奈良県奈良市雑司町406-1 東大寺 大仏殿の写真1
奈良県奈良市雑司町406-1 東大寺 大仏殿の写真2
奈良県奈良市雑司町406-1 東大寺 大仏殿の写真3
奈良県奈良市雑司町406-1 東大寺 大仏殿の写真4
奈良県奈良市雑司町406-1 東大寺 大仏殿の写真5
奈良県奈良市雑司町406-1 東大寺 大仏殿の写真6
奈良県奈良市雑司町406-1 東大寺 大仏殿の写真7
東大寺 大仏殿  (とうだいじ だいぶつでん)  4.7
奈良県奈良市雑司町406-1

みんなの御朱印

(さしみさん)
0 0 御朱印日:2022年5月3日 00:00
(はるはるさん)
3 0 御朱印日:2022年4月30日 23:07
(とびちゃんさん)
0 0 御朱印日:2022年4月29日 15:44
(恭子さん)
11 0 御朱印日:2022年4月23日 20:50
(すし吉さん)
2 0 御朱印日:2022年4月23日 00:00
(タクさん)
1 0 御朱印日:2022年4月23日 00:00
(さんずいさん)
2 0 御朱印日:2022年3月23日 00:00
(つっちーさん)
9 0 御朱印日:2022年2月26日 20:38
(けんさん)
7 0 御朱印日:2022年2月24日 00:00
(ちゃくらさん)
3 0 御朱印日:2022年2月12日 00:00

自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

(ぁこさん)
おすすめ度: ★★★★★
3 189 0 参拝日:2018年9月24日 00:00
(づめちゃんさん)
おすすめ度:
3 273 0 参拝日:2017年12月4日 00:00
直書き
(🤗あんこさん)
おすすめ度:
2 69 0 参拝日:2021年3月29日 00:00
(もそもそ🤗さん)
おすすめ度: ★★★★★
2 1 0 参拝日:2021年3月29日 00:00
御朱印は全部で18いただきました。 4時間ほどかかり廻りました。
(銀玉鉄砲さん)
おすすめ度: ★★★★★
2 138 0 参拝日:2019年3月23日 10:00
(たぁさん)
おすすめ度:
2 146 0 参拝日:2018年9月24日 00:00
(おーけんさん)
おすすめ度:
2 1 0 参拝日:2017年12月7日 00:00
(BREITLINGさん)
おすすめ度:
2 162 0 参拝日:2017年11月4日 00:00
(ゆこ🐩さん)
おすすめ度:
2 149 0 参拝日:2017年11月3日 00:00
(拓郎くんさん)
おすすめ度:
2 1 0 参拝日:2017年10月28日 00:00

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所
奈良県奈良市雑司町406-1
五畿八道 令制国
畿内 大和
アクセス
近鉄奈良線近鉄奈良 徒歩13分
御朱印授与時間
電話番号
0742-22-5511
FAX番号
0742-22-0808
公式サイトURL
御本尊
盧舎那仏坐像
宗派
華厳宗 総本山
創建・建立
天平宝字2年(758年)
由来
最初の大仏殿の建設は大仏の鋳造が終わった後に始まり、758年(天平宝字2年)に完成した。

1181年(治承4年)1月15日(旧暦12月28日)、平重衡などの南都焼討によって焼失。その後、1190年(建久元年)に再建され、1195年(建久6年)の落慶法要には源頼朝なども列席した。

1567年(永禄10年)11月10日(旧暦10月10日)から11月11日(旧暦10月11日)にかけて、東大寺大仏殿の戦いの最中に焼失。出火原因は諸説ある。当時の宣教師のルイス・フロイスは、三好軍中にいたキリシタン信徒が寺院仏像の破壊目的で放火したと記録している。『多聞院日記』には、

「今夜子之初点より、大仏の陣へ多聞城から討ち入って、数度におよぶ合戦をまじえた。穀屋の兵火が法花堂へ飛火し、それから大仏殿回廊へ延焼して、丑刻には大仏殿が焼失した。猛火天にみち、さながら落雷があったようで、ほとんど一瞬になくなった。釈迦像も焼けた。」—『多聞院日記』

と記されており、穀屋から出火し、法花堂、回廊と燃え広がったのち、11月11日(旧暦10月11日)午前2時頃には大仏殿が完全に焼失したと考えられる。その後、仮の仏堂が建設されたが、1610年(慶長15年)の暴風で倒壊した。

損壊した大仏の修復と大仏殿の再建を決意した公慶上人は、1684年(貞享元年)から勧進活動を開始した。大仏の修復は、1691年(元禄4年)に完成し、翌年に開眼供養が行われた。大仏殿の再建については、公慶上人の勧進活動への幕府公許が得られ、現存する大仏殿は、1709年(宝永6年)に完成し、同年3月に落慶法要が行われた。

また、1879年(明治12年)から1915年(大正4年)までに修理が行われた。これは瓦の重量に屋根が耐えられなくなったためであり、内部に鉄のトラスを渡したうえ、瓦の重なり部分を少なくして瓦の数を減らすなどの対処が行われた。しかし雨漏りなどの問題が生じ、1973年(昭和48年)から1980年(昭和55年)に再修理が行われた。この際は現代の技術で軽量化された瓦が採用され、瓦の重なりは旧に復した。なお、1898年(明治31年)12月28日に旧国宝に1952年(昭和27年)3月29日に新国宝に指定されている。
神社・お寺情報
● 文化(寺宝)
・大仏殿(国宝)・南大門(国宝)
・開山堂(国宝)・法華堂(国宝)
・二月堂(国宝)・転害門(国宝)
・鐘楼(国宝)・本坊経庫(国宝)
・廬舎那仏坐像(国宝)
・不空羂索観音立像(国宝)
・梵天 帝釈天立像(国宝)
・金剛力士立像(国宝)
・四天王立像 (国宝)
・日光菩薩 月光菩薩立像(国宝)
・執金剛神立像(国宝)
・誕生釈迦仏立像(国宝)
その他 多数
神紋・寺紋
未登録
更新情報
【 最終 更新者】優雅
【 最終 更新日時】2021/10/31 02:08:18
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

龍宮之宮  吐田極楽寺  荒神社  招魂社(宝登山神社境内社)  水神社(宝登山神社境内社)  藤谷淵神社(宝登山神社境内社)  熊野神社  月山荒魂社(月山神社)  鷲宮神社  熊野神社  稲荷社・金勢社(熊野神社)  足尾神社(熊野神社)  照霊社(熊野神社)  上好地熊野神社  厳嶋神社  薬師堂(福王寺 境内)  稲荷社(法雲寺 境内)  天白社(神明社末社)  覚園寺  大悲寺  卯辰天満宮  東屋敷の道祖神  稲荷社  須佐之男神社 (大和郡山市番匠田中町)  三吉神社(北門神社境内社)  天伯神社(鹿嶋神社 境内)  岩浦八坂神社  山王神社 (大和郡山市美濃庄町)  金毘羅堂(白山神社 境内)  江島神社  稲荷社(山城八坂神社境内社)  榛名神社(雀ノ森氷川神社境内社)  木曽御嶽塚(岸町熊野神社境内社)  厳島神社  稲荷堂(福沢神社)  小萩明神社(福沢神社)  天満宮  安堂地蔵尊  狩宿観音堂  秋葉三尺坊大権現  白山神社(伊佐須美神社摂社)  火伏稲荷  護国神社(鶴見神社境内社)  乙津神明社  八坂神社(養沢)  大神木神社  丸池神社  甲子大黒天(白鬚神社境内社)  八坂神社(白鬚神社境内社)  行盛神社  神明社(日枝神社境内社)  八坂神社(日枝神社境内社)  浅間大神(日枝神社境内社)  八坂神社(下広谷白山神社境内社)  稲荷神社(下広谷白山神社境内社)  穴守稲荷神社(八坂神社)  愛宕神社(八坂神社)  鹿島神社(八坂神社)  今村 諏訪神社    金比羅宮  地蔵尊  雨乞地蔵  鋒神社  杉の森稲荷  稲荷神社  和田神社  稲基神社  初太神社  善女龍王社・雷電神社  猿田彦神社  恵比寿大黒神社(千方神社)  海運山 満福寺(亀の甲寺)  稲荷神社(館山神社内)  新井稲荷社(館山神社内)  長宮(洲崎神社内)  加茂神社  石柱  白山権化神社  長谷神社 上社  合祀社(苗間神明神社境内社)  八雲神社(苗間神明神社境内社)  稲荷神社(大井氷川神社境内社)  三峯神社(大井氷川神社境内社)  合祀社(長宮氷川神社境内社)  恵比寿・大黒様(上福岡八雲神社境内)  荘神社  荘神社  音羽富士塚(富士浅間神社)  川守稲荷神社  大山阿夫利神社・大三輪神社(蘇我比咩神社)  三峯神社  千葉南妙見宮  上中地蔵尊  交通安全地蔵尊  伊勢社  第六天神社 飯綱神社  八幡神社(鹿嶋神社)  八幡神社  稲荷神社 

何を投稿しますか?