京都府京都市南区九条町1 八幡山 金光明四天王教王護國寺 祕密傳法院(東寺)の写真1
京都府京都市南区九条町1 八幡山 金光明四天王教王護國寺 祕密傳法院(東寺)の写真2
京都府京都市南区九条町1 八幡山 金光明四天王教王護國寺 祕密傳法院(東寺)の写真3
京都府京都市南区九条町1 八幡山 金光明四天王教王護國寺 祕密傳法院(東寺)の写真4
京都府京都市南区九条町1 八幡山 金光明四天王教王護國寺 祕密傳法院(東寺)の写真5
京都府京都市南区九条町1 八幡山 金光明四天王教王護國寺 祕密傳法院(東寺)の写真6
京都府京都市南区九条町1 八幡山 金光明四天王教王護國寺 祕密傳法院(東寺)の写真7
京都府京都市南区九条町1 八幡山 金光明四天王教王護國寺 祕密傳法院(東寺)の写真8
京都府京都市南区九条町1 八幡山 金光明四天王教王護國寺 祕密傳法院(東寺)の写真9
京都府京都市南区九条町1 八幡山 金光明四天王教王護國寺 祕密傳法院(東寺)の写真10
京都府京都市南区九条町1 八幡山 金光明四天王教王護國寺 祕密傳法院(東寺)の写真11
京都府京都市南区九条町1 八幡山 金光明四天王教王護國寺 祕密傳法院(東寺)の写真12
京都府京都市南区九条町1 八幡山 金光明四天王教王護國寺 祕密傳法院(東寺)の写真13
京都府京都市南区九条町1 八幡山 金光明四天王教王護國寺 祕密傳法院(東寺)の写真14
 4.6

八幡山 金光明四天王教王護國寺 祕密傳法院(東寺)  (はちまんざん こんこうみょうしてんのうきょうおうごこくじ ひみつでんぽういん(とうじ))


京都府京都市南区九条町1

みんなの御朱印

${row.jbName}の御朱印1
12
どらさん
2024年3月22日 00:00
${row.jbName}の御朱印1
9
どらさん
2024年3月22日 00:00
${row.jbName}の御朱印1
19
すずすずさん
2024年3月16日 10:00

${row.jbName}の御朱印1
17
T.S.Yさん
2024年2月8日 00:00
${row.jbName}の御朱印1
21
ルルさん
2024年1月6日 00:00
${row.jbName}の御朱印1
28
雅さん
2023年12月26日 00:00

自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

のむさん
参拝日:2002年12月31日 00:00

${row.jbName}の参拝記録
3
301
い~さんさん
参拝日:2017年11月4日 00:00


${row.jbName}の参拝記録
2
311
百式さん
★★★★★ 参拝日:2019年10月11日 10:30

ひげじろうさん
参拝日:2017年12月16日 00:00

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

みんなの動画

自分の動画

まだ動画が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所 京都府京都市南区九条町1
五畿八道
令制国
畿内 山城
アクセス 近鉄京都線東寺 徒歩6分
御朱印授与時間
電話番号 0756913325
FAX番号 0756620250
公式サイトURL http://www.toji.or.jp/
御本尊 薬師如来
宗派 東寺真言宗
創建・建立 延暦15年(796年)
由来        平安時代・一
延暦13年、794年。桓武天皇により築かれた平安京は、時代の最先端をゆく都市でした。

都の正門、羅城門から北へまっすぐに朱雀大路が伸び、その先に壮麗な大内裏(だいだいり)がありました。その羅城門を挟んで、両翼を広げたように建立されたのが、東寺と西寺です。

東寺は国の東の王城鎮護、西寺は国の西の王城鎮護を担う、官寺でした。緑色をした緑釉瓦(りょくゆうがわら)に朱の柱、白壁の大伽藍(だいがらん)は、新しい首都を象徴するものでした。

       平安時代・ニ
平安遷都より29年目の冬、桓武天皇のあとに即位した嵯峨天皇は、唐で密教を学んで帰国した弘法大師空海に、東寺を託します。ここに真言密教の根本道場(こんぽんどうじょう)東寺が誕生します。

弘法大師空海は、まず、密教の中心伽藍となる講堂の建立に着手しました。講堂建立の翌年には、塔建立の材木を東山から運搬して欲しいと、朝廷に願い出た記録が残っています。このことから五重塔の工事は、この頃、はじまったといわれます。

こうして、弘法大師空海は大伽藍建立の大事業をはじめました。いまの東寺は、弘法大師空海がこのとき計画した通りの姿といえるでしょう。

        鎌倉時代
源氏と平家の合戦が起こり、平安時代も終わりに近づきます。羅城門は崩れ落ち、東寺、西寺ともに衰退の一途をたどります。やがて、時代が鎌倉へと移り、東寺に復興の兆しが見えてきます。

文覚上人(もんがくしょうにん)の依頼を受け、運慶(うんけい)が諸像の修復に着手。天福元年、1233年には、運慶の子、仏師康勝(こうしょう)により弘法大師空海の坐像が完成。御影堂(みえどう)で法要がはじまりました。さらに、後白河法皇の皇女、宣陽門院(せんようもんいん)が財政の基盤をつくり、東寺は息を吹き返していきました。

一方、西寺は、天福元年、1233年に境内に唯一残っていた五重塔が焼失。以後、西寺が復興することはありませんでした。
    
      室町時代・戦国時代
東大門は、別名、不開門(あかずのもん)と呼ばれています。なぜ、そう呼ばれることになったのか。答えは、その門に残る矢の痕跡と無関係ではありません。

南北朝時代、足利尊氏は東寺に陣を置き、新田義貞(にったよしさだ)と戦火を交えました。戦場は都から、東寺の近くへと移っていきました。そのとき、足利軍は、東大門の扉を固く閉ざし危機を脱したといわれます。このことから、東大門は不開門といわれるようになりました。東大門には、いまも戦乱の傷痕が残っています。

その後、東寺は、幾多の戦火をかいくぐり、応仁の乱の戦禍も免れることができました。しかし、文明18年、1486年に起こった文明の土一揆で金堂、講堂、廻廊(かいろう)や南大門(なんだいもん)などを焼失。東寺創建以来、もっとも大きな痛手を被った事件でした。

        江戸時代
文明の土一揆のあと、復興できるだろうか、と思われた東寺でしたが、桃山時代になると、焼失した金堂が約100年ぶりに再建。新しい金堂に新しい薬師如来、日光菩薩、月光菩薩も誕生しました。続いて南大門も完成し、焼失後、すぐに再建した講堂も含めて、東寺は、ほぼ元の姿になりました。

その後、落雷によって五重塔が焼失しますが、それも寛永21年、1644年に再建。また、徳川家康は、東寺の子院(しいん)である観智院(かんちいん)を、真言一宗の勧学院に定めました。

         現代
その時代、時代を生きた人々によって復興を遂げてきた東寺でしたが困窮が続いた時代もありました。しかし、そのなかにあっても法要は続けられ、僧をはじめとして、多くの人々によって東寺は守られてきました。

そして、昭和40年、1965年、秘仏公開。固く閉ざしていた金堂、講堂の扉が開きました。それは、平安時代へと続くタイムカプセルが開けられた瞬間でもありました。
(東寺HPより抜粋)
神社・お寺情報 真言宗十八本山 第九番
西国愛染十七霊場 第八番
洛陽三十三所観音霊場 第二十三番
京都十三仏霊場 第十二番
神仏霊場巡拝の道 第八十四番(京都第4番)
京都十二薬師霊場 第二番
都七福神(毘沙門天)
例祭日
神紋・寺紋 東寺雲
更新情報 【 最終 更新者】ポチョムキン
【 最終 更新日時】2022/02/15 00:30:31
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人様やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

近くのお城

このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

サイト内全検索

最近検索された神社・お寺

上大利老松神社  地禄神社(半道橋)  王子八幡宮  大隈御霊神社  五十川八幡宮  板付八幡神社  照天神社  六所神社(六所大権現)  航空神社(北野天神社境内社)  金刀比羅社・大山稲荷大明神(春日神社末社)  上渋垂諏訪神社  開運稲荷大明神  地神塔(熊野神社境内塔)  大六天神社  稲荷社(日枝神社境内社)  代々木神社  稲荷社  日影弁財天社  金比羅宮(熊野神社境内)  行者堂  長男神社(諏訪神社境内)  大山祇神社  小俣白山神社  厄割石(鎮守氷川神社)  鹿島神社  水房観音堂  稲荷大明神(東町天満宮境内)  川内神社  心眼寺 稲荷社  三宮川内大明神(川内神社)  七鬼神社(船玉神社境内)  稲荷神社(熊野神社境内)  大杉神社(大宮神社境内)  八重塚稲荷(大宮神社境内)  岡ビュー天満宮(岡山ビューホテル内)  上牧八幡神社  秋葉神社  石受稲荷神社  ひのみこ社  惣七稲荷大明神  牛久成田山 真浄寺  天手長男神社(菅谷神社境内)  岩ノ脇天満宮  熊野神社(神明神社境内)  石神神社(上湯川稲荷神社境内)  伊太祁曽神社(角館總鎭守神明社境内)  地蔵尊  絹干神社  日太神社  興正寺 弘法堂  福富稲荷大明神(始元神社境内)  岩神寺  大日寺地蔵尊  八坂神社  諏訪御嶽神社  稲荷神社(東玉川神社境内社)  地蔵池前稲荷  観音堂  浅間神社  久運山勝林寺  妙龍山東福院如意寺  石光寺 鐘楼  豊津神社  上小池の道祖神  須賀神社  三社稲荷神社(練馬白山神社境内)  天満宮(弘前八幡宮末社)  稲荷神社(今泉)  訶梨帝母社  稲荷神社(愛宕神社境内)  みよし不動明王  宝満宮  岩清水不動尊  二言社東社(下鴨神社境内)  御新牛(亀戸天神)  薬師寺 本坊  祐徳住吉稲荷神社(住吉神社境内社)  善女龍王社  青木穴守稲荷  祓戸社(刺田比古神社)  春日社(刺田比古神社)  金比羅社・宇須売社(刺田比古神社)  稲荷社(刺田比古神社)  玉姫稲荷神社(安居神社境内)  白辰大神(浪速神社境内)  稲荷山観音寺乗蔵院  学業稲荷神社  六本木稲荷神社  三社明神(法音院境内)  木戸神明宮  小社  神馬舍(三嶋大社境内)  正弐位井上稲荷大明神(堀兼神社境内)  前田稲荷神社  巌島神社(土佐神社境内社)  土佐神社 鼓楼  大国主神社(土佐神社境内社)  西御前社(土佐神社境内社)  三倍神社(石鎚神社境内社)  石鎚神社 綜合摂社 

何を投稿しますか?

神社・お寺検索

初めてご利用の方は、使い方をお読みください。
*は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら
※「記録を色分け」を選ぶと、参拝や御朱印の記録が地図上で色分け表示されます。(検索に時間がかかります。ログインが必要です。)