂建角身命の子、鴨建玉依彦命より11代後の大伊乃伎命の孫、大二目命が鴨建角身命社を奉斎していたことが記されている。
その社が、今日の賀茂御祖神社の始源の社の一社であろうとされている。
崇神天皇7年(BC90)には、社の瑞垣が造営(『鴨社造営記』)され、垂仁天皇27年(BC28月には、御神宝が奉られている。(『同書』)また、緩靖天皇(BC580)の御世より御生神事が行われた(『旧記』)との伝承があり、欽明天皇5年(544)4月から賀茂祭(葵祭)(『本朝月令』『年中行事抄』)が行われていることからみて、創祀は西暦紀元をはるかに遡るものとみられている。
神社・お寺情報
式内社 賀茂御祖神社 二座 並名神大 月次相嘗新嘗 の比定社
山城国一宮
二十二社(上七社)の一社
勅祭社
別表神社(神社本庁)
神紋・寺紋
未登録
更新情報
【 最終 更新者】管理者
【 最終 更新日時】2022/01/17 09:42:30
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

不動堂  瀧石神社  小里神社  稲荷神社  山神社  みちびき不動尊  上尾御嶽  稲荷社 (徳常院敷地内)  馬頭観世音  不二山 金正寺  瑞祥山 龍雲院  古新宿龍宮神社  北條稲荷神社  上杉神社(上杉龍若丸墓)  みちびき不動尊  経王山 本妙寺  祖霊社(下祖師谷神明社境内社)  天満宮  道祖社・稲荷社(走湯神社)  鶏頂山神社  川崎土場神社  戸隠神社(伊勢神社)  豊受姫大神神社(蜂前神社 境内)  津島午頭天王社(神宮神社 境内)  津島神社(須倍神社 境内)  金刀比羅神社(豊浦神社境内社)  神明神社  秩父今宮神社  天満天神社(宝登山神社境内社)  稲荷社(永江院 境内)  上好地熊野神社  陶祖社(神明社末社)  稲荷社  水天宮(久伊豆神社境内社)  雲根稲荷神社  稲荷神社(雀ノ森氷川神社境内社)  木曽御嶽塚(岸町熊野神社境内社)  稲荷堂(福沢神社)  雷神社  妙見神社  地蔵尊  秋葉三尺坊大権現  尾張えびす大黒社  東山稲荷神社  乙津神明社  丸池神社  八坂神社(安比奈新田八幡神社境内社)  八坂神社(白鬚神社境内社)  行盛神社  鹿島神社(八坂神社)    金比羅宮  雨乞地蔵  稲荷神社  古峯神社(大神宮)  城山神社  高田城  諏訪神社  山之神社  稲荷神社  東岡城辺稲荷社  海運山 満福寺(亀の甲寺)  新井稲荷社(館山神社内)  加茂神社  御霊小径の石碑  庚申塔群(御霊神社境内)  白山権化神社  長谷神社 上社  合祀社(苗間神明神社境内社)  八雲神社(苗間神明神社境内社)  久田神社(大井氷川神社境内社)  合祀社(長宮氷川神社境内社)  八雲神社(長宮氷川神社境内社)  恵比寿・大黒様(上福岡八雲神社境内)  荘神社  荘神社  川守稲荷神社  八大龍王社(蘇我比咩神社)  三峯神社  千葉南妙見宮  三峯神社  影藤大神  上中地蔵尊  交通安全地蔵尊  伊勢社  観智院  第六天神社 飯綱神社  八幡神社(鹿嶋神社)  八幡神社  諏訪神社  正覚寺  宝光院  八阪神社  保食神社  熊野宮  片町庚申堂  水上神社  八坂神社  弁天社(秩父今宮神社境内社)  稲荷社(秩父今宮神社境内社) 

何を投稿しますか?