岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202 関山 中尊寺の写真1
岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202 関山 中尊寺の写真2
岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202 関山 中尊寺の写真3
岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202 関山 中尊寺の写真4
岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202 関山 中尊寺の写真5
岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202 関山 中尊寺の写真6
岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202 関山 中尊寺の写真7
 4.5

関山 中尊寺  (かんざん ちゅうそんじ)


岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202

みんなの御朱印

${row.jbName}の御朱印1
20
りょうまさん
2023年12月5日 00:00
${row.jbName}の御朱印1
35
ひろ神社仏閣さん
2023年10月31日 10:15
${row.jbName}の御朱印1
38
かっぱくんさん
2023年10月30日 12:10

${row.jbName}の御朱印1
19
こまめさん
2023年10月21日 18:28
${row.jbName}の御朱印1
46
AKIさん
2023年10月8日 21:05
${row.jbName}の御朱印1
2
きゃさりんさん
2023年10月3日 00:00

自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

${row.jbName}の参拝記録
4
271
ホルンさん
参拝日:2017年10月14日 00:00

水戸のミツルさん
★★★ 参拝日:2023年8月21日 00:00
本堂は山内にある多数の寺院の中心となる建物です。お堂内に入り見学することもできます。 御朱印は寺務所にて拝受。

${row.jbName}の参拝記録
2
249
真弓さん
★★★★★ 参拝日:2019年11月3日 15:03

2
117
たろささん
★★★★★ 参拝日:2017年8月29日 00:00

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

みんなの動画

自分の動画

まだ動画が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所 岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202
五畿八道
令制国
 
アクセス JR東北本線平泉 徒歩25分
御朱印授与時間
電話番号 0191-46-2211
FAX番号 0191-46-2216
公式サイトURL www.chusonji.or.jp/
御本尊 釈迦如来
宗派 天台宗
創建・建立 嘉祥3年(850年)
由来  中尊寺は嘉祥3年(850)、比叡山延暦寺の高僧慈覚大師円仁(じかくだいしえんにん)によって開かれました。その後、12世紀のはじめに奥州藤原氏初代清衡公によって大規模な堂塔の造営が行われました。

 清衡公の中尊寺建立の趣旨は、11世紀後半に東北地方で続いた戦乱(前九年・後三年合戦)で亡くなった生きとし生けるものの霊を敵味方の別なく慰め、「みちのく」といわれ辺境とされた東北地方に、仏国土(仏の教えによる平和な理想社会)を建設する、というものでした。それは戦乱で父や妻子を失い、骨肉の争いを余儀なくされた清衡公の非戦の決意でもありました。

 清衡公は長治2年(1105)より中尊寺の造立に着手します。まず東北地方の中心にあたる関山に一基の塔を建て、境内の中央に釈迦・多宝如来の並座する多宝寺を建立し、続いて百余体の釈迦如来を安置した釈迦堂を建立します。この伽藍(がらん)建立は『法華経』の中に説かれる有名な一場面を具体的に表現したものでした。

 清衡公は釈迦如来により説かれた法華経に深く帰依し、その平等思想に基づく仏国土を平泉の地にあらわそうとしたのでした。清衡公は『中尊寺建立供養願文』の中で、この寺は「諸仏摩頂の場」であると述べています。この境内に入り詣でれば、ひとりも漏れなく仏さまに頭を撫でていただくことができる。諸仏の功徳を直に受けることができる、という意味です。

 法華経の教えに浄土教や密教を加え大成された天台宗の教えに基づく伽藍が境内に建ち並び、その規模は鎌倉幕府の公的記録『吾妻鏡』によると、寺塔が四十、禅坊(僧の宿舎)が三百におよんだといいます。

 二代基衡公は、父の志を継いで薬師如来を本尊とする毛越寺の造立をすすめ、三代秀衡公は阿弥陀如来を本尊とする無量光院を建立しました。三世仏(過去釈迦、現世薬師、未来世阿弥陀)を本尊とする三寺院の建立は、すべての生あるものを過去世から現世さらに未来世にいたるまで仏国土に導きたいという清衡公の切実な願いの具現でもありました。

 平泉はおよそ100年近くにわたって繁栄し、みちのくは戦争のない「平泉の世紀」でした。しかし、平氏政権を倒した源義経が、兄頼朝と対立し平泉に落ちのびて間もなく、義経を保護した秀衡公が病死すると、四代泰衡公は頼朝の圧力に耐えかね義経を自害に追い込みます。その泰衡公も頼朝に攻められ、文治5年(1189)奥州藤原氏は滅亡したのです。

 鎌倉時代以降、大きな庇護者をうしなった中尊寺は次第に衰退し、建武4年(1337)の火災で惜しいことに多くの堂塔、宝物を焼失しました。しかし国宝建造物第1号の金色堂をはじめ、建築、絵画、書跡、工芸、彫刻、考古、民俗の各分野にわたる文化遺産が現在まで良好に伝えられ、東日本随一の平安仏教美術の宝庫と称されています。

 平成23年(2011)に中尊寺を含む「平泉の文化遺産」が世界文化遺産に登載されました。
神社・お寺情報 札所:奥州三十三観音・特別
   四寺回廊
例祭日
神紋・寺紋 宝相華鎹山
更新情報 【 最終 更新者】SFUKU
【 最終 更新日時】2024/02/03 14:38:42
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人様やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

近くのお城

このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

サイト内全検索

最近検索された神社・お寺

上大利老松神社  六所神社(六所大権現)  稲荷社  日影弁財天社  金比羅宮(熊野神社境内)  行者堂  大山祇神社  惣七稲荷大明神  熊野神社(神明神社境内)  石神神社(上湯川稲荷神社境内)  絹干神社  日太神社  興正寺 弘法堂  諏訪御嶽神社  観音堂  浅間神社  豊津神社  上小池の道祖神  天満宮(弘前八幡宮末社)  稲荷神社(今泉)  みよし不動明王  御新牛(亀戸天神)  祐徳住吉稲荷神社(住吉神社境内社)  青木穴守稲荷  祓戸社(刺田比古神社)  春日社(刺田比古神社)  稲荷社(刺田比古神社)  学業稲荷神社  正弐位井上稲荷大明神(堀兼神社境内)  巌島神社(土佐神社境内社)  西御前社(土佐神社境内社)  三倍神社(石鎚神社境内社)  石鎚神社祖霊殿  日枝神社  避来矢山霊廟  東郷天満宮(久多美神社境内社)  南方神社  稲田神社 奥の院  草加神社御神木  地蔵尊  大歳社•稲荷五社•白髯社•須賀原社(舞子六神社境内社)  祖霊社(瀬戸神社摂社)  外園幸神社(恵比須神社)  金刀比羅神社・八坂神社  極楽寺 地蔵尊  忠魂碑(武蔵野神社境内碑)  六角堂寫經殿(長谷寺)  愛宕神社•高森稲荷神社  神楽殿(菟足神社 境内)  薬師堂  青麻神社(竪町神明宮末社)  見瀬稲荷神社(見瀬天満宮)  秋葉神社  三和八幡神社  長松山清浄院不動堂  天神社  鏡神社(二ノ宮)  稲荷社(隣松寺)  雲岡杵築神社  天満宮  淀川神社(大谷稲荷神社)  石田の道祖神(石田子安神社敷地の外側)  八王子神社  新宮神社(円通山神社 境内社)  咲分稲荷社(粟嶋堂宗徳寺境内)  稲荷神社(千葉神社)  櫻木妙見宮  稲荷神社(龍雲寺境内)  金刀比羅宮  白山神社  銀太郎稲荷神社  中の社 八阪神社 金比羅神社(飛鳥坐神社)  立山若宮(雄山神社中宮祈願殿)  神明社(雄山神社中宮祈願殿)  会津見送り稲荷  大矢稲荷  聖天宮  日枝神社(上野國一社八幡宮)  天満宮(宇美神社境内社)  八王子社  津島神社(山田天満宮)  白竜天王・高倉稲荷大明神  稲荷神社(吉備津彦神社)  金華山神社(若宮八幡神社)  川島稲荷神社  古里神社  天満宮(鹿島御児神社)  山神社  彰徳神社  乗泉寺 世田谷別院  船橋不動尊  生駒山 寳山寺 開山廟  阿呆賢さん(今宮神社)  稲荷神社(水尻神社 境内社)  安井神社  篠田塚稲荷神社  建仁寺 法堂  厳島神社  久斯神社  桜町天満宮 

何を投稿しますか?

神社・お寺検索

初めてご利用の方は、使い方をお読みください。
*は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら
※「記録を色分け」を選ぶと、参拝や御朱印の記録が地図上で色分け表示されます。(検索に時間がかかります。ログインが必要です。)