赤穂大石神社  あこうおおいしじんじゃ

スポンサーリンク

住所
6780235
兵庫県赤穂市上仮屋129
電話番号
0791-42-2054(大石神社)
公式サイトURL
御祭神
大石内蔵助良雄以下四十七士命、萱野重実、浅野家三代、森家七将
御利益
創建・建立
1900年(明治33年)
旧社格
県社
アクセス
JR西日本赤穂線播州赤穂駅より徒歩15分。
地図を拡大
このエントリーをはてなブックマークに追加
編集いただいたユーザーの皆様に神様、仏様のご加護がございますように!

ユーザーのおすすめ

ユーザー 評価 コメント
まだおすすめ情報が登録されていません。

評価を登録

縁結び
金運
学問・仕事
健康・長寿
供養
家内安全・子宝安産
厄除け
 
★をつけていただいたユーザーの皆様に神様、仏様のご加護がございますように!

最新参拝記録

ユーザー 参拝日
まーくん 2017-05-05

参拝カードを登録する

詳細情報

由来
 元禄14年(1701)春3月、江戸城中松の廊下で、勅使接待役の浅野内匠頭長矩が、指南役の高家筆頭吉良上野介義央に刃傷に及ぶという一大事件が起こった。  長矩は将軍綱吉の独裁を持って即日切腹、浅野家は取り潰しとなるが、吉良方には何のおとがめもなかった。これが第一の事件である。  それから、1年9ヵ月後、即ち元禄15年(1702)の12月14日の夜、長矩の家臣大石内蔵助良雄ら四十七士の忠義の武士が、本所松坂町の吉良の屋敷へ討ち入り、美事義央の首を打って主君の怨みを晴らし、幕府の失政に一矢を報いる事件が起こった。そして、2ヵ月後、義士達は武士にとっては最高の名誉である切腹という処分をうけた。これが赤穂浪士の復讐事件といわれる第二の事件で、この二つの事件を合わせたものが世に言う「忠臣蔵」である。  大石神社は明治天皇の勅旨を契機として、明治33年(1900)神社創立が公許せられ、まず大石邸長屋門の保存修理から始まって、義士を崇敬追慕する多くの方々からの浄財によって本殿以下社殿が竣工し、大正元年(1912)11月、四十七義士を祀る神社としてご鎮座になった。
神社情報
例祭日
12月14日
パワースポット情報

 

 

神社仏閣検索

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
*

 

Androidアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください
iPhoneアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください