東京都千代田区九段北3-1-1 靖國神社の写真1
東京都千代田区九段北3-1-1 靖國神社の写真2
東京都千代田区九段北3-1-1 靖國神社の写真3
東京都千代田区九段北3-1-1 靖國神社の写真4
東京都千代田区九段北3-1-1 靖國神社の写真5
東京都千代田区九段北3-1-1 靖國神社の写真6
東京都千代田区九段北3-1-1 靖國神社の写真7
東京都千代田区九段北3-1-1 靖國神社の写真8
東京都千代田区九段北3-1-1 靖國神社の写真9
東京都千代田区九段北3-1-1 靖國神社の写真10
東京都千代田区九段北3-1-1 靖國神社の写真11
東京都千代田区九段北3-1-1 靖國神社の写真12
東京都千代田区九段北3-1-1 靖國神社の写真13
東京都千代田区九段北3-1-1 靖國神社の写真14
東京都千代田区九段北3-1-1 靖國神社の写真15
東京都千代田区九段北3-1-1 靖國神社の写真16
東京都千代田区九段北3-1-1 靖國神社の写真17
東京都千代田区九段北3-1-1 靖國神社の写真18
東京都千代田区九段北3-1-1 靖國神社の写真19
東京都千代田区九段北3-1-1 靖國神社の写真20
 4.5

靖國神社  (やすくにじんじゃ)


東京都千代田区九段北3-1-1

みんなの御朱印

${row.jbName}の御朱印1
6
みいさん
2024年4月6日 00:00
${row.jbName}の御朱印1
11
Hさん
2024年4月4日 23:27
${row.jbName}の御朱印1
6
はじめさん
2024年4月2日 17:11

${row.jbName}の御朱印1
7
神太郎さん
2024年4月2日 00:00
${row.jbName}の御朱印1
1
wasakaraさん
2024年3月31日 16:27
${row.jbName}の御朱印1
1
wasakaraさん
2024年3月31日 16:27

自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

マサさん
★★★★★ 参拝日:2017年9月18日 00:00

${row.jbName}の参拝記録
8
336
りんごぐみさん
★★★★★ 参拝日:2019年8月15日 18:38
8月15日。 この日にはどうしてもこの神社に来たかったんだ。 細かく考えるとこの後に千島列島にロシアが攻め込んでくるから、本当は今日ってわけじゃないのかもしれないんだろうけど、とにかく、終戦記念日。 70有余年前、落とす必要のない命を落とした方々の無念さとか切なさとか悔しさとか。 いつもは神社で神様に懺悔聞いてもらってる俺だが、今日ばかりは戦没者の方々に平和への感謝を述べるばかりである。

${row.jbName}の参拝記録
8
385
kinginさん
★★★★★ 参拝日:2017年9月18日 00:00
来年建立150周年らしい。 さすがの靖国神社。今日南門からの参拝となったが、来年はちゃんと参道からお参りしよう。
${row.jbName}の参拝記録
7
1171
ひろさん
★★★★★ 参拝日:2017年7月21日 00:00

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

みんなの動画

自分の動画

まだ動画が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所 東京都千代田区九段北3-1-1
五畿八道
令制国
東海道 武蔵
アクセス 東京メトロ有楽町線市ヶ谷 徒歩6分
御朱印授与時間 9時~17時(3月~10月は9時~18時)
電話番号 03-3261-8326
FAX番号 03-3261-8320
公式サイトURL https://www.yasukuni.or.jp/
御祭神 護国の英霊 246万6千余柱
創建・建立 明治2年(1869年)6月29日
旧社格
由来 靖國神社は、明治2年(1869年)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた招魂社しょうこんしゃがはじまりです。
明治7年(1874年)1月27日、明治天皇が初めて招魂社しょうこんしゃに御親拝の折にお詠みになられた「我國の為をつくせる人々の名もむさし野にとむる玉かき」の御製からも知ることができるように、国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊みたまを慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社です。

創建当時、日本は近代的統一国家として大きく生まれ変わろうとする歴史的大変革(明治維新)の過程にありました。それ以前、日本は徳川幕府の政権下にあり、約250年にわたって鎖国政策をとり海外との交流を厳しく制限していました。ところが、アメリカや西欧諸国のアジア進出に伴って日本に対する開国要求が強まると、開国派と鎖国派の対立が激化し、日本の国内は大きな混乱に陥ります。そうした危機的状況を乗り切る力を失った徳川幕府は、ついに政権を天皇に返上し、日本は新たに天皇を中心とする近代的な国づくりに向けて歩み出すこととなったのです。
しかし、そうした大変革は、一方において国内に避けることのできない不幸な戦い(戊辰戦争)を生み、近代国家建設のために尽力した多くの同士の尊い命が失われる結果となりました。
そこで明治天皇は明治2年6月、国家のために一命を捧げられたこれらの人々の名を後世に伝え、その御霊を慰めるために、東京九段のこの地に「招魂社しょうこんしゃ」を創建されたのです。
この招魂社が今日の靖國神社の前身で、明治12年(1879年)6月4日には社号が「靖國神社」と改められ別格官幣社に列せられました。
明治天皇が命名された「靖國」という社号は、「国を靖(安)んずる」という意味で、靖國神社には「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いが込められています。
神社・お寺情報 護国神社総本社
例祭日
神紋・寺紋 十六八重菊
更新情報 【 最終 更新者】福ちゃん
【 最終 更新日時】2023/11/05 08:20:21
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人様やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

近くのお城

このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

サイト内全検索

最近検索された神社・お寺

榎大天神社  白玉稲荷大神(比賣許曽神社境内)  機織神社(熊野神社境内)  市神之社  山神神社  上郷地区の道祖神  正法山妙観院圓満寺  阿弥陀堂  新宮(奥田神社境内社)  円光寺  稲荷神社(石受稲荷神社境内社)  本要寺  富士浅間神社(大蔵神社境内)  増田山観音堂(旧宝藏院)  新九郎稲荷神社  天満天神宮  興正寺 大日堂  福富稲荷大明神(始元神社境内)  護國神社(北東本宮小室浅間神社境内)  千裁稲荷大明神(愛宕神社境内)  天神社(倉賀野神社境内)  熊野宮  第六天神社  観音堂  野底諏訪神社  大山祇神社  妙龍山東福院如意寺  安養寺  金刀比羅宮  鷲宮神社(敷島神社境内)  石光寺 地蔵菩薩  明石大明神  稲荷大明神  恵比寿神社  常観堂  報徳二宮神社  宝満宮  霊竹殿(一言主神社境内)  湯屋谷辨財天社  善女龍王社  龍神堂  稲荷社(刺田比古神社)  稲荷神社(江戸川橋)  左右山神社(深山神社境内)  大六天龍王(扇三嶋神社境内)  湯浴み弁財天(光泉寺)  水神社(牟呂八幡宮境内社)  福禄寿(広島東照宮境内社)  小社  武州青梅金刀比羅神社  八幡社(下祖師谷神明社境内社)  梅宮(田脇日吉神社境内社)  八大龍王  熊野稲荷(熊野神社境内)  大神門神社  御嶽神社(結城御嶽神社)  清瀧神社  天満天神社(稲積神社 境内)  御嶽神社  事代主神社(土佐神社境内社)  三倍神社(石鎚神社境内社)  知々夫神社(楡山神社境内社)  阿夫利神社(熊野大神社境内社)  白龍大明神  松梅大明神  日枝神社  皇女神社  鶴林寺 観音堂  草加神社御神木  大悲山観音院  八大龍王神  田開稲荷神社  観音菩薩  岸本神社  荒熊大明神(宮地嶽八幡神社境内社)  小儀宮跡  神光宮  玉吉稲荷社  江戸堀辯財天  淸泰山慈航院弘誓寺  比和神社  日御碕神社  日枝神社  七星神社  御嶽神社  中島天満社  山之神神社  不老山持壽院延命寺  観音堂  福寿山無量寺  三囲神社(札幌三越屋上)  浅間神社(浦賀神社境内)  千光寺 行者堂  瑞穂稲荷神社  青麻神社(竪町神明宮末社)  八剣神社  金刀比羅宮(築地神社 末社)  厳島神社  八幡神社(白子神社)  鹿島神宮要石 

何を投稿しますか?

大好評!! スマホでお寺がいいねを使うなら、アプリがおすすめ!

神社・お寺検索

初めてご利用の方は、使い方をお読みください。
*は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら
※「記録を色分け」を選ぶと、参拝や御朱印の記録が地図上で色分け表示されます。(検索に時間がかかります。ログインが必要です。)