仁和寺  (にんなじ)



住所
京都府京都市右京区御室大内33
五畿八道 令制国
畿内 山城
地図
※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「神社・お寺情報を編集」ボタンから修正できます。
アクセス
京福北野線御室仁和寺 徒歩6分
電話番号
0754611155
FAX番号
0754644070
公式サイトURL
御本尊
阿弥陀三尊
宗派
真言宗御室派
創建・建立
仁和4年(888年)
由来
[ 仁和寺の始まり ]

仁和寺の歴史は仁和二年( 886 )第 58 代光孝天皇による「西山御願寺」と称する一寺の建立を発願されたことに始まる。しかし翌年、光孝天皇は志半ばにして崩御されたため、第 59 代宇多天皇が先帝の遺志を継がれ、仁和四年( 888 )に完成。寺号も元号から仁和寺となった。

[ 隆盛と衰退 ]

宇多天皇は寛平九年( 897 )に譲位、後に出家し仁和寺第1世 宇多(寛平)法皇となる。以降、皇室出身者が仁和寺の代々住職(門跡)を務め、平安〜鎌倉期には門跡寺院として最高の格式を保った。
しかし応仁元年( 1467 )に始まった応仁の乱で、仁和寺は一山のほとんどを兵火で焼失。そのような中、本尊の阿弥陀三尊をはじめ什物、聖教などは仁和寺の院家であった真光院に移され、法燈とともに伝えられてきた。

[ 江戸時代の復興 ]

『仁和寺御伝』によれば、寛永十一年( 1634 )7月 24 日、仁和寺第 21 世覚深法親王は、上洛していた徳川幕府3代将軍家光に仁和寺再興を申し入れ承諾された。応仁の乱から約 160 年後のことであった。
さらには慶長度の御所造替とも重なり、御所から紫宸殿(現 金堂)、清涼殿(御影堂)など多くの建造物が下賜され、正保三年( 1646 )に伽藍の再建が完了。創建時の姿に戻ることが出来た。

[ 近世の仁和寺 ]

慶応三年( 1867 )、第 30 世 純仁法親王が還俗したことにより皇室出身者が住職となる宮門跡の歴史を終えた。また、明治二十年( 1887 )には御殿の焼失があったが、大正時代に再建。昭和時代に入ると、仁和寺は真言宗御室派の総本山となる。

― 仁和寺 HP 「仁和寺概略」より抜粋 ―
神社・お寺情報
● 文化財(寺宝)
・金堂(国宝)
・阿弥陀三尊像(国宝)
・薬師如来坐像(国宝)
・絹本著色孔雀明王像(国宝)
・宝相華蒔絵宝珠箱(国宝)
・三十帖冊子(国宝)
・御室相承記6巻(国宝)
・高倉天皇宸翰消息(国宝)
・後嵯峨天皇宸翰消息(国宝)
その当時 多数
神紋・寺紋
未登録
更新情報
【 最終 更新者】明日カ今日カ
【 最終 更新日時】2018/06/01 09:19:57
 
自分の参拝・御朱印記録
まだ登録されていません
みんなの参拝記録
みんなのおすすめ度  4.4
参拝日:2009年8月16日
(ace47さん)
おすすめ度:

4
参拝日:2003年1月1日
(のむさん)
おすすめ度:

2
参拝日:2018年8月22日
(布袋大国さん)
おすすめ度: ★★★★

1
参拝日:2018年1月31日
(キョンさん)
おすすめ度:

1
参拝日:2018年1月13日
(ますみんさん)
おすすめ度:

1
参拝日:2017年10月28日
(神崎さん)
おすすめ度:

1
参拝日:2016年10月7日
(松さん)
おすすめ度: ★★★★

1
参拝日:2019年4月18日
(よりさん)
おすすめ度:

0
参拝日:2019年4月14日
(あきちゃんさん)
おすすめ度: ★★★★★

0
参拝日:2019年4月13日
(布袋大国さん)
おすすめ度: ★★★★

0
みんなの御朱印
御朱印日:2019年4月18日
(よりさん)
御朱印日:2019年4月10日
(あずずんさん)
御朱印日:2019年4月10日
(あずずんさん)
御朱印日:2019年4月10日
(あずずんさん)
御朱印日:2019年2月11日
(大下勇次さん)
京の冬の旅の特別公開にて。
御朱印日:2019年2月11日
(大下勇次さん)
京の冬の旅の特別公開にて。
御朱印日:2019年2月11日
(大下勇次さん)
京の冬の旅の特別公開にて。
御朱印日:2019年2月11日
(よたはちさん)
御朱印日:2019年2月11日
(よたはちさん)
御朱印日:2019年2月10日
(ルルさん)
このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

地蔵尊  栗田大日堂  地蔵尊  久遠寺奥の院親思閣  椿井春日神社  普光寺 仁王門  亀田稲荷神社  多賀神社  愛宕神社  八坂神社  都農牧神社  上名貫神社  十島菅原神社  木上加茂神社  熊野神社  堀田稲荷神社  金鶏神社(山田八幡神社末社)  雨宮神社  神明神社 (山添村切幡)  住吉神社  八幡神社  内牧菅原神社  八坂神社 津島神社  尖閣神社  冨崎観音堂  神道大教院  愛宕神社  初富稲荷  天真名井 (神奈備山)  白髭神社  恵比須神社  威徳天満宮  天満宮  伊勢山神社  陸奥横浜八幡神社  黒田稲荷神社  恵比須神社  朝熊神社  自転車神社  八大権現  初発神社  寳珠稲荷大明神  稲荷神社  大國神社  天満宮  熊野宮  是雄神社  正観寺  滋恩寺 地蔵堂  牛荒神  興玉宮  西宮神社  松栄地蔵尊(新博多地蔵尊)  山崎榧の木神社  貴船神社  大久保薬師堂  谷原長楽寺  全龍寺  玉泉寺  常徳寺  中山鳥瀧神社  北目山賢聖院(二十三夜堂)  三宅宮  吉田大神宮  金剛輪寺 二天門  龍神社 (和爾宮別宮)  錦見荒神社  稲荷神社  高田観音堂  龍神社 (川原寺跡)  十日恵比須神社  飯塚大神宮  若光稲荷神社  飯塚天満宮  大神宮  生目神社(大分八幡宮)  秋葉神社  廣田八幡宮  西熊野神社  六峯砥鹿神社  延命地蔵尊  梅乃宮  御自作天満宮  嚴神社  赤城神社(越後魚沼)  地蔵尊 弁財天堂  竈門神社  早馬神社  黒沼神社  正一位稲荷大明神  龍田大社 本宮跡  中田稲荷神社  生田神社  小松川神社  立花香取神社  塩瀬八幡神社  氷川王子神社  河内神社  河内神社  神興社 

Androidアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください
iPhoneアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください
 

大好評!! スマホで神社がいいねを使うなら、アプリがおすすめ!