三重県伊勢市宇治館町1 皇大神宮(伊勢神宮内宮)の写真1
三重県伊勢市宇治館町1 皇大神宮(伊勢神宮内宮)の写真2
三重県伊勢市宇治館町1 皇大神宮(伊勢神宮内宮)の写真3
三重県伊勢市宇治館町1 皇大神宮(伊勢神宮内宮)の写真4
三重県伊勢市宇治館町1 皇大神宮(伊勢神宮内宮)の写真5
三重県伊勢市宇治館町1 皇大神宮(伊勢神宮内宮)の写真6
三重県伊勢市宇治館町1 皇大神宮(伊勢神宮内宮)の写真7
三重県伊勢市宇治館町1 皇大神宮(伊勢神宮内宮)の写真8
三重県伊勢市宇治館町1 皇大神宮(伊勢神宮内宮)の写真9
三重県伊勢市宇治館町1 皇大神宮(伊勢神宮内宮)の写真10
三重県伊勢市宇治館町1 皇大神宮(伊勢神宮内宮)の写真11
三重県伊勢市宇治館町1 皇大神宮(伊勢神宮内宮)の写真12
三重県伊勢市宇治館町1 皇大神宮(伊勢神宮内宮)の写真13
三重県伊勢市宇治館町1 皇大神宮(伊勢神宮内宮)の写真14
三重県伊勢市宇治館町1 皇大神宮(伊勢神宮内宮)の写真15
三重県伊勢市宇治館町1 皇大神宮(伊勢神宮内宮)の写真16
三重県伊勢市宇治館町1 皇大神宮(伊勢神宮内宮)の写真17
 4.8

皇大神宮(伊勢神宮内宮)  (こうたいじんぐう(いせじんぐうないくう))


三重県伊勢市宇治館町1

みんなの御朱印

${row.jbName}の御朱印1
6
すずめさん
2024年4月6日 00:00
${row.jbName}の御朱印1
2
kumi_btさん
2024年4月5日 00:00
${row.jbName}の御朱印1
7
ひさえさん
2024年3月30日 15:27

${row.jbName}の御朱印1
14
ぴよぴよさん
2024年3月22日 00:00
${row.jbName}の御朱印1
7
木綿豆腐さん
2024年3月20日 21:20
${row.jbName}の御朱印1
13
しもさん
2024年3月20日 00:00

自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

新コージさん
★★★★★ 参拝日:2017年1月22日 00:00
さすが内宮は、別格中の別格ですね。 内宮にいらっしゃる「瀧祭神」さんをご存じですか?ほとんどの人が素通りしてしまう神さんなんですけど、かなり重要な神さんです。 地元の人は、「取り次ぎさん」と、呼んでいるそうです。 所管社でありながら別宮と同レベル扱いを受けている神さんです。 早い話が、瀧祭さんは天照さんの秘書的な役目も担ってるらしく必ず、 「住所、名前、参拝内容」を瀧祭さんに伝えてから正宮に向かって下さい。でないと、天照さんは会ってくれないことになります。(知ったかぶりです)
Mu.(全国一ノ宮神社巡拝中)さん
★★★★★ 参拝日:1988年11月27日 00:00
神宮の初参拝。(昭和の最後の11月であり、写真では「次の御遷宮は昭和68年」と案内されている。) 以来数え切れぬほど参拝した神宮。思い出深いのは、平成五年の式年遷宮で宇治橋(から内は立ち入り禁止となる)の外に居て感じた、穢れの存在しない、まさに「天高く馬肥ゆる秋」の一点の曇りもない清々しい空気感に居合わせたことと、 ある雨の日の早朝、宇治橋の鳥居をくぐり賽銭箱に至るまでの長い参道を一人の参拝客ともすれ違わなかった経験である。神宮においてこれは奇跡に近く、その日不思議なことに風もなく拝殿の垂れ布がするするとめくれ上がり、賽銭箱の位置にいて本殿が直視出来る体験をした。 素朴に感謝の心に身が震える。静謐・荘厳の神の宮。

${row.jbName}の参拝記録
7
430
じゃすてぃさん
★★★★★ 参拝日:2018年10月12日 00:00
早朝6時台の参拝。 今まで感じたことのない清々しい空気感。 本当の内宮の気を感じられたような気がします。 何度かお詣りさせて頂いていますが、本当の凄さを感じました。 早朝のご参拝、おすすめ致します。
${row.jbName}の参拝記録
7
376
ローリンさん
★★★★★ 参拝日:2017年9月5日 00:00
内宮。

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

みんなの動画

自分の動画

まだ動画が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所 三重県伊勢市宇治館町1
五畿八道
令制国
東海道 伊勢
アクセス 近鉄鳥羽線五十鈴川 徒歩24分
御朱印授与時間
電話番号 0596-24-1111
FAX番号 0596-27-0520
公式サイトURL http://www.isejingu.or.jp/
御祭神 天照坐大皇御神(あまてらしますすめおおみかみ)
創建・建立 垂仁天皇26年(紀元前4年・弥生時代)
旧社格
由来 わが国最初の正史「日本書紀」によると、天照大御神はお生まれになった時、「光華明彩しくして、六合の内に照り徹る」と称えられ、この上なく輝かしい存在として、また神々の世界を治める日の神としても伝えられています。
高天原にいらっしゃる大御神は皇孫瓊瓊杵尊をこの国にお降しになる際に、豊葦原の千五百秋の瑞穂国は、是れ吾が子孫の王たるべき地なり。
宜しく爾皇孫、就て治せ。
さきくませ。
宝祚の隆えまさむこと、まさに天壌と窮りなかるべし。
と、この国は天地と共に永遠であるとの祝福のお言葉をお与えになりました。
また、この言葉と共に大御神は宝鏡を授けられ、「この鏡は私を見るがごとくにまつれ」と命じられました。
さらに高天原でお育てになった稲穂を授けられ、米をつくる暮らしが、この国の繁栄と平和をもたらすとお教えになられました。
この御祝福の言葉は「天壌無窮の神勅」と呼ばれます。
さて、瓊瓊杵尊に授けられた宝鏡は八咫鏡と呼ばれ、天皇が天照大御神をお祀りするご神体となっています。
八咫鏡は代々宮中で天皇ご自身がお祀りされていましたが、崇神天皇の御代になるとお側でお祀りすることに恐れを抱かれ、皇居を出られ、大和の笠縫邑に神籬を立ててお祀りすることになりました。
そこでは、天皇にお代わりして、豊鍬入姫命が皇大御神をお祀りしていましたが、垂仁天皇の御代に、倭姫命が新たに皇大御神をお祀り申し上げるにふさわしい地を求められることになりました。
倭姫命は大和の国を始め伊賀、近江、美濃の諸国を巡られた後、伊勢の国の度会の地、宇治の五十鈴の川上に到られ、皇大御神のお教えのままに「祠やしろ」をたててお祀り申し上げることになりました。
今からおよそ2000年前のことです。
祠は社とも書き、家や屋の代という意味で、大きなお祀りに際してその度新たにたてられる建物のことです。
神籬や祠のように臨時にたてられる建物が、神の宮、つまり神宮と呼ばれるほどに大きな規模になったのは、天武天皇から持統天皇の御代にかけてのことと考えられています。
20年に一度の大祭、神宮式年遷宮もその時代に始まりました。
神社・お寺情報 式内社(大社)、上七社、二所宗廟、本朝四所
皇室の御祖先の神、国民の大御祖神として崇敬される天照大御神をお祀りする。
近代では社格対象外。伊勢神宮、は通称であり、正式名称は地名のつかない「神宮」。
内宮は皇大神宮(こうたいじんぐう)、外宮は豊受大神宮(とようけたいじんぐう、とゆうけたいじんぐう)と呼ばれ、これら別宮、摂社、末社、所管社の125社すべてを含めて「神宮」といいます。
境内別宮は、荒祭宮(あらまつりのみや)、風日祈宮(かざひのみのみや)。
例祭日
神紋・寺紋 花菱
更新情報 【 最終 更新者】キヨ2
【 最終 更新日時】2024/02/14 21:54:42
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人様やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

近くのお城

このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

サイト内全検索

最近検索された神社・お寺

榎大天神社  白玉稲荷大神(比賣許曽神社境内)  機織神社(熊野神社境内)  市神之社  山神神社  上郷地区の道祖神  正法山妙観院圓満寺  阿弥陀堂  新宮(奥田神社境内社)  円光寺  稲荷神社(石受稲荷神社境内社)  本要寺  富士浅間神社(大蔵神社境内)  増田山観音堂(旧宝藏院)  新九郎稲荷神社  天満天神宮  興正寺 大日堂  福富稲荷大明神(始元神社境内)  護國神社(北東本宮小室浅間神社境内)  千裁稲荷大明神(愛宕神社境内)  天神社(倉賀野神社境内)  熊野宮  第六天神社  観音堂  野底諏訪神社  大山祇神社  妙龍山東福院如意寺  安養寺  金刀比羅宮  鷲宮神社(敷島神社境内)  石光寺 地蔵菩薩  明石大明神  稲荷大明神  恵比寿神社  常観堂  報徳二宮神社  霊竹殿(一言主神社境内)  湯屋谷辨財天社  善女龍王社  龍神堂  稲荷社(刺田比古神社)  稲荷神社(江戸川橋)  左右山神社(深山神社境内)  大六天龍王(扇三嶋神社境内)  湯浴み弁財天(光泉寺)  水神社(牟呂八幡宮境内社)  福禄寿(広島東照宮境内社)  小社  武州青梅金刀比羅神社  八幡社(下祖師谷神明社境内社)  梅宮(田脇日吉神社境内社)  八大龍王  熊野稲荷(熊野神社境内)  大神門神社  御嶽神社(結城御嶽神社)  清瀧神社  天満天神社(稲積神社 境内)  御嶽神社  事代主神社(土佐神社境内社)  三倍神社(石鎚神社境内社)  知々夫神社(楡山神社境内社)  阿夫利神社(熊野大神社境内社)  白龍大明神  松梅大明神  日枝神社  皇女神社  鶴林寺 観音堂  大悲山観音院  八大龍王神  田開稲荷神社  観音菩薩  岸本神社  荒熊大明神(宮地嶽八幡神社境内社)  神光宮  玉吉稲荷社  江戸堀辯財天  淸泰山慈航院弘誓寺  比和神社  日御碕神社  日枝神社  七星神社  御嶽神社  中島天満社  山之神神社  不老山持壽院延命寺  観音堂  福寿山無量寺  三囲神社(札幌三越屋上)  千光寺 行者堂  瑞穂稲荷神社  青麻神社(竪町神明宮末社)  八剣神社  金刀比羅宮(築地神社 末社)  厳島神社  八幡神社(白子神社)  鹿島神宮要石  三和八幡神社  長松山清浄院不動堂  八坂神社  稲荷社(熊野神社) 

何を投稿しますか?

神社・お寺検索

初めてご利用の方は、使い方をお読みください。
*は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら
※「記録を色分け」を選ぶと、参拝や御朱印の記録が地図上で色分け表示されます。(検索に時間がかかります。ログインが必要です。)