東京都文京区湯島1-4-25 湯島聖堂の写真1
東京都文京区湯島1-4-25 湯島聖堂の写真2
湯島聖堂  (ゆしませいどう)  3.3
東京都文京区湯島1-4-25

みんなの御朱印

(くらみつさん)
9 0 御朱印日:2022年4月29日 00:00
(魔人ブウさん)
8 0 御朱印日:2022年4月24日 00:00
(浮遊人さん)
9 0 御朱印日:2022年4月2日 00:00
ご丁寧にお書き入れ頂きました。ご縁に感謝です。
(goodcheerさん)
16 0 御朱印日:2022年1月26日 00:00
(tokuさん)
7 0 御朱印日:2021年12月11日 00:00
(ドープシンさん)
12 0 御朱印日:2021年12月4日 00:00
(なまさん)
22 0 御朱印日:2021年10月10日 00:00
(小太郎さん)
11 0 御朱印日:2021年10月2日 00:00
(ゆずさん)
20 0 御朱印日:2021年9月25日 10:37
(るみまさん)
13 0 御朱印日:2021年8月27日 00:00

自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

江戸幕府5代将軍徳川綱吉によって建てられた孔子廟 日本の学校教育発祥の地 【斯文会館 事務所】 御朱印:300円
(優雅さん)
おすすめ度: ★★★
1 45 0 参拝日:2016年5月27日 13:57
(zx14rさん)
おすすめ度:
0 1 0 参拝日:2022年5月7日 09:58
(くらみつさん)
おすすめ度: ★★★★
0 4 0 参拝日:2022年4月29日 14:42
(goodcheerさん)
おすすめ度: ★★★★★
0 21 0 参拝日:2022年1月26日 00:00
(ドープシンさん)
おすすめ度:
0 0 0 参拝日:2021年12月4日 00:00
(なまさん)
おすすめ度: ★★★
0 0 0 参拝日:2021年10月10日 00:00
(小太郎さん)
おすすめ度:
0 0 0 参拝日:2021年10月2日 00:00
(ゆずさん)
おすすめ度:
0 0 0 参拝日:2021年9月25日 10:36
(まりょさん)
おすすめ度:
0 0 0 参拝日:2021年9月23日 22:41
(るみまさん)
おすすめ度:
0 1 0 参拝日:2021年8月27日 00:00

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所
東京都文京区湯島1-4-25
五畿八道 令制国
 
アクセス
JR中央線御茶ノ水 徒歩2分
御朱印授与時間
電話番号
03-3251-4606
FAX番号
03-3251-4853
公式サイトURL
御本尊
宗派
単立 儒教系
創建・建立
元禄3年(1690年)
由来
 徳川五代将軍綱吉は儒学の振興を図るため、元禄3年(1690)湯島の地に聖堂を創建して上野忍岡の林家私邸にあった廟殿と林家の家塾をここに移しました。これが現在の湯島聖堂の始まりです。その後、およそ100年を経た寛政9年(1797)幕府直轄学校として、世に名高い「昌平坂学問所(通称『昌平校』)」を開設しました。

明治維新を迎えると聖堂・学問所は新政府の所管するところとなり、当初、学問所は大学校・大学と改称されながら存置されましたが、明治4年(1871)これを廃して文部省が置かれることとなり、林羅山以来240年、学問所となってからは75年の儒学の講筵は、ここにその歴史を閉じた次第です。ついでこの年わが国最初の博物館(現在の東京国立博物館)が置かれ、翌5年(1872)には東京師範学校、わが国初の図書館である書籍館が置かれ、7年(1874)には東京女子師範学校が設置され、両校はそれぞれ明治19年(1886)、23年(1890)高等師範学校に昇格したのち、現在の筑波大学、お茶の水女子大学へと発展してまいりました。このように、湯島聖堂は維新の一大変革に当たっても学問所としての伝統を受け継ぎ、近代教育発祥の地としての栄誉を担いました。

大正11年(1922)湯島聖堂は国の史跡に指定されましたが、翌12年(1923)関東大震災が起こり、わずかに入徳門と水屋を残し、すべてを焼失いたしました。この復興は斯文会が中心となり、昭和10年(1935)工学博士東京帝国大学伊東忠太教授の設計と㈱大林組の施工により、寛政時代の旧制を模し、鉄筋コンクリート造りで再建を果たしました。この建物が現在の湯島聖堂で、昭和61年度(1986)から文化庁による保存修理工事が、奇しくも再び(株)大林組の施工で行われ、平成5年(1993)三月竣工いたしました。
神社・お寺情報
孔子廟
日本の学校教育発祥の地
神紋・寺紋
未登録
更新情報
【 最終 更新者】zx14r
【 最終 更新日時】2022/05/07 09:58:06
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

天満宮(秩父今宮神社境内社)  八坂神社  浅間神社  熊野神社  足尾神社(熊野神社)  熊野神社  厳嶋神社  下半田川観音堂  大悲寺  卯辰天満宮  三吉稲荷大明神  大将軍神社 (大和郡山市大江町)  塩釜者(春日神社 境内)  玉﨑神社(下総國二宮)  厳島神社  御嶽神社  於舎子治稲荷大明神  祖霊社(尾崎神社境内社)  今村 諏訪神社  三吉神社(山神宮)  高田城  御霊小径の石碑  石柱  鎌倉権五郎神社の銘の石碑  庚申塔群(御霊神社境内)  三峯神社  諏訪神社  正覚寺  正覚寺  宝光院  地蔵院  池田稲荷神社  四社神社(柴山神社境内)  弁天社(秩父今宮神社境内社)  稲荷社(秩父今宮神社境内社)  四社神社(天神社境内)  平井稲荷神社  氏社(北)(出雲大社)  薬師如来・地蔵尊  鏡山神社  観音寺  光明寺  三峰神社(茂原八幡境内社)  成田山深川不動堂  日之森神社(日の宮)  字上のかいど  天満宮  鞆淵八幡神社  正安寺  津島社(北明治稲荷 境内社)  楠稲荷大明神  羽黒神社  高尾山薬王院本社権現堂  仙元宮  恵美須神社(諏訪神社 境内社)  八咫烏神社奥宮(奥の院)  東福寺 三門  稲荷神社(油平八幡社)  東京タワー大神宮  龍王四天 (龍王社)  素盞鳴神社 (生駒市鹿畑町)  天満神社 (生駒市高山町 南)  瀧原神社(為實八幡神社 境内社)  猿田彦太神(塚越稲荷神社境内社)  八雲神社  稲荷社 (五條市湯川 南)  不動塔・庚申塔  長塚弁天・石祠 長福寺山門脇  石祠 弁天橋際  山王社 個人宅敷地内  石祠  徳雲寺の裏(?)  オテンノーサン  石祠 観音寺裏山  稲荷社 観音寺本堂内  白山社・金比羅社・秋葉社 観音寺裏山  ヤマノカミ  石祠 七沢浅間神社鳥居脇  稲荷社 愛宕神社境内  元弁才天宮 日向山山頂  石祠 大平石切場  雷電神社  三社神社(六社神社境内)  八社神社(貴船神社境内)  竜王大神社  朝日神社(大和神社 摂社)  八幡神社 (西大寺八幡神社)  野神神社 (西大寺野神町)  わんぱく神社  台西の道祖神(No141)  辛国神社  十王堂 十二神社入口  お宮さん  稲荷神社(高月町)  観音谷戸の道祖神(No74)・石祠  野上神社・石荒神社  大沢の道祖神(No72)・石祠  河鹿沢の道祖神(No70) 石塔群  庚申塔  浅間神社(豊受神社境内社)  上谷戸の道祖神(No69) 

何を投稿しますか?