福岡県北九州市八幡西区岡田町1-1 岡田宮の写真1
福岡県北九州市八幡西区岡田町1-1 岡田宮の写真2
福岡県北九州市八幡西区岡田町1-1 岡田宮の写真3
福岡県北九州市八幡西区岡田町1-1 岡田宮の写真4
福岡県北九州市八幡西区岡田町1-1 岡田宮の写真5
福岡県北九州市八幡西区岡田町1-1 岡田宮の写真6
福岡県北九州市八幡西区岡田町1-1 岡田宮の写真7
福岡県北九州市八幡西区岡田町1-1 岡田宮の写真8
福岡県北九州市八幡西区岡田町1-1 岡田宮の写真9
岡田宮  (おかだぐう)  4.2
福岡県北九州市八幡西区岡田町1-1

みんなの御朱印

(なおchabinさん)
7 0 御朱印日:2022年5月23日 14:51
(つんちゃんさん)
3 0 御朱印日:2022年5月21日 15:35
(だいごろうたまさん)
5 0 御朱印日:2022年5月17日 13:36
(KIKIさん)
1 0 御朱印日:2022年5月1日 11:53
(Plutoさん)
3 0 御朱印日:2022年4月30日 15:25
(だいごろうたまさん)
5 0 御朱印日:2022年4月19日 11:30
(Mさん)
10 0 御朱印日:2022年4月5日 12:30
(マロさん)
6 0 御朱印日:2022年3月13日 14:16
(megさん)
9 0 御朱印日:2022年2月28日 17:02
(だいごろうたまさん)
4 0 御朱印日:2022年2月23日 02:30

自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

(Totoroさん)
おすすめ度: ★★
1 1 0 参拝日:2021年3月25日 00:00
(しゅんさん)
おすすめ度: ★★★★★
1 81 0 参拝日:2021年1月23日 18:42
ちょうど参拝した時、雅歌の生演奏があり、雰囲気が良かった。
(Takeru Yamatoさん)
おすすめ度: ★★★★★
1 107 0 参拝日:2020年7月18日 13:21
(タイチさん)
おすすめ度: ★★★★★
1 122 0 参拝日:2020年3月20日 10:00
(タイチさん)
おすすめ度: ★★★★★
1 116 0 参拝日:2020年3月16日 15:30
参拝の列ではありません。社務所に続く長蛇の列です。40分並んで10mほど、あと一時間半はかかるかと。しかも社務所のなかは御朱印帳が山積み。今日書けないってこと?、、、帰ります。
(のぶちゃんさん)
おすすめ度:
1 121 0 参拝日:2019年5月1日 14:00
(筑紫狼さん)
おすすめ度: ★★★★
1 119 0 参拝日:2018年10月23日 00:00
(つかぼんさん)
おすすめ度: ★★★★★
1 123 0 参拝日:2018年6月18日 00:00
いい感じ!
(シルキー6さん)
おすすめ度: ★★★★
1 121 0 参拝日:2018年4月7日 00:00
(のぶちゃんさん)
おすすめ度:
1 121 0 参拝日:2018年1月2日 00:00

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所
福岡県北九州市八幡西区岡田町1-1
五畿八道 令制国
西海道 筑前
アクセス
筑豊電鉄線黒崎駅前 徒歩6分
御朱印授与時間
電話番号
0936211898
FAX番号
公式サイトURL
御祭神
【中殿】岡田宮 ・神日本磐余彦命 (神武天皇) 【右殿】熊手宮 ・大国主命 ・少彦名命 ・県主熊鰐命 【左殿】八所宮 ・高皇産霊神 ・足産霊神 ・神皇産霊神 ・御食津神 ・玉留産霊神 ・大宮売命 ・生産霊神 ・事代主命
創建・建立
由来
当社は古の崗地方(遠賀地方)を治めていた熊族が、その祖先神を奉斎したのが始まりであると伝わり、日本最古の書物である「古事記」においては、神武天皇が日向より東征の途次、1年間この岡田宮に滞在された事が記載され、また神功皇后が新羅征討の折に親祭したと伝わる北部九州有数の古社であります。
古来より当地は北部九州の要路に位置し、このために当社も朝野の崇敬篤く、祭礼法度を定めて社領十八所・末寺九坊と大いに栄えました。
鎌倉時代に入ると、建久5年(1194年)に東国の御家人である宇都宮重業(山鹿氏・麻生氏の祖)が源頼朝より当地を与えられ、藤原兼直(波多野兼直)に当社を奉仕させたといいます。
江戸時代に入り、黒田氏が筑前に入国すると、当地は筑前六宿(長崎街道)の起点・黒崎宿として整備され、慶長10年(1605年)に当社も福岡藩祈祷社・黒崎宿産土神に定められました。
爾来、歴代福岡藩主をはじめ、参勤諸大名の尊崇を受け、また上り下りの文人墨客等が数多く参詣しました。
特に幕末期・慶応元年(1865年)に尊皇派の公卿・三条実美が、政変により大宰府へ配流される際に、密かに当社に参拝し、維新回天の大願成就を願い和歌を奉納しております。
維新後は黒崎熊手50余町の鎮守神として益々崇敬され、現在では近隣住民はもちろんの事、広く北九州圏内からの参詣者で1年を通して賑わいます。
神社・お寺情報
【御神木】御遷座記念の銀杏
慶長8年(1603年)熊西にあった神社を黒崎のまちづくりのために、現在地の岡田町に御遷座した時に植えた銀杏です。

【黒崎十二景碑】
江戸中期に、黒崎を訪れた松尾芭蕉の弟子達(各務支考・広瀬惟然・向井去来・志田野坡)と地元黒崎の俳人達12名が黒崎の風景を詠んだ俳句の碑です。

【岡田宮神額】
宝永4年(1707年)に黒田藩・儒学者の貝原益軒が奉納した神額。
貝原益軒は、養生訓や大和本草・筑前国続風土記等を書いた江戸時代を代表する学者です。

【神も神額】
延享元年(1744年)に、香椎宮勅祭に勅使として下向された飛鳥井中将藤原雅重が、当社参詣時に奉納した神額。

【三条実美歌碑】
三条実美卿(のち太政大臣)和歌の碑です。
三条卿は慶応元年(1865年)1月17日早朝に土方久元(のち伯爵)を従え岡田宮に参拝され和歌一首を奉納しました。

【万葉歌碑】
奈良時代、万葉集に書かれている遠賀地方で詠まれた三首の和歌です。

「大君の遠の朝廷とあり通ふ
島門を見れば神代し思ほゆ」 柿本人麻呂

「天霧らひひかた吹くらし水茎の
岡の水門に波立ち渡る」 詠人不詳

「ほととぎす飛幡の浦にしく浪の
しばしば君を見むよしもがも」 詠人不詳

【黒田二十四騎図】
黒田藩初代藩主・黒田長政と井上周防・母里太兵衛・後藤又兵衛等、二十四名の有力家臣を描いた掛け軸です。

【環状の三鈴】岡田宮出土品・5世紀
環状の三鈴とは5世紀頃の青銅製の鈴で、現在日本全国で60個、九州では15個程度確認されています。
ほとんどが有力豪族の古墳からの出土品で、当社の環状の三鈴もご祭神の熊鰐が1500年前に大和朝廷から下賜されたものと推察されます。

【岡田宮ゆかりの人々】
・神武天皇
「御名は神日本磐余彦尊。
日向の高千穂宮にて志を立てられて東征を決意、非常なる艱難辛苦を乗り越えられ大和の橿原宮にて初代の天皇に御即位されました。」

・神功皇后
「御名は気長足姫尊。
社伝では三韓征伐の途次、崗県主・熊鰐の案内によって当社を親拝したといわれます。」

・黒田長政
「初代福岡藩主。
黒崎祇園山笠は長政が黒崎城主・井上之房に命じて、当社に祇園社を奉斎させたのが始まりと伝わります。」

・井上之房
「栗山利安や母里友信と並ぶ黒田家の重臣の一人です。
黒田家の筑前入国後は黒崎城主となって一万七千石を領し、黒崎の街を整備しました。」

・貝原益軒
「福岡藩の学者。
当社拝殿に掲げる「岡田宮」の神額は宝永4年(1707年)益軒の筆によるものです。」

・三条実美
「幕末の政界では尊皇派公卿の筆頭格として活躍しました。
慶応元年(1865年)に当社に参詣し、維新回天の大願成就を願い和歌を奉納しました。」
神紋・寺紋
十六菊
更新情報
【 最終 更新者】輝
【 最終 更新日時】2020/02/09 09:57:59
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

御嶽神社  椿護国神社(椿大神社)  獅子堂(椿大神社)  住吉神社(川口神社)  津島神社(浅間神社境内)  稲荷社(鏡満神社境内)  稲荷神社(小田井縣神社)  恵比須神社(小田井縣神社)  川下神社(小田井縣神社)  飛躍の霊狐(竹駒神社)  単車神社  檜峰神社郷宮(北野天神社境内社)  嶺宮遥拝社(穂高神社)  雷神社(諏訪神社)  妙見社  大黒山龍泉寺  瀧石神社  小里神社  九十九神社  大達原稲荷神社  稲荷神社  山神社  足長神社(當護稲荷神社)  火防秋葉神社(當護稲荷神社)  戎神社  入谷津の道祖神  稲荷神社  笠森稲荷神社  荒神社  恵比須神社  佐々木八幡神社(石碑)(境内)  太子堂(境内社)  常本天満宮(常本谷天満宮)  上尾御嶽  涙岩神社  馬頭観世音  瑞祥山 龍雲院  天王神社・稲荷神社  お宮さん(稲荷?) 個人宅  玉傳稲荷神社  お宮さん(境内社)  稲荷社(会社敷地内)  藪原稲荷神社  戎神社  下祖師谷庚申塔  蓮池弁財天社  稲荷社(石祠 二基)  伏見稲荷神社(境内)  官位稲荷神社(境内社)  正一位大稲荷神社(境内)  医薬稲荷社 (境内社)  祠 鳥居の左脇  稲荷社(?) 個人宅敷地内  亀山神社  みちびき不動尊  経王山 本妙寺  小池白髪弁財天社  祖霊社(下祖師谷神明社境内社)  稲荷神社  持榮山 本照寺  持榮山 本照寺  穴場神社・堅牢地神社  五社神社(八坂神社境内)  天満宮  道後稲荷神社  雷神社・稲荷神社(荒雄川神社)  神明社  八日市場東照宮  水神神社・山神神社(大神宮)  宇賀神社  助六堂稲荷大明神  松原八幡神社  神明社  稲荷大明神(矢野口)  道徳弘法堂  光徳稲荷社  稲荷社(個人宅敷地内)  清住神社  蔵殿神社(所澤神明社)  忠魂社(海渡松原八幡神社 境内社)  海渡松原八幡神社  有原天満宮  天神神社(艮神社 境内社)  大歳神社(艮神社 境内社)  艮神社  大仙神社  世羅八幡神社  養蚕神社(荒脛巾神社)  愛宕神社  祖霊社(杉森神社 境内社)  筑波神社(筑波山古墳)  原宿神社  荒平天神  孤篷庵  笠神神社  下井鳥見神社  桜山招魂社(長者山新羅神社)  小社(玉積神社)  榮雲神社  浅間神社(赤塚氷川神社) 

何を投稿しますか?