神奈川県小田原市本町2丁目10−16松原神社 手置神社の写真1
手置神社  (たおきじんじゃ)  2.0
神奈川県小田原市本町2丁目10−16松原神社

みんなの御朱印

自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

(yukiさん)
おすすめ度:
1 26 0 参拝日:2020年12月5日 17:49
手置ってことは手置帆負命 (たおきほおいのみこと)が祀られているのかしらん?工匠の神様だから彦狭知命(ひこさしりのみこと)や地域の神様である産土神も祀られてるかもしれないなぁ♪ 手を置いて長さを測る「天御量」の方法で帆を製作したことから生じた神名とも云われてるから船大工にも欠かせない神様だよね〜・・・『鳶』の字も入ってるし(*^^*)
(三毛猫さん)
おすすめ度: ★★
0 6 0 参拝日:2022年6月22日 14:30
(NTKさん)
おすすめ度:
0 5 0 参拝日:2022年5月5日 00:00
(Miyuさん)
おすすめ度:
0 2 0 参拝日:2021年7月5日 00:00
(fezさん)
おすすめ度:
0 1 0 参拝日:2020年8月29日 07:56
(masaさん)
おすすめ度:
0 1 0 参拝日:2020年2月3日 12:34
(おりにゃんさん)
おすすめ度:
0 1 0 参拝日:2019年3月18日 16:10
(紫電さん)
おすすめ度:
0 1 0 参拝日:2019年3月16日 15:15

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所
神奈川県小田原市本町2丁目10−16松原神社
五畿八道 令制国
東海道 相模
アクセス
小田急小田原線小田原 徒歩10分
御朱印授与時間
電話番号
0465-22-2672
FAX番号
0465-22-2672
公式サイトURL
御祭神
聖徳太子   ( しょうとくたいし )
創建・建立
由来
[参拝の栞] 松原神社誌 一、祭神 日本武尊 (相殿)素盞嗚尊、宇迦之御魂神 一、由緒 松原神社は近衛天皇久安年間(自一一四五年至一一五〇年)の勧請との伝あるも創祀の時期は不明。後醍醐天皇(自一三一八年至一三三九年)の頃当所に真鶴が棲み、故に鶴の森明神と称していたともいうが、一説に当社は山王原村松原にあったとも言われ、後奈良天皇天文年間(自一五三二年至一五五四年)、山王原村海中より金佛の十一面観音が松原に出現、託宣により当社へ祀ったことから神号を松原大明神と称したともいう。その後北条氏が小田原を治めるに至り、社領を寄進するなど代々当社を崇敬した。天文十四年(一五四五年)三月、小田原海岸に現われた大亀を土地の者が当社の池に持参したところ、北条氏康これを開き、吉兆なりとて参詣、鏡を取寄せて亀の甲に置き、亀鏡は即ち目出度きいわれありと一門悉く招いて万歳の祝盃を給い、大亀を海へ放ちて後、同月二十二日社前にて四座の太夫により法楽能七番、次いで泰平楽にて舞い納めしめたという。又、元亀三年(一五七二年)五月には社中酒掃の掟書を出し、岡本越前守を検使として厳密な御沙汰があり、町方より百人の人出で境内の掃除に当ったという。     寛永九年(一六三二年)より稲葉氏、貞亨三年(一六八六年)より大久保氏の領地となるも尊崇の念は変らず、社費は総て藩財を以てこれにあて、代々小田原の宿十九町の総鎮守とした。明治二年(一八六九年)松原神社と改称し、明治六年一月県社に列せられ今日に至る。 一、祭事 幾多の変遷あるも古くは多く正月十四・十五日を例祭とし九月九・十日を小祭とし、明治四十二年(一九〇九年)より正月十四・十五・十六日と定めたが、第二次大戦後再び変遷を繰返している。祭日には年番町を定めて当社の大御輿をかつぎ、浜下りの神事のあと各町を回り、各町また山車、屋台、御輿を出す。松原神社例祭は小田原最大の祭りとして知られ、山車で奏する小田原囃子は江戸葛西囃子の流れを汲むものとして氏子中古新宿に生れ広く近隣に囃され近年多古保存会が神奈川県無形文化財に指定されている。一、末社 境内に古くは十二社があったが、現在は住吉神社、鹿島神社、手置神社、稲荷神社、八幡神社の五社が祀られている。 以上 
神社・お寺情報
神紋・寺紋
更新情報
【 最終 更新者】三毛猫
【 最終 更新日時】2022/06/23 15:14:48
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

涙岩神社  稲荷社(会社敷地内)  みちびき不動尊  経王山 本妙寺  持榮山 本照寺  艮神社  道祖社・稲荷社(走湯神社)  山之稲荷神社(神津神社)  稲荷社(須佐神社)  天王宮津島神社(蜂前神社 境内)  津島神社(須倍神社 境内)  一柱騰宮  穴場稲荷奥の院  推恵・熊野・稲荷神社(城山稲荷神社)  稲荷神社  十王堂・ 安産地蔵尊  招魂社(宝登山神社境内社)  寶玉稲荷神社(宝登山神社境内社)  日本武尊社(宝登山神社境内社)  稲荷社(永江院 境内)  熊野神社  鷲宮神社  山祇神社(熊野神社)  足尾神社(熊野神社)  上好地熊野神社  安倍晴明堂(福王寺 境内)  空鞘稲生神社  大悲寺  浄温結社  大将軍神社 (大和郡山市美濃庄町)  山王神社 (大和郡山市美濃庄町)  大将軍神社 (大和郡山市大江町)  金毘羅堂(白山神社 境内)  江島神社  木曽御嶽塚(岸町熊野神社境内社)  雷神社  安堂地蔵尊  稲荷神社(安比奈新田八幡神社境内社)  浅間大神(日枝神社境内社)  稲荷神社(下広谷白山神社境内社)  中野八幡神社  草創森神社  和田神社  落合中沢神明社  下落合八坂神社  丹生神社  一本松阿弥陀如来石仏  海運山 満福寺(亀の甲寺)  海神社  第六天社(御霊神社末社)  合祀社(駒林八幡神社境内社)  八雲神社(長宮氷川神社境内社)  五社神社(八柱神社 境内)  すすきの稲荷大明神(豊川稲荷札幌別院 境内社)  白笹稲荷大明神  正覚寺  庚申堂  招魂社(三日月神社)  千勝神社  神変寺  田中稲荷社  神明神社  柊神社  石祠 東京工芸大学敷地内  猪名津彦神社  大黒殿(可睡斎境内)  稲荷神社(甕森神社内)  荒神社・厳島社・御嶽社・庚申社(沓掛諏訪社境内)  水神社(沓掛諏訪社 境内)  秘臺神社・曽能若媛神社(日御碕神社 末社)  湯佐神社  利別神社  春日若宮神社  稲荷社 個人宅敷地内  鹽竈神社 別宮  祖霊社 (大和神社 末社)  稲荷社 (個人宅)  秋葉社  下賀茂神社  五霊社  熊野神社  弁財天宇賀神社  堰神社  酒井宿の道祖神(No.11)  元町の道祖神(No20)・地神塔()・庚申塔()  馬頭観世音(No5) 個人宅(?)  銭亀かえる(白崎八幡宮)  金比羅社跡  五社神社  氷川神社  中栗原の道祖神  西原の道祖神  蠶影神社・稲荷社  白山神社 (斑鳩町稲葉車瀬)  信州善光寺本堂  不動院岩屋堂  葦原国分社(おのころ島神社)  愛宕神社  瑞枝神社(伊曽乃神社)  大安良神社 

何を投稿しますか?

大好評!! スマホでお寺がいいねを使うなら、アプリがおすすめ!