福岡県宗像市田島2331 宗像大社(辺津宮)の写真1
福岡県宗像市田島2331 宗像大社(辺津宮)の写真2
福岡県宗像市田島2331 宗像大社(辺津宮)の写真3
福岡県宗像市田島2331 宗像大社(辺津宮)の写真4

宗像大社(辺津宮)  (むなかたたいしゃ(へつぐう))

 4.5
福岡県宗像市田島2331

みんなの御朱印

(みこふくさん)
1 0 御朱印日:2022年6月23日 14:00
(りょうまさん)
1 0 御朱印日:2022年6月13日 00:00
(ゆいぴよさん)
1 0 御朱印日:2022年5月27日 19:36
(和菓子屋さん)
2 0 御朱印日:2022年5月23日 00:00
頂いた御朱印帳の最初のページ あらかじめ書かれてあり、日付のみ当日の書き入れでした
(ひのえ♪さん)
3 0 御朱印日:2022年5月3日 00:00
宗像三女神と玄界灘が描かれています
(ひのえ♪さん)
6 0 御朱印日:2022年5月3日 00:00
(Sakuraさん)
0 0 御朱印日:2022年4月29日 00:00
(やまだたろうさん)
0 0 御朱印日:2022年4月17日 00:00
(りょうさん)
7 0 御朱印日:2022年2月16日 17:42
(ふうりんパパさん)
3 0 御朱印日:2022年2月9日 00:00

自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

令和元年 そして一日の月例祭 いいお詣りができました。
(のぶちゃんさん)
おすすめ度: ★★★★★
5 120 0 参拝日:2019年5月1日 09:30
(のりとくさん)
おすすめ度:
2 94 0 参拝日:2018年2月3日 00:00
(カツさん)
おすすめ度: ★★★★
2 79 0 参拝日:2017年9月13日 00:00
宗像三女神の謎は深く、なかなか突き詰めるまでには至らないですね…。
(天地悠久さん)
おすすめ度:
2 120 0 参拝日:2016年1月7日 00:00
(Totoroさん)
おすすめ度: ★★★
1 0 0 参拝日:2021年7月26日 00:00
桜が咲いている宗像大社に行くのは初めて そして、初めて高宮祭場まで行きました。 感動しました。
(Yukoさん)
おすすめ度: ★★★★
1 60 0 参拝日:2021年3月22日 14:00
(Takeru Yamatoさん)
おすすめ度: ★★★★★
1 71 0 参拝日:2020年8月23日 09:37
(ノリさん)
おすすめ度:
1 1 0 参拝日:2019年8月31日 16:37
((=∵=)/さん)
おすすめ度: ★★★★★
1 1 0 参拝日:2019年2月10日 00:00
「神宿る島」宗像大社の辺津宮は神宝館と会わせて是非とも観ていただきたいです。 世界遺産登録一周年記念の御朱印帳もかわいいです(*≧з≦)
(ペンギンさん)
おすすめ度: ★★★★
1 93 0 参拝日:2018年11月2日 00:00

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所
福岡県宗像市田島2331
五畿八道 令制国
西海道 筑前
アクセス
JR鹿児島本線東郷 徒歩53分
御朱印授与時間
9:00〜17:00
電話番号
0940-62-1311
FAX番号
0940-62-1315
公式サイトURL
御祭神
市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)
創建・建立
不詳
由来
ここ宗像の地は、中国大陸や朝鮮半島に最も近く、外国との貿易や進んだ文化を受け入れる窓口として、重要な位置にありました。 日本最古の歴史書といわれる「日本書紀」には、「歴代天皇のまつりごとを助け、丁重な祭祀を受けられよ」との 神勅(しんちょく)(天照大神のお言葉)により、三女神がこの宗像の地に降りられ、おまつりされるようになったことが記されています。
神の島~沖ノ島について~
沖津宮がおまつりされている沖ノ島は、九州と朝鮮半島とを結ぶ玄界灘のほぼ中央にあります。また、女性はこの島には渡れず、今でも古代からの風習をそのまま守り続けている神の島でもあります。この島からは、鏡、勾玉、金製の指輪など、約十万点にのぼる貴重な宝物が見つかり、そのうち八万点が国宝に指定されました。これらの宝物は国家の繁栄と海上交通の安全を祈るために、神様にお供えされたものです。その内容や遺跡の規模の大きさなどからも、沖ノ島は「海の正倉院」ともいわれています。この神宝は、辺津宮にある神宝館(しんぽうかん)に所蔵、展示されております。
道主貴~あらゆる道を司る最高神~
宗像大社は、またのお名前を「道主貴(みちぬしのむち)」と申し上げます。
「貴(むち)」とは最も高貴な神に贈られる尊称で、「日本書紀」には宗像三女神が「道主貴(みちぬしのむち)」、すなわち国民のあらゆる道をお導きになる最も尊い神として崇敬を受けたことが記されています。
道主貴(宗像三女神)以外には、伊勢神宮の大日靈貴(おおひるめのむち)(※天照大神)、出雲大社の大己貴(おおなむち)(※大国主命)のみですので、宗像三女神が皇室をはじめ、人々からいかに厚い崇敬を受けていたかがうかがえます。 また、ここ宗像の地は中国大陸や朝鮮半島に最も近く、外国との貿易や進んだ文化を受け入れる窓口として、重要な位置にあり、「古事記」「日本書紀」によれば、三女神は天照大神と素戔嗚尊の誓約のもとに誕生し、天照大神の神勅によって、この大陸との交通の要路にあたる「海北道中(かいほくどうちゅう)」(宗像より朝鮮半島に向かう古代海路)に降臨されました。 当大社には二千数百年前に交通安全のためにお供えされた、人形(ひとがた)、馬形、舟形といわれる石製の形代(かたしろ)(実物に代わるもの)が、現在国宝として保存されていますが、これは古代より、「道の神様」としての篤い信仰を集めていたことを表しています。 鉄道が敷かれるようになると鉄道関係の人々が、自動車交通が発達すると車を運転される人々が、安全運転を誓ってご参拝になられていました。 このように、宗像大社は、交通安全の守護神として人々から篤く崇敬されています。
神社・お寺情報
延喜式名神大社
別表神社
摂末社:24社ある
※御神木は裏紋に使われ、表紋は皇室の御紋である十六菊花紋を勅許を受けて使用していのだそう。
【御朱印】宗像大社(祈願殿みて)300円、中津宮・沖津宮・七夕限定(中津宮遙拝所にて)各300円、オリジナル御朱印帳1,500円、宗像の海と三女神の御朱印帳(御朱印込)2,000円
神紋・寺紋
〈表紋〉十六菊  〈裏紋〉樽の木の葉と実
更新情報
【 最終 更新者】三毛猫
【 最終 更新日時】2022/01/09 23:27:30
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

八雲神社  八幡神社(千門大明神)  稲荷神社  岩崎弁財天社  熊野社  福一稲荷大明神  稲荷神社  鳧舞神社  愛宕神社  (小平方)諏訪神社  (寺地)諏訪神社  (金巻)諏訪神社  (鳥原)諏訪神社  地蔵院  大玉川神社(小玉川神社境内社)  大屋八幡神社  大将軍社(中島惣社)  今宮若宮神社  伊計神社  目梨別神社  三森稲荷神社(日吉神社)  老松社(菅大臣神社)  火御子社(菅大臣神社)  福部社(菅大臣神社)  白大夫(菅大臣神社)  天満宮・秋葉神社(新玉津島神社)  衆霊殿(市比賣神社)  稲荷神社(市比賣神社)  老松社・白太夫社(天満宮)  白滝稲荷大明神(天満宮)  お常稲荷大明神  稲荷社  稲荷神社  牟礼古峯神社  稲荷社  榛名神社・三峰神社  三井寺 毘沙門堂  山神社  神明神社  道祖神社(白鳥神社)  六社神社(白鳥神社)  金刀比羅神社(白鳥神社)  妙観寺  正一位稲荷神社  弁財天社  久伊豆神社  拾町稲荷神社  川島八幡神社  日若神社  稲荷大明神(布多天神社)  津嶋神社(飛騨天満宮末社)  都城神社  貴船神社  大迦登神社  貴船神社  天降八所神社  天降神社  世茂井  石崎松尾神社  厳島神社  仏弘寺  金龍神社  平和教  弁才天  法瀧院  林神社  東芝稲荷大神社  八衢比古神・八衢比売神(熊野神社境内社)  大崎天満宮  隼神社 (角振明神)  大雄山 最乗寺 多宝塔  大雄山 最乗寺 慧春尼堂  高天寺橋本院  稲荷神社  浅間社(和樂備神社境内社)  清厳寺(おしろい地蔵)  第六天社(和樂備神社境内社)  榛名神社(和樂備神社境内社)  多賀神社  貴船神社  宮地嶽神社  奥宮 秋葉社  須佐之男社  瑞穂神社  小田瀬天満宮  杵築神社  金刀比羅宮  圓融寺岩井堂  天神宮(貴船神社)  祖霊社  琴平神社奥院  諏訪神社  熊野那智神社遥拝所  八幡・日吉・秋葉・愛宕・高舘神社(熊野那智神社)  飛龍神社(熊野那智神社)  福寿院  布施大明神(八幡神社)  須賀神社(白山神社)  木ノ下八幡神社(白山神社)  雷神宮(白山神社) 

何を投稿しますか?