京都府京都市東山区粟田口三条坊町69-1 青蓮院門跡の写真1
京都府京都市東山区粟田口三条坊町69-1 青蓮院門跡の写真2
京都府京都市東山区粟田口三条坊町69-1 青蓮院門跡の写真3
京都府京都市東山区粟田口三条坊町69-1 青蓮院門跡の写真4
京都府京都市東山区粟田口三条坊町69-1 青蓮院門跡の写真5
京都府京都市東山区粟田口三条坊町69-1 青蓮院門跡の写真6
青蓮院門跡  (しょうれんいんもんぜき)  4.0
京都府京都市東山区粟田口三条坊町69-1

みんなの御朱印

(ウィードさん)
1 0 御朱印日:2022年4月20日 00:00
(ルルさん)
0 0 御朱印日:2022年4月3日 00:00
(captainさん)
1 0 御朱印日:2022年2月25日 00:00
(おまいりりんごさん)
1 0 御朱印日:2022年2月11日 12:00
(おまいりりんごさん)
1 0 御朱印日:2022年2月11日 12:00
(みけこさん)
4 0 御朱印日:2021年12月13日 09:00
(にっきさん)
6 0 御朱印日:2021年11月29日 13:15
(信長さん)
4 0 御朱印日:2021年11月16日 00:00
(信長さん)
0 0 御朱印日:2021年11月4日 00:00
(信長さん)
0 0 御朱印日:2021年11月4日 00:00

自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

駐車場は少しあったと思います。
(銀玉鉄砲さん)
おすすめ度: ★★★★
2 120 0 参拝日:2018年12月8日 00:00
(富夢之助さん)
おすすめ度: ★★★★★
1 109 0 参拝日:2017年11月26日 00:00
(駿琉さん)
おすすめ度:
1 5 0 参拝日:2013年5月26日 00:00
(ウィードさん)
おすすめ度:
0 3 0 参拝日:2022年4月20日 14:30
粟田御所とも呼ばれる天台宗三門跡の一つ。鳥羽法皇が現在地に殿舎を造営して門跡寺院としての青蓮院が始まり。相阿弥作と伝える室町時代の庭がある。
(まっちゃんさん)
おすすめ度: ★★★
0 3 0 参拝日:2022年4月16日 10:45
(ルルさん)
おすすめ度: ★★★★
0 6 0 参拝日:2022年4月3日 00:00
門跡寺院。
(千箇寺さん)
おすすめ度: ★★★★★
0 8 0 参拝日:2022年3月28日 11:00
(如意宝珠さん)
おすすめ度:
0 0 0 参拝日:2022年3月2日 16:23
(captainさん)
おすすめ度:
0 18 0 参拝日:2022年2月25日 10:38
(K.Tさん)
おすすめ度:
0 30 0 参拝日:2021年11月21日 00:00

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所
京都府京都市東山区粟田口三条坊町69-1
五畿八道 令制国
畿内 山城
アクセス
京都市東西線東山 徒歩4分
御朱印授与時間
電話番号
0755612345
FAX番号
0755612345
公式サイトURL
御本尊
熾盛光如来
宗派
天台宗
創建・建立
天養元年(1144年)
由来
[ 青蓮院門跡の由緒 ]

起源は伝教大師最澄による「青蓮坊」:

最澄(伝教大師)が比叡山延暦寺を開くにあたって、山頂に僧侶の住坊を幾つも作りましたが、その一つの「青蓮坊」が青蓮院の起源であると云われています。伝教大師から円仁(慈覚大師)、安恵(あんね)、相応等、延暦寺の法燈を継いだ著名な僧侶の住居となり、東塔の主流をなす坊でした。

門跡寺としての青蓮院の始まり:

平安時代末期に、青蓮坊の第 12 代行玄大僧正(藤原師実の子)に鳥羽法皇が御帰依になって第 7 王子をその弟子とされ、院の御所に準じて京都に殿舎を造営して、青蓮院と改称せしめられたのが門跡寺院としての青蓮院の始まりであり、行玄が第一世の門主である。その後明治に至るまで、門主は殆ど皇族であるか、五摂家の子弟に限られていた。

青蓮院の歴代門主:

青蓮院が最も隆盛を極めたのは、平安末期から鎌倉時代に及ぶ、第三代門主慈圓(藤原兼実の弟)の時です。慈圓は四度天台座主をつとめ、日本人初めての歴史哲学者として不朽の名著「愚管抄」を残し、新古今時代の国民的歌人として「拾玉集」も残した。
慈圓は、当時まだ新興宗教であった浄土宗の祖法然上人や、浄土真宗の祖親鸞聖人にも理解を示し、延暦寺の抑圧から庇護した。それ故、現在でも青蓮院は、浄土真宗との関係は深い。親鸞聖人は、上記慈圓門主のもとで得度したため、青蓮院は同宗の聖地の一つとなっており、親鸞聖人の得度の折、剃髪した髪の毛を祀る植髪堂が、境内北側にある。
17 代門主の尊円法親王は伏見天皇の第 6 皇子で、名筆家として知られ、和風唐風を融合した尊円法親王の書風は「青蓮院流」と呼ばれ、江戸時代に広く普及した和様書風「御家流」の源流でもある。
室町時代には後に室町幕府第 6 代将軍足利義教となる義圓が門主を務め、また衰微期の本願寺が末寺として属し、後に本願寺の興隆に尽くした蓮如もここで得度を受けている。

粟田御所 仮御所としての青蓮院:

江戸時代の天明八年( 1788 )に、大火によって御所が炎上した時に、後桜町上皇は青蓮院を仮御所としてご避難されました。庭内の好文亭はその際には御学問所として使用されたものです。
また、青蓮院は粟田御所と呼ばれており、「青蓮院旧仮御所」として国の史跡にも指定されています。

―青蓮院 HP 「青蓮院門跡の由緒」より抜粋―
神社・お寺情報
粟田御所
天台宗三門跡

● 文化財(寺宝)
・不動明王二童子像(仏画)(国宝)
・兜跋毘沙門天立像(重文)
・金地著色浜松図(重文)
・後光厳院宸翰消息(重文)
その他 多数
神紋・寺紋
未登録
更新情報
【 最終 更新者】あっちゃん
【 最終 更新日時】2021/12/20 21:15:03
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

龍宮之宮  吐田極楽寺  荒神社  招魂社(宝登山神社境内社)  水神社(宝登山神社境内社)  藤谷淵神社(宝登山神社境内社)  熊野神社  月山荒魂社(月山神社)  鷲宮神社  熊野神社  稲荷社・金勢社(熊野神社)  足尾神社(熊野神社)  照霊社(熊野神社)  上好地熊野神社  厳嶋神社  薬師堂(福王寺 境内)  稲荷社(法雲寺 境内)  天白社(神明社末社)  覚園寺  大悲寺  卯辰天満宮  東屋敷の道祖神  稲荷社  須佐之男神社 (大和郡山市番匠田中町)  三吉神社(北門神社境内社)  天伯神社(鹿嶋神社 境内)  岩浦八坂神社  山王神社 (大和郡山市美濃庄町)  金毘羅堂(白山神社 境内)  江島神社  稲荷社(山城八坂神社境内社)  榛名神社(雀ノ森氷川神社境内社)  木曽御嶽塚(岸町熊野神社境内社)  厳島神社  稲荷堂(福沢神社)  小萩明神社(福沢神社)  天満宮  安堂地蔵尊  狩宿観音堂  秋葉三尺坊大権現  白山神社(伊佐須美神社摂社)  火伏稲荷  護国神社(鶴見神社境内社)  乙津神明社  八坂神社(養沢)  大神木神社  丸池神社  甲子大黒天(白鬚神社境内社)  八坂神社(白鬚神社境内社)  行盛神社  神明社(日枝神社境内社)  八坂神社(日枝神社境内社)  浅間大神(日枝神社境内社)  八坂神社(下広谷白山神社境内社)  稲荷神社(下広谷白山神社境内社)  穴守稲荷神社(八坂神社)  愛宕神社(八坂神社)  鹿島神社(八坂神社)  今村 諏訪神社    金比羅宮  地蔵尊  雨乞地蔵  鋒神社  杉の森稲荷  稲荷神社  和田神社  稲基神社  初太神社  善女龍王社・雷電神社  猿田彦神社  恵比寿大黒神社(千方神社)  海運山 満福寺(亀の甲寺)  稲荷神社(館山神社内)  新井稲荷社(館山神社内)  長宮(洲崎神社内)  加茂神社  石柱  白山権化神社  長谷神社 上社  合祀社(苗間神明神社境内社)  八雲神社(苗間神明神社境内社)  稲荷神社(大井氷川神社境内社)  三峯神社(大井氷川神社境内社)  合祀社(長宮氷川神社境内社)  恵比寿・大黒様(上福岡八雲神社境内)  荘神社  荘神社  音羽富士塚(富士浅間神社)  川守稲荷神社  八大龍王社(蘇我比咩神社)  大山阿夫利神社・大三輪神社(蘇我比咩神社)  三峯神社  千葉南妙見宮  上中地蔵尊  交通安全地蔵尊  伊勢社  第六天神社 飯綱神社  八幡神社(鹿嶋神社)  八幡神社 

何を投稿しますか?