埼玉県所沢市久米411 花向山常行院長久寺の写真1

花向山常行院長久寺

 3.0
埼玉県所沢市久米411

みんなの御朱印

(thonglor17さん)
3 0 御朱印日:2022年8月11日 08:45
(なまむぎさん)
3 0 御朱印日:2022年3月13日 00:00
所沢七福神。300円、書置き。
(地獄耳さん)
7 0 御朱印日:2022年1月11日 00:00

自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

(thonglor17さん)
おすすめ度: ★★★
0 8 0 参拝日:2022年8月11日 08:45
(なまむぎさん)
おすすめ度:
0 16 0 参拝日:2022年3月13日 00:00

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所
埼玉県所沢市久米411
五畿八道 令制国
東海道 武蔵
アクセス
西武池袋線所沢 徒歩11分
御朱印授与時間
電話番号
0429223872
FAX番号
0429223766
公式サイトURL
御本尊
阿彌陀三尊
宗派
時宗
創建・建立
由来
境内掲示板
このお寺の宗旨概要
名稱 時宗
宗祖 証誠大師一遍上人(智真)
開宗 鎌倉期(一二七四年)
本山 清淨光寺(遊行寺)神奈川県藤沢市
本尊 「阿彌陀佛」を本尊に仰ぎます
稱名 南無阿彌陀佛
教義
大慈悲の阿彌陀佛に帰命する只今のお念佛が一番大事なことです 家業につとめはげみむつみあって只今の一瞬が充たされるなら 人の世は正しく生かされて明るさを増し 皆倶に健やかに長壽を保つことになります 浄土への道はそこに開かれるとする教えです
經典 無量壽經 觀無量壽經 阿彌陀經 六時禮讃 などの經典を読誦致します
当寺 時宗 花向山常行院長久寺
本尊 善心寺如来(阿彌陀三尊)日本四十八体之一
開山 久阿弥陀佛(二祖親教上人の徒弟)
   鎌倉時代末(元弘三年前後) 
関連 国の重要文化財(国宝)
   元弘之碑(現在久米川德載寺藏)
   勧進 久阿弥陀佛 長久寺開山
   執筆 遍阿弥陀佛 時宗の僧
 平成三年一月吉日建之
神社・お寺情報
境内掲示板
所沢市指定文化財(歴史資料)
旗本中根氏の墓
 指定 平成二十五年八月一日
 「旗本中根氏の墓」は、長久寺本堂の裏手にあり、中根正重の二百回忌にあたる寛政九年(一七九七年)九月四日に、子孫の中根正寧が再建したものです。また、正重の四百回忌にあたる平成九年(一九九七年)には、長久寺護持会一同によって四百回忌法要が行われ、墓石覆屋と記念碑の建立及び墓域の整備がなされました。
 大名旗本諸家の家譜を記した「寛政重修諸家譜」によると、正重は慶長三年(一五九八年)九月四日に伏見において死没し、久米村の長久寺に葬られました。正重の子の中根正成以降、代々の葬地は、江戸深川の法禅寺に移りますが、長久寺には、後代の中根氏とその奥方や息女などの位牌が納められています。また、中根氏は本堂の修復や屋根替えなどに際しても費用を寄進しており、長久寺の維持発展に大きな功績を残しています。
 中根正重は、はじめ徳川家康の長男信康に仕えていましたが、信康の死後、家康に仕えて関東入国に供奉し、天正十九年(一五九一年)五月三日、久米村に二百石の知行地を与えられました。以後、天和二年(一六八二年)四月二十一日、中根正延の時に知行六千石となり、上級旗本として相応の職に就いた中根氏の久米二百石知行は幕末まで続きます。
 「旗本中根氏の墓」は、江戸時代初期に所沢市域を支配した旗本の地方知行の実相を示す貴重な資料です。
  所沢市教育委員会

所沢市指定文化財(有形民俗)
長久寺廻国供養塔
  指定 平成八年(一九九六)九月五日
 この塔の建立者である平塚宗順常陽は江戸時代中頃、江戸へ出て小児婦人科医を開業していました。当時は観音巡礼や四国遍路にならって日本国中の社寺を廻ることが流行していたようで、常陽も国中の神社仏閣を参詣し、その記念として安永三年(一七七四)にこの供養楼を建てました。
 この塔には、四面すべてに文字が刻まれています。特に左側側面には「やくしのうた」と題して、「唯たのめむびゃう(無病)そく才(息災)福々と寿命てふきう(長久)諸ぐわん(願)成就」とあり、さらに平塚夫妻の和歌が次のように記されています。
  今むまれて死ぬことの世の中に ながきと人の思うもの哉   源常陽
  朝の間に心とめてしあさかほの 見せばや人に夕ふくれのそら 妻とみ
 なお、塔身の上の薬師如来像は、塔の建立後新しく置かれたものです。

所沢市指定文化財(彫刻)
金銅造阿弥陀三尊立像
  指定 平成八年(一九九六)九月五日
 長久寺の本尊として長い間伝わり、通常は公開せず秘仏として厨子の中にお祀りされています。
 三尊の高さは、中尊が約十九センチメートル、左脇侍の観世音菩薩像が約十二センチメートル、右脇侍の勢至菩薩像が約十一センチメートルです。像の身部に金色の残容が見られるので、もとは銅造鍍金の金銅仏であったことがうかがわれます。
 長久寺の開山は玖阿弥陀仏で、新田義貞の鎌倉幕府倒幕の際、元弘三年(一三三三)五月に府中分倍河原で戦死した新田方の武将の供養塔を八国山に建立した人で、この三尊は当時から伝来したものと思われます。
 令和三年(二〇二一)二月  所沢市教育委員会
神紋・寺紋
未登録
更新情報
【 最終 更新者】thonglor17
【 最終 更新日時】2022/08/12 08:12:18
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

千歳稲荷神社  六宮社(神明神社境内社)  稲荷の祠  本阿弥稲荷神社  吉田兼好神社  黒井神社  恵比寿神社  神社(立宇津)  宮原神社  稲荷社  江戸総鎮守 神田明神  稲荷社  稲荷社  根之元神社  御嶽翠明神社  地蔵尊と弘法大師  山之神社(久麻久神社 境内)  天満社(久麻久神社 境内)  稲荷社(久麻久神社 境内)  伊文山辨財天(伊文神社 境内)  湯島天満宮 大鳥居  湯島天満宮 唐門  石祠  湯島天満宮 鳥居  湯島天満宮 表鳥居  ねこまつり神社(イベント時のみ出現)  日新神社  神田明神 鳥居  清富神社  少彦名命尊像(えびす様)  神田明神 隨神門  神田明神裏参道  賀茂神社  弁財天社(成田山横浜別院)  豊川城山稲荷  神楽殿(南明治八幡社 境内)  御劔稲荷神社  杵築社(榛名神社)  双龍門(榛名神社)  神幸殿(榛名神社)  東面堂(榛名神社)  塞神社(榛名神社)  三重塔(榛名神社)  随神門(榛名神社)  秋葉神社(榛名神社)  二十三夜大神(廣田神社境内)  乃木神社(廣田神社境内)  八大龍神宮(廣田神社境内)  金生稲荷神社(廣田神社境内)  大森大師堂  天外山 龍光寺  慈光山 大法院  山神社  道祖神社(高崎神社)  五社稲荷大神(高崎神社)  医王山 薬師院 正楽寺  天満宮  鞘町稲荷大明神  姥玉社(熊野神社)  厳島弁財天(愛宕神社)  水天宮(愛宕神社)  日向稲荷神社  山祇社  稲荷神社  金山神社  神泉苑鎮守稲荷社  聖石神社  祖霊殿(群馬縣護國神社)  稲荷大明神  稲荷大明神  大沼大明神  下組稲荷神社  川戸稲荷神社  上組稲荷神社  稲荷社  八幡神社(大久野)  妙応寺  八坂神社  八坂神社  高城山・子安観音  産巣日神社  旗指神社  猿田彦神社(柴崎稲荷神社境内社)  大日尊  満願寺  姥神神社  若宮八幡神社(諏訪神社)  農蠶神社(諏訪神社)  橘神社  都八幡神社  長沢神社  稲穂神社  稲荷神社(富士浅間神社境内社)  厳島弁財天(富士浅間神社境内社)  群猿奉賽像庚申塔  最上稲荷  熊野神社  日吉神社  正一位稲荷大明神(玉川神社境内社)  阿弥陀堂 

何を投稿しますか?

大好評!! スマホで神社がいいねを使うなら、アプリがおすすめ!