元興寺  (がんごうじ)



住所
奈良県奈良市中院町11
五畿八道 令制国
畿内 大和
地図
※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「神社・お寺情報を編集」ボタンから修正できます。
アクセス
近鉄奈良線近鉄奈良 徒歩9分
電話番号
0742231376
FAX番号
0742271179
公式サイトURL
御本尊
智光曼荼羅
宗派
真言律宗
創建・建立
推古天皇元年(593)
由来
[ 元興寺の歴史 ]

仏教公伝:
遠くインドの地で釈尊が開いた仏教が、中国・朝鮮半島を経てわが国に伝えられたのは、欽明天皇十三年(日本書紀による壬申の年― 552 、一説には元興寺縁起による戊午の年宣化 3 年― 538 )と言われます。

仏教受容をめぐる争い:
新しく渡来した異国の宗教の受容をめぐって、当時の進歩派であった蘇我氏が崇仏を主張し、一方、保守派であった物部氏は廃仏を固辞し、両者の対立が次第に激しくなり、仏教もそのためにいろいろな迫害を受けることになりました。

蘇我馬子廃仏派を破る:
しかし、用明天皇二年( 587 )になって、蘇我馬子はその甥の子であるとともに娘の婿にもあたる厩戸王(後の聖徳太子)とともに軍を起こし、廃仏派の頭領であった物部守屋を打ち破り、ようやくのことで日本の仏教受容の道を開くことになります。

飛鳥寺(元興寺の前身)の創建:
その翌年、馬子はその甥にあたる崇峻天皇が即位したのを機会に、高市郡の飛鳥の地にはじめて正式の仏寺建立に着手しました( 588 )。この寺が元興寺の前身である法興寺で地名によって飛鳥寺ともいわれる寺です。

高市の飛鳥における飛鳥寺:
この飛鳥寺は、三論・法相の両学派が最初に伝えられてわが国仏教の源流となっただけでなく、蘇我氏を通じての大陸文化輸入の中心舞台となり、さらに政治・外交の場ともなったようです。

平城遷都と元興寺の移築:
元明天皇の和銅三年( 710 )、奈良に都が移されると、この寺も養老二年( 718 )には新京に移されて、寺名を法興寺から元興寺に改めました。その際、飛鳥の地名からとった飛鳥寺の名はそのまま継承され、かえって新しく移った元興寺の寺地が平城の飛鳥と呼ばれることとなりました。
以下 略

― パンフレット「元興寺―極楽坊」
より抜粋 ―
神社・お寺情報
世界遺産

● 文化財(寺宝)
・本堂(国宝)
・禅室(国宝)
・五重小塔(国宝)
・東門(重文)
・阿弥陀如来坐像(重文)
・弘法大師坐像(重文)
・著色智光曼荼羅図(重文)
その他 多数
神紋・寺紋
未登録
更新情報
【 最終 更新者】明日カ今日カ
【 最終 更新日時】2018/06/16 16:23:41
 
自分の参拝・御朱印記録
まだ登録されていません
みんなの参拝記録
みんなのおすすめ度  4.3
参拝日:2018年7月1日
(zenithさん)
おすすめ度:

0
参拝日:2018年5月25日
(syoさん)
おすすめ度: ★★★★

0
参拝日:2018年5月12日
(六花さん)
おすすめ度:

0
参拝日:2018年5月4日
(hiroさん)
おすすめ度:

0
参拝日:2018年4月9日
(ふみにゃんさん)
おすすめ度: ★★★★★

0
参拝日:2018年3月29日
(蘭丸さん)
おすすめ度: ★★★★★

0
参拝日:2018年3月11日
(kazkaz98さん)
おすすめ度:

0
参拝日:2018年1月7日
(ますみんさん)
おすすめ度: ★★★★★

0
参拝日:2017年12月26日
(かのーさんさん)
おすすめ度: ★★★★★
仏足香が良いです。近くに飛鳥寺跡がある。

0
参拝日:2017年11月25日
(ラミミさん)
おすすめ度: ★★★

0
みんなの御朱印
御朱印日:2018年5月21日
(ジーコさん)
御朱印日:2018年5月12日
(六花さん)
御朱印日:2018年5月12日
(六花さん)
御朱印日:2018年5月12日
(六花さん)
御朱印日:2018年4月9日
(ふみにゃんさん)
西国四十九薬師霊場第五番
御朱印日:2018年4月9日
(ふみにゃんさん)
御朱印日:2018年4月9日
(ふみにゃんさん)
御朱印日:2018年4月1日
(ハルさん)
御朱印日:2018年3月29日
(蘭丸さん)
御朱印日:2018年3月24日
(こうちくさん)
このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

そらさや稲生神社  そらさや幸神社  そらさや恵美須神社  門客人神社(氷川神社摂社)  御嶽神社(氷川神社末社)  氷川稲荷神社(氷川神社末社)  天津神社(氷川神社摂社)  松尾神社(氷川神社摂社)  宗像神社(氷川神社摂社)  河内神社  軽羽迦神社  平山八幡神社  興福寺  地蔵尊  藤島神社  美和神社  新湊天満宮  ひとにぎり地蔵  雷音寺  萩尾阿弥陀堂  萩尾薬師堂  等善寺 延命地蔵尊  三宝院  光久寺 地蔵尊  木花開耶姫神社  滝野川伏見稲荷神社  聖母宮  安養寺  五輪地蔵尊  地蔵尊  延命地蔵尊  明正寺  亀石神社  厄除け総本山由加神社本宮  金鑚神社  宇佐殿  しぎの厄除地蔵尊  南中浜子安地蔵尊  中浜西地蔵尊  妙法白命地蔵尊  地蔵尊  津島神社  筑前稲荷  熊埜山神社  出雲大社山口分院  宮原八幡宮  延命地蔵尊  地蔵尊  地蔵尊  日限地蔵尊  子安地蔵尊  箸塚辨財天社  稲荷神社  愛宕神社  永平寺  明學寺  地蔵尊  稲荷神社  須磨寺 青葉殿  西町太郎稲荷神社  卑弥呼神社  金綱稲荷神社  醍醐寺不動堂  三保神社  須磨寺 唐門  須磨寺 正覚院 水子地蔵  白山神社(廿里町)  縁組地蔵尊  録高地蔵尊  貴船宮  宮地嶽神社  守源寺 大黒堂(大黒天)  天上寺 一願地蔵堂  八坂神社  一乗寺 妙見堂  上田寺  地蔵尊  日割御子神社  千杉白龍社  高龗神社(櫟本町)  立花神社  音無稲荷神社  柿光稲荷大明神  藤ノ木天満宮  大國神社  宝教寺  荒熊稲荷神社  春日神社(佐田)  関原八幡神社  源太夫神社  千歳神社  貴嶺宮  本願寺 御影堂  香神神社  川本神社  延命地蔵大菩薩  智照神社  崎津諏訪神社  御手洗八幡宮  堤八幡宮 

Androidアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください
iPhoneアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください