箱根神社  (はこねじんじゃ)



住所
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1
五畿八道 令制国
東海道 相模
地図
※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「神社・お寺情報を編集」ボタンから修正できます。
アクセス
箱根登山鉄道線小涌谷 徒歩58分
電話番号
0460-83-7123
FAX番号
0460-83-6669
公式サイトURL
御祭神
【箱根大神(はこねおおかみ)】
瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)
彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)
木花咲耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)
創建・建立
孝昭天皇の御代(紀元前475~393年)
由来
 箱根神社は、古来関東総鎮守箱根大権現と尊崇されてきた名社で、交通安全・心願成就・開運厄除に御神徳の高い運開きの神様として信仰されています。
 当社は、人皇第5代孝昭天皇の御代(2,400有余年前)、聖占上人が箱根山の駒ケ岳より、同主峰の神山を神体山としてお祀りされて以来、関東における山岳信仰の一大霊場となりました。
 奈良朝の初期(天平宝子元年、757年)、萬巻上人は、御神託により現在の地に里宮を建て、箱根三所権現と称え奉り、仏教、とりわけ修験道と習合しました。
平安朝初期、箱根路が開通しますと、往来の旅人は当社に道中安全を祈りました。
 鎌倉期、源頼朝は深く当社を信仰し、二所詣(当社と伊豆山権現参詣)の風儀を生み、執権北条氏や戦国武将の北条早雲や徳川家康等、武家による崇敬の篤いお社として栄えました。
 近世、官道としての箱根道が整備され、箱根宿や関所が設けられますと、東西交通の要(交通安全祈願所)として当神社の崇敬は益々盛んになり、庶民信仰の聖地へと変貌しました。
 こうして天下の険箱根山を駕籠で往来する時代から、やがて自動車に変る近代日本へと移行しますが、その明治の初年には、神仏分離により関東総鎮守箱根権現は、箱根神社と改称されました。
爾来、明治6年(1873年)、明治天皇・皇后両陛下の御参拝をはじめ、大正・昭和の現代に至るまで、各皇族方の御参拝は相次いで行われました。
 最近では、昭和55年(1980年)、昭和天皇・皇后両陛下の御親拝に続いて、翌56年、皇太子浩宮殿下も御参拝になりました。
また、民間でも吉田茂元首相はじめ政財界人の参拝や年間2,000万人を越える内外の観光客を迎えて、ご社頭は増々殷賑を加えています。
神社・お寺情報
○九頭龍社の新宮が拝殿横に鎮座
*古来から芦ノ湖に住む龍神を祀っています
神紋・寺紋
三つ割り菊
更新情報
【 最終 更新者】508
【 最終 更新日時】2018/12/31 10:50:22
 
自分の参拝・御朱印記録
まだ登録されていません
みんなの参拝記録
みんなのおすすめ度  4.3
参拝日:2017年9月29日
(メンコさん)
おすすめ度: ★★★★

2
参拝日:2017年9月13日
(niyaさん)
おすすめ度: ★★★★★

2
参拝日:2017年9月11日
(そうげんさん)
おすすめ度: ★★★★★

2
参拝日:2018年8月15日
(reiさん)
おすすめ度:

1
参拝日:2018年7月8日
(とよさん)
おすすめ度: ★★★★★

1
参拝日:2018年4月23日
(かめとさんぽさん)
おすすめ度:

1
参拝日:2018年2月13日
(Crystalさん)
おすすめ度: ★★★★★

1
参拝日:2017年12月14日
(しょうちさん)
おすすめ度: ★★★★

1
参拝日:2017年12月12日
(しーにゃんさん)
おすすめ度: ★★★★★

1
参拝日:2017年8月20日
(ドナボンさん)
おすすめ度: ★★★★★
樹齢1200年の矢立の杉は見応えあり。

1
みんなの御朱印
御朱印日:2019年2月6日
(hinami00さん)
御朱印日:2019年2月3日
(ノリさんさん)
御朱印日:2019年1月25日
(あじずきんさん)
御朱印日:2019年1月22日
(GUN125さん)
御朱印日:2019年1月21日
(ぐっさんさん)
御朱印日:2019年1月15日
(アオイさん)
御朱印日:2019年1月1日
(Akiraさん)
御朱印日:2018年12月9日
(海未ちゃん推しさん)
御朱印日:2018年12月9日
(キムさん)
御朱印日:2018年12月8日
(みつるさん)
このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

長楽寺  龍昌寺  堂島薬師堂  氏神神社  神明神社  大願寺  出雲大社御本殿  赤堂稲荷大明神  浅間神社  菅原神社  千勝神社  諏訪神社  高尾山薬王院  宇美八幡宮  一心院  八千矛山大国主神社  石見八幡宮  神長天満宮  水神宮  高木神社(葛飾区)  中川氷川神社  玉津嶋神社 (地黄町)  穴沢天神社  湯之宮神社  川床神社  一丁田神社  白崎八幡宮  稲荷神社(葛飾区鎌倉)  鎌足神社  円通寺  東京大神宮  熱田神宮  猿田彦神社  尼寺厨神社  白山姫神社 (尼寺)  松原道祖神社  剣主神社 (大宇陀区半阪)  諏訪神社  恵美須神社  白髭神社 (大宇陀区馬取柿)  大埼川邊神社  町内安全地蔵尊  橿原神社  大本山 鷲山寺  富士神社・厳島神社  蚕守稲荷神社  浄土院  石鎚神社福山城遥拝所  錦秋稲荷大明神  浮島神社  皆生温泉神社  地蔵尊  六地蔵尊  浄土寺 地蔵尊  植槻八幡神社  地蔵尊  板蓋地蔵尊  安倍文殊院 不動堂  国府宮神社  高瀬神社  田県神社  金屋の石仏  平等寺 不動堂  御津神社  地蔵尊  三体小摩崖仏  黄金持神社  天満宮  神崎稲荷大明神(金貸稲荷)  上白石神社  成田山新勝寺 大本堂  天照皇太神宮  浅間神社  香之谷戸稲荷社  修弘山 一龍院  庭木神社  泉岡一言神社  亀有北向道祖神社  龍原寺  石鎚神社奥宮頂上社  福禄寿 小石川七福神  極楽水  来恩寺  金毘羅大権現 (吉海町本庄)  真栄寺  地蔵尊  眞田神社  屋根神  金龍寺  東林寺  諏訪神社  六嶽神社  住吉神社  豊満寺  雷神社  伊興菅原神社  三光稲荷大明神  東北野神社  島氷川神社  御嶽山神社 

Androidアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください
iPhoneアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください