埼玉県川越市南通町19-3 川越八幡神社(川越八幡宮)の写真1
埼玉県川越市南通町19-3 川越八幡神社(川越八幡宮)の写真2
埼玉県川越市南通町19-3 川越八幡神社(川越八幡宮)の写真3
埼玉県川越市南通町19-3 川越八幡神社(川越八幡宮)の写真4
埼玉県川越市南通町19-3 川越八幡神社(川越八幡宮)の写真5
埼玉県川越市南通町19-3 川越八幡神社(川越八幡宮)の写真6
埼玉県川越市南通町19-3 川越八幡神社(川越八幡宮)の写真7
埼玉県川越市南通町19-3 川越八幡神社(川越八幡宮)の写真8
埼玉県川越市南通町19-3 川越八幡神社(川越八幡宮)の写真9
埼玉県川越市南通町19-3 川越八幡神社(川越八幡宮)の写真10
埼玉県川越市南通町19-3 川越八幡神社(川越八幡宮)の写真11
埼玉県川越市南通町19-3 川越八幡神社(川越八幡宮)の写真12
埼玉県川越市南通町19-3 川越八幡神社(川越八幡宮)の写真13
埼玉県川越市南通町19-3 川越八幡神社(川越八幡宮)の写真14
埼玉県川越市南通町19-3 川越八幡神社(川越八幡宮)の写真15
埼玉県川越市南通町19-3 川越八幡神社(川越八幡宮)の写真16
埼玉県川越市南通町19-3 川越八幡神社(川越八幡宮)の写真17
埼玉県川越市南通町19-3 川越八幡神社(川越八幡宮)の写真18
埼玉県川越市南通町19-3 川越八幡神社(川越八幡宮)の写真19
埼玉県川越市南通町19-3 川越八幡神社(川越八幡宮)の写真20
埼玉県川越市南通町19-3 川越八幡神社(川越八幡宮)の写真21

川越八幡神社(川越八幡宮)  (かわごえはちまんじんじゃ)

 4.0
埼玉県川越市南通町19-3

みんなの御朱印

(蓼科のリスさん)
1 0 御朱印日:2022年12月5日 15:30
(るるる。さん)
0 0 御朱印日:2022年12月4日 22:11
(水月さん)
1 0 御朱印日:2022年12月4日 13:00
(シンーゴさん)
0 0 御朱印日:2022年12月3日 07:02
(リョウさん)
2 0 御朱印日:2022年11月27日 00:00
(魔人ブウさん)
4 0 御朱印日:2022年11月13日 00:00
特別印(神無月)
(スタフォードさん)
8 0 御朱印日:2022年10月16日 13:30
(SUPRAさん)
4 0 御朱印日:2022年10月10日 09:50
(SUPRAさん)
5 0 御朱印日:2022年10月10日 09:50
(SUPRAさん)
4 0 御朱印日:2022年10月10日 09:50

自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

創建千年記念の御朱印帳ご拝受致しました。
(オトギリルさん)
おすすめ度: ★★★★★
2 61 0 参拝日:2021年11月3日 10:00
季節もよく観光の方もいらっしゃいました
(てんきちさん)
おすすめ度: ★★★★
2 109 0 参拝日:2018年4月22日 00:00
(烈牙さん)
おすすめ度:
1 3 0 参拝日:2022年1月6日 20:28
2030年に創建1000年を迎えられる川越八幡宮です。 花手水の横にはハートの穴が開いた手持ち板がありました。どうやって使うんだろう? ハートの穴越しに写真でも撮るのかな。 厄除桃や厄割桃がありました🍑 桃は古来より厄除けの果実といわれてるそうで、昔話の桃太郎の鬼退治もこれに由来してるそうとか。 そうだったのか、美味しいだけじゃなかったんだね😊
(yukiさん)
おすすめ度: ★★★★★
1 61 0 参拝日:2021年9月19日 18:09
(🐺⛩️🐺さん)
おすすめ度: ★★★★
1 84 0 参拝日:2020年6月7日 23:00
(オトギリルさん)
おすすめ度: ★★★★★
1 31 0 参拝日:2019年7月1日 13:00
(ひろさん)
おすすめ度:
1 1 0 参拝日:2019年6月12日 12:00
(ひーさん)
おすすめ度: ★★★
1 88 0 参拝日:2018年12月18日 00:00
(ともさん)
おすすめ度: ★★★
1 112 0 参拝日:2018年12月18日 00:00
(オトギリルさん)
おすすめ度: ★★★★★
1 100 0 参拝日:2018年8月6日 00:00

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所
埼玉県川越市南通町19-3
五畿八道 令制国
東海道 武蔵
アクセス
西武新宿線本川越 徒歩5分
御朱印授与時間
電話番号
049-222-1396
FAX番号
049-224-4236
公式サイトURL
御祭神
誉田別命(ほんだわけのみこと)
創建・建立
長元3年(西暦1030年)
由来
【頒布】由緒書き
当社は長元3年(1030)、甲斐守源頼信の創祀と伝えられ、御祭神は、誉田別尊・ホンダワケノミコト(人皇15代 応神天皇・オウジンテンノウ)です。
源頼信は、長元元年(1028)に起こった平忠常の乱の平定のため、東国に出兵。
その際、当地にて戦勝祈願をなしたところ、無事平定の誉を得たため、御神恩に感謝して八幡宮を創祀しました。
これが当社の起源です。
以来およそ千年の長きにわたり、川越の守護神として、広く深い崇敬を集めて参りました。
八幡宮は、夫婦円満、勝負の神、慈愛の神として、広く信仰されています。

境内掲示板
川越八幡神社由緒
一、第一次神社本庁神社振興対策モデル神社
一、鎮座地 川越市南通町十九番地一 (旧脇田町)
一、御祭神 誉田別命 (別名應神天皇 人皇第十五代)
由緒
川越八幡神社は川越八幡宮又は通町の八幡様と呼ばれ、氏子崇敬者より崇められてきたが、歴史は古く、人皇第六十八代、後一条天皇(一〇一六~一〇三六)長元三年(一〇三〇)甲斐守源頼信の創祀と伝えられている。
長元元年(一〇二八)下総国千葉の城主上総介平忠常が朝廷に謀反を企て、安房・上総・下総の三ヶ国を平定し破竹の如き勢いで威を八州に轟かし、大軍を起こして武蔵国に押し出した時、今泉院判官代甲斐守源頼信(多田満仲の御子、頼光朝臣の弟)は長元三年平忠常追い討ちの綸旨を賜り、当地において必勝祈願をし、敵陣に斬り込めば、忠常の陣中麻の如く乱れて三日三夜追い討ちして潰滅、頼信は御神威を感得喜悦して直ちに八幡神社を創祀した。尚、東松山市の箭弓稲荷神社も頼信が当社と同じ祈願主旨で同時期に社殿を造営した。
長禄元年(一四五七)に川越城が成り、大田道真、道灌は当神社の分霊を川越城内の守護神として奉斎し、爾来川越の歴代城主城代の崇敬が深く、殊に天正十八年(一五九〇)以来城主酒井氏一族の崇敬はすこぶる篤く、社殿の造営、神田、神宝の寄進が相次いだ。酒井氏は国替後も益々崇敬を加えしばしば改築費や修繕費を奉納した。
文化九年(一八一二)七月一日、姫路城主酒井雅楽頭源朝臣忠●は御神号河越八幡宮(向鳩文字)の額並に掛物一幅を奉納、これより先寛永二年(一六二五)德川家光日光社参の折り、酒井備後守忠利は道中安泰の祈願をなし、その功により德川家より葵紋付祭器具の等進があった。明治維新の際、別当方蔵寺を廃寺し、川越城主の領する地の人々は当神社を氏神として崇敬した。
現在の社殿は昭和四十八年(一九七三)八月より昭和五十年(一九七五)八月までの二ヶ年間をかけて本殿、拝殿を改築、幣殿を新築、社殿は鉄筋コンクリート造り、朱塗りで屋根は銅板葺である。
昭和五十一年(一九七六)の秋、当神社は全国の神社の内より、第一次神社本庁神社振興対策モデル神社に指定された。 
御神徳 
 ありきつつ見れども
  いさぎよき 人の心をわれ忘れめや  詠み人知れず
長い人生行路を見る時、心の清き人こそ、神の御心に叶うことを詠んだものである。
世に八幡の神は全国八万神社のうち分霊社約一万五千社を数え、その総本社は九州字佐八幡宮であり宇佐から京都石清水八幡宮が石清水八幡宮から鎌倉の鶴ヶ岡八幡宮が勧請されたが、当神社はどのような流れて勧請されたか定かてはないが、字佐八幡宮より勧請されたと伝えられている。
御祭神の応神天皇は神功皇后と共に大陸交渉に伴って大陸文化をわが国に輸入し、古代にあって日本文化の興隆を図られた御神德が仰がれている。又応神天皇は神功皇后の御子で母子神の信仰、即ち母が子を抱きかかえこれを大切にし、自分の御子(応神天皇)を自分の替わりとしてこの世に下されたものである。八幡様の信仰は母が子を抱きかかえた慈愛を以ってこれをはぐくみ育てる大愛を本願とされており母の愛こそは純の純たるもので八幡信仰の基てある。
奉納 川越市脇田本町 遠藤義憲
神社・お寺情報
神紋・寺紋
左三つ巴
更新情報
【 最終 更新者】ロビン
【 最終 更新日時】2022/10/06 22:49:17
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

回天神社  石渡八幡神社  大地の大神  月日之宮本宮  神塚(伏見稲荷大社)  根上りの松(伏見稲荷大社)  春葉殿  小烏神社  威徳寺  中尊寺金色堂旧覆堂  龍池弁財天  中本荒神  宮坂稲荷社  七福神社(岩田神社境内社)  御名方神社  正一位権九郎稲荷  鹿嶋神社  厳島社薪神社  八坂神社  稲荷神社(瀬田玉川神社)  大神宮(御香宮神社)  八幡神社  豊泉寺  仲御嶽  高倉大神(稲荷山)  春繁社  大新稲荷神社  高龗神(大山阿夫利神社)  神明神社  稲荷神社(岩槻区加倉)  永寿稲荷神社(八幡八雲神社境内社)  会津さざえ堂  堤方神社  日枝神社、水神社、稲荷神社、松尾神社  女體神社  日枝神社  厳島神社  十二社(弓弦羽神社末社)  貴船神社  小社(上溝7丁目)  津島神社  虚空蔵尊  愛宕神社(高靇神社)  神社  鬼怒川三日月神社  下本町水神宮  子安神社(日光二荒山神社)  愛宕神社  雷藏寺  日光東照宮 坂下門  稲倉稲荷神社  日光東照宮 唐門  日光東照宮 表門  高石庚申堂(猫三谷)  足尾神社  瀧泉寺 腰掛不動(目黒不動尊)  瀧泉寺 地蔵堂(目黒不動尊)  瀧泉寺 観音堂(目黒不動尊)  山神社(若松社 境内)  御鍬社(若松社 境内)  秋葉社(若松社 境内)  稲荷社(若松社 境内)  稲荷神社  駒形神社  金毘羅神社  大廣目神社  山祇神社  児魂神社  中根権現社  稲荷大神  社口社  大神神社  熊野宮  黄梅院  寂光院 馬鳴堂  寂光院 弁天堂  寂光院 不動堂  命婦稲荷社・鉄輪社  戒光山 西教寺 唐門  比叡山延暦寺 元三大師御廟  三寳大荒神  三峰山神社  八木大師教会  千歳稲荷神社  六宮社(神明神社境内社)  稲荷の祠  吉田兼好神社  黒井神社  神社(立宇津)  稲荷社  稲荷社  根之元神社  地蔵尊と弘法大師  山之神社(久麻久神社 境内)  天満社(久麻久神社 境内)  御鍬社(久麻久神社 境内)  稲荷社(久麻久神社 境内)  伊文山辨財天(伊文神社 境内)  湯島天満宮 大鳥居  石祠 

何を投稿しますか?