京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 霊亀山 天龍資聖禅寺(天龍寺)の写真1
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 霊亀山 天龍資聖禅寺(天龍寺)の写真2
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 霊亀山 天龍資聖禅寺(天龍寺)の写真3
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 霊亀山 天龍資聖禅寺(天龍寺)の写真4
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 霊亀山 天龍資聖禅寺(天龍寺)の写真5
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 霊亀山 天龍資聖禅寺(天龍寺)の写真6
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 霊亀山 天龍資聖禅寺(天龍寺)の写真7
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 霊亀山 天龍資聖禅寺(天龍寺)の写真8
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 霊亀山 天龍資聖禅寺(天龍寺)の写真9
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 霊亀山 天龍資聖禅寺(天龍寺)の写真10
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 霊亀山 天龍資聖禅寺(天龍寺)の写真11
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 霊亀山 天龍資聖禅寺(天龍寺)の写真12
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 霊亀山 天龍資聖禅寺(天龍寺)の写真13
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 霊亀山 天龍資聖禅寺(天龍寺)の写真14
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 霊亀山 天龍資聖禅寺(天龍寺)の写真15
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 霊亀山 天龍資聖禅寺(天龍寺)の写真16
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 霊亀山 天龍資聖禅寺(天龍寺)の写真17
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 霊亀山 天龍資聖禅寺(天龍寺)の写真18
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 霊亀山 天龍資聖禅寺(天龍寺)の写真19
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 霊亀山 天龍資聖禅寺(天龍寺)の写真20
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 霊亀山 天龍資聖禅寺(天龍寺)の写真21
 4.2

霊亀山 天龍資聖禅寺(天龍寺)  (れいきざん てんりゅうしせいぜんじ(てんりゅうじ))


京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68

みんなの御朱印

${row.jbName}の御朱印1
1
masaさん
2024年4月4日 12:50
${row.jbName}の御朱印1
1
masaさん
2024年4月4日 12:25
${row.jbName}の御朱印1
3
さささん
2024年3月30日 00:00

${row.jbName}の御朱印1
15
かぶ吉さん
2024年2月11日 22:05
${row.jbName}の御朱印1
13
T.S.Yさん
2024年2月8日 00:00
${row.jbName}の御朱印1
12
ペリーさん
2024年1月22日 00:00

自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

ずかやん さん
参拝日:2023年7月29日 08:31

${row.jbName}の参拝記録
2
305
ぁこさん
参拝日:2018年2月3日 00:00


${row.jbName}の参拝記録
2
279
BREITLINGさん
参拝日:2017年11月5日 00:00

masaさん
参拝日:2024年4月4日 10:06

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

みんなの動画

自分の動画

まだ動画が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
五畿八道
令制国
畿内 山城
アクセス 京都市東西線太秦天神川 徒歩1分
御朱印授与時間
電話番号 0758811235
FAX番号 0758642424
公式サイトURL http://www.tenryuji.com/
御本尊 釈迦如来
宗派 臨済宗天龍寺派 大本山
創建・建立 暦応2年(1338)足利尊氏開基 夢窓疎石開山
由来 天龍寺の沿革
天龍寺は京都屈指の観光地嵯峨嵐山、に建つ
臨済宗の禅刹。

名勝嵐山や渡月橋、天龍寺の西側に広がる亀山公園などもかつては境内地であった。
この地はその昔、檀林皇后と称された嵯峨天皇の皇后橘嘉智子が開創した禅寺・檀林寺の跡地で、檀林寺が廃絶した後、後嵯峨上皇が仙洞御所を造営し、さらに亀山上皇が仮の御所を営んだ。

天龍寺の歴史
創建と興隆
その地に足利尊氏を開基とし、夢窓疎石を開山として開かれたのが天龍寺で、その目的は後醍醐天皇の菩提を弔うため暦応2年(1339)に創建された。

造営に際して尊氏や光厳上皇が荘園を寄進したが、なお造営費用には足りず、直義は夢窓と相談の上、元冦以来途絶えていた元との貿易を再開することとし、その利益を造営費用に充てることを計画した。これが「天龍寺船」の始まり。

造営費の捻出に成功した天龍寺は康永4年(1345)に落慶した。南禅寺を五山の上として天龍寺を五山の第一位に、この位置づけは以後長く続いた。

火災と兵火
かつて広大な寺域と壮麗な伽藍を誇った天龍寺は度重なる火災に見舞われた。大きなものだけで延文3年(1358)、貞治6年(1367)、応安6年(1373)、康暦2年(1380)、文安4年(1447)、応仁2年(1468)、文化12年(1815)、元治元年(1864)の8回となる。

この文安の火災と応仁の乱による被害は大きく、天正13年(1585)に豊臣秀吉の寄進を受けるまで復興できなかった。その後秀吉の朱印を受けて順調に復興するが、文化年間に被災、この再建途中の元治元年、蛤御門の変に際して長州軍の陣営となり、兵火のために再び伽藍は焼失した。

以後は歴代の住持の尽力により順次旧に復し、明治9年には臨済宗天龍寺派大本山となった。しかし翌明治10年(1877)には上地令により嵐山53町歩を始め(このうち蔵王堂境内175坪をのぞく)亀山全山、嵯峨の平坦部4キロ四方の境内はほとんど上地することとなった。その結果現在の境内地はかつての10分の1、3万坪を残すこととなっている。

復興と再建
こうした逆境の中、天龍寺は復興を続け、明治32年には法堂、大方丈、庫裏が完成、大正13年には小方丈(書院)が再建されている。

昭和9年には多宝殿が再建、同時に茶席祥雲閣が表千家の残月亭写しとし、小間席の甘雨亭とともに建築された。翌10年(1935)には元冦600年記念として多宝殿の奥殿、廊下などが建立されほぼ現在の寺観となった。

なお塔頭の松巌寺、慈済院、弘源寺の3か寺は元治の兵火を逃れたため、室町様式あるいは徳川期のものが残る。後嵯峨、亀山両帝の御陵も元治の兵火に全焼したが、東西本願寺がいち早く再建し、方形造の廟堂は周囲の陵地とともに宮内省管轄となっている。
(天龍寺HPより)
神社・お寺情報 臨済宗大本山、京都五山第一位
神仏霊場巡拝の道 第88番(京都第8番)
ユネスコ世界遺産(古都京都の文化財)
・庭園(国の特別名勝・史跡)
・絹本著色夢窓国師像3幅(国指定重要文化財)
・絹本著色観世音菩薩像(国指定重要文化財)
・絹本著色清涼法眼禅師像・雲門大師像(国指定重要文化財)
・木造釈迦如来坐像(国指定重要文化財)
・遮那院御領絵図(国指定重要文化財)
・往古諸郷館地之絵図(国指定重要文化財)
・応永釣命絵図(国指定重要文化財)
・東陵永璵墨蹟(国指定重要文化財)
・北畠親房消息(国指定重要文化財)
・臨川寺領大井郷界畔絵図 貞和三年仲冬夢窓疎石裏書(国指定重要文化財)
・勅使門(京都府指定有形文化財)
・中門(京都府指定有形文化財)
・木屋番匠掟書(京都府指定有形文化財)
例祭日
神紋・寺紋 雨龍
更新情報 【 最終 更新者】よっしぃ
【 最終 更新日時】2022/06/04 13:51:31
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人様やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

近くのお城

このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

サイト内全検索

最近検索された神社・お寺

上大利老松神社  王子八幡宮  板付八幡神社  六所神社(六所大権現)  金刀比羅社・大山稲荷大明神(春日神社末社)  開運稲荷大明神  大六天神社  代々木神社  稲荷社  日影弁財天社  金比羅宮(熊野神社境内)  行者堂  大山祇神社  惣七稲荷大明神  熊野神社(神明神社境内)  石神神社(上湯川稲荷神社境内)  絹干神社  日太神社  興正寺 弘法堂  諏訪御嶽神社  地蔵池前稲荷  観音堂  浅間神社  豊津神社  上小池の道祖神  天満宮(弘前八幡宮末社)  稲荷神社(今泉)  みよし不動明王  御新牛(亀戸天神)  祐徳住吉稲荷神社(住吉神社境内社)  青木穴守稲荷  祓戸社(刺田比古神社)  春日社(刺田比古神社)  金比羅社・宇須売社(刺田比古神社)  稲荷社(刺田比古神社)  学業稲荷神社  六本木稲荷神社  三社明神(法音院境内)  正弐位井上稲荷大明神(堀兼神社境内)  前田稲荷神社  巌島神社(土佐神社境内社)  西御前社(土佐神社境内社)  三倍神社(石鎚神社境内社)  石鎚神社祖霊殿  日枝神社  御嶽社(日枝社)  避来矢山霊廟  東郷天満宮(久多美神社境内社)  南方神社  稲田神社 奥の院  草加神社御神木  地蔵尊  大歳社•稲荷五社•白髯社•須賀原社(舞子六神社境内社)  祖霊社(瀬戸神社摂社)  外園幸神社(恵比須神社)  金刀比羅神社・八坂神社  極楽寺 地蔵尊  忠魂碑(武蔵野神社境内碑)  六角堂寫經殿(長谷寺)  愛宕神社•高森稲荷神社  神楽殿(菟足神社 境内)  薬師堂  青麻神社(竪町神明宮末社)  見瀬稲荷神社(見瀬天満宮)  秋葉神社  三和八幡神社  長松山清浄院不動堂  天神社  鏡神社(二ノ宮)  稲荷社(隣松寺)  菅原神社(熊野大社)  雲岡杵築神社  蛭子遷殿  天満宮  淀川神社(大谷稲荷神社)  石田の道祖神(石田子安神社敷地の外側)  八王子神社  新宮神社(円通山神社 境内社)  咲分稲荷社(粟嶋堂宗徳寺境内)  山の神  稲荷神社(千葉神社)  櫻木妙見宮  稲荷神社(龍雲寺境内)  金刀比羅宮  白山神社  銀太郎稲荷神社  中の社 八阪神社 金比羅神社(飛鳥坐神社)  立山若宮(雄山神社中宮祈願殿)  神明社(雄山神社中宮祈願殿)  会津見送り稲荷  大矢稲荷  聖天宮  平和観音  日枝神社(上野國一社八幡宮)  天満宮(宇美神社境内社)  若宮神社  八王子社  津島神社(山田天満宮)  白竜天王・高倉稲荷大明神  温羅神社(吉備津彦神社) 

何を投稿しますか?

神社・お寺検索

初めてご利用の方は、使い方をお読みください。
*は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら
※「記録を色分け」を選ぶと、参拝や御朱印の記録が地図上で色分け表示されます。(検索に時間がかかります。ログインが必要です。)