和歌山県田辺市本宮町本宮1110番地 熊野本宮大社の写真1
和歌山県田辺市本宮町本宮1110番地 熊野本宮大社の写真2
和歌山県田辺市本宮町本宮1110番地 熊野本宮大社の写真3
和歌山県田辺市本宮町本宮1110番地 熊野本宮大社の写真4
和歌山県田辺市本宮町本宮1110番地 熊野本宮大社の写真5
和歌山県田辺市本宮町本宮1110番地 熊野本宮大社の写真6
和歌山県田辺市本宮町本宮1110番地 熊野本宮大社の写真7
和歌山県田辺市本宮町本宮1110番地 熊野本宮大社の写真8
和歌山県田辺市本宮町本宮1110番地 熊野本宮大社の写真9
和歌山県田辺市本宮町本宮1110番地 熊野本宮大社の写真10
和歌山県田辺市本宮町本宮1110番地 熊野本宮大社の写真11
熊野本宮大社  (くまのほんぐうたいしゃ)  4.5
和歌山県田辺市本宮町本宮1110番地

みんなの御朱印

(たーくんさん)
1 0 御朱印日:2022年6月25日 00:00
(たいようさん)
1 0 御朱印日:2022年6月4日 10:00
(misashumaさん)
1 0 御朱印日:2022年5月7日 08:30
(さたとしさん)
1 0 御朱印日:2022年5月3日 13:58
(マルコパパさん)
3 0 御朱印日:2022年5月2日 07:52
(ともさん)
5 0 御朱印日:2022年4月30日 21:34
(うららさん)
6 0 御朱印日:2022年3月28日 18:49
(笹だんごさん)
3 0 御朱印日:2022年3月13日 08:10
(いずみさん)
4 0 御朱印日:2022年1月4日 00:00
(KUMIKOさん)
2 0 御朱印日:2022年1月2日 17:59

自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

(釣りマニアさん)
おすすめ度:
3 162 0 参拝日:2017年11月19日 00:00
(のぶちゃんさん)
おすすめ度:
3 139 0 参拝日:2016年7月11日 00:00
多くの方が書かれているように、狛犬に巨大マスクが付けられています。良いことなのでしょうが、このような時代になったことに対して少し悲しい気にもさせられます。
(天地悠久さん)
おすすめ度:
2 85 0 参拝日:2020年10月3日 00:00
(銀玉鉄砲さん)
おすすめ度: ★★★★
2 137 0 参拝日:2019年5月27日 11:00
(やしろさん)
おすすめ度:
2 137 0 参拝日:2018年4月15日 00:00
2018年(平成30年)御創建2050年大祭
(ひふみんさん)
おすすめ度: ★★★★★
2 175 0 参拝日:2017年12月23日 00:00
今年一年のお礼参りができました。 天地悠久、熊野大神はいつも広いお心で、いつまでもずっしりと鎮まっておられます。ここに来ると悩み事などちっぽけなものだと思わされます。
(天地悠久さん)
おすすめ度:
2 148 0 参拝日:2017年12月4日 00:00
(とじみさん)
おすすめ度: ★★★★
2 148 0 参拝日:2017年11月12日 00:00
(ふかみどりさん)
おすすめ度: ★★★★
2 132 0 参拝日:2017年9月13日 00:00
(ノブさん)
おすすめ度: ★★★★
2 138 0 参拝日:2017年6月2日 00:00

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所
和歌山県田辺市本宮町本宮1110番地
五畿八道 令制国
南海道 紀伊
アクセス
御朱印授与時間
電話番号
0735-42-0009
FAX番号
公式サイトURL
御祭神
主祭神:家津御子大神(素盞鳴尊)
配祀神:夫須美大神 
速玉大神 
天照皇大神 
「忍穂耳命 瓊々杵命 
彦穂々出見命  鷀鸕草葺不合命 
軻遇突智命  埴山姫命 
弥都波能売命 稚産霊命」
「」内の祭神は大斎原の石祠に合祀
創建・建立
崇神天皇の御代
由来
全国熊野神社の総本宮である熊野三山の一つ。創祀は第十代崇神天皇の御代と伝えられている。 本宮は、紀伊半島を縦断する紀和果無山脈から流れ出る熊野川・音無川・岩田川の合流点の中州である大斎原に古より鎮座していた。 熊野は奈良時代から平安時代にかけて、仏教・密教・修験道の聖地になり、自然崇拝に根ざしていた熊野の神々は仏たちと習合していった。平安時代後期になるとますますその結び付きは強固となり、証誠殿に鎮まる家津御子大神は阿弥陀如来と同一視され、極楽往生を約束した。 平安時代末期から鎌倉時代にかけて熊野への信仰が急速に高まり、法皇・上皇の熊野三山に参拝する熊野御幸は百余度を数えた。彼らが歩いた道が熊野九十九王子を祀る熊野参詣道である。 鎌倉時代になると、熊野御師や熊野先達・熊野比丘尼らによる布教活動によって、武士をはじめとする様々な階層の参拝が盛んになり、その範囲も全国に及び、この群れなす参拝者を称して「蟻の熊野詣」の語が生まれた。 鎌倉新仏教の一派時宗の開祖一遍は熊野の神からの「信不信を選ばず、浄不浄を問わず布教せよ」との託宣を受けて悟りに至ったとされる。江戸時代中期に現在みられる社殿が造築された。しかし、明治時代の熊野川の大洪水によって、社殿の大部分が流失したため、十二社のうち上四社を西の丘陵に遷座し、中四社・下四社の神々を大斎原の石祠に合祀した。 平成十六年七月熊野・吉野・高野の霊場及びこれを巡る参詣道は世界文化遺産に登録された。(例祭)年中行事多き中に四月十三日同十五日を大祭とす。社伝に「一山本宮始め社家社人一統、湯峯にて潔斎神が降られた様を再現し五穀豊穣を願う、四月十三日から十五日にかけて行われる春祭。 十三日午前湯峯神事。神職・楽人・稚児らが湯峯温泉で潔斎・斎食をした後、大日山を越えて湯峯王子社・月見岡神社と巡拝する行事。夕刻宮渡神事。神職・稚児・付人・総代らが行列を組み、神歌を唄いながら本社大斎原真名井社と巡拝する行事。 十五日午前本殿祭。午後から渡御祭。「遷御祭」の後、神輿を中心に神職・修験者・舞巫女・稚児らが挑花を奉じ、真名井社での祭典を経て、大斎原にて大和舞・巫女舞・御田植神事などを奉納する中「斎庭神事」、続いて修験者による護摩焚きの後、本社にて「還御祭」。 なお、本殿祭を除く祭典の終盤において、楽人の笛や太鼓の演奏の中、総代の「あがりやそう」「さがりやそう」という掛け声と共に、稚児(二、三歳の男子)たちが左三回・右三回・左三回と廻る「八撥神事」が執り行われる。 これは四月十三日に湯峯温泉で潔斎をした稚児に、熊野の神たちが宿った様子を表現したものといわれている。
神社・お寺情報
神紋・寺紋
未登録
更新情報
【 最終 更新者】優雅
【 最終 更新日時】2020/12/13 22:48:06
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

御嶽神社  椿護国神社(椿大神社)  獅子堂(椿大神社)  住吉神社(川口神社)  津島神社(浅間神社境内)  稲荷社(鏡満神社境内)  稲荷神社(小田井縣神社)  恵比須神社(小田井縣神社)  川下神社(小田井縣神社)  飛躍の霊狐(竹駒神社)  単車神社  檜峰神社郷宮(北野天神社境内社)  嶺宮遥拝社(穂高神社)  雷神社(諏訪神社)  妙見社  大黒山龍泉寺  瀧石神社  小里神社  九十九神社  大達原稲荷神社  稲荷神社  山神社  足長神社(當護稲荷神社)  火防秋葉神社(當護稲荷神社)  戎神社  入谷津の道祖神  稲荷神社  笠森稲荷神社  荒神社  恵比須神社  佐々木八幡神社(石碑)(境内)  太子堂(境内社)  常本天満宮(常本谷天満宮)  上尾御嶽  涙岩神社  馬頭観世音  瑞祥山 龍雲院  天王神社・稲荷神社  お宮さん(稲荷?) 個人宅  玉傳稲荷神社  お宮さん(境内社)  稲荷社(会社敷地内)  藪原稲荷神社  戎神社  下祖師谷庚申塔  蓮池弁財天社  稲荷社(石祠 二基)  伏見稲荷神社(境内)  官位稲荷神社(境内社)  正一位大稲荷神社(境内)  医薬稲荷社 (境内社)  祠 鳥居の左脇  稲荷社(?) 個人宅敷地内  亀山神社  みちびき不動尊  経王山 本妙寺  小池白髪弁財天社  祖霊社(下祖師谷神明社境内社)  稲荷神社  持榮山 本照寺  持榮山 本照寺  穴場神社・堅牢地神社  五社神社(八坂神社境内)  天満宮  道後稲荷神社  雷神社・稲荷神社(荒雄川神社)  神明社  八日市場東照宮  水神神社・山神神社(大神宮)  宇賀神社  助六堂稲荷大明神  松原八幡神社  神明社  稲荷大明神(矢野口)  道徳弘法堂  光徳稲荷社  稲荷社(個人宅敷地内)  稲荷社①(氷川女體神社境内社)  清住神社  蔵殿神社(所澤神明社)  忠魂社(海渡松原八幡神社 境内社)  海渡松原八幡神社  有原天満宮  天神神社(艮神社 境内社)  大歳神社(艮神社 境内社)  艮神社  大仙神社  世羅八幡神社  養蚕神社(荒脛巾神社)  愛宕神社  祖霊社(杉森神社 境内社)  筑波神社(筑波山古墳)  原宿神社  荒平天神  孤篷庵  笠神神社  下井鳥見神社  桜山招魂社(長者山新羅神社)  小社(玉積神社)  榮雲神社 

何を投稿しますか?