賀茂御祖神社(下鴨神社)  (かもみおやじんじゃ(しもがもじんじゃ))



住所
京都府京都市左京区下鴨泉川町59
五畿八道 令制国
畿内 山城
地図
※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「神社・お寺情報を編集」ボタンから修正できます。
アクセス
叡山電鉄本線出町柳 徒歩10分
電話番号
075-781-0010
FAX番号
075-781-4722
公式サイトURL
御祭神
[西殿]賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)
[東殿]玉依媛命(たまよりひめのみこと)
創建・建立
崇神天皇7年(紀元前90年)以前と推定
由来
当社の祭神は、賀茂別雷神社に祀られている賀茂別雷大神の母神と外祖父神の二柱。
神武天皇東征の折り熊野から大和の難所を先導した八タ烏(やたがらす)が賀茂建角身命であるという。

[賀茂建角身命・八咫烏伝承]
当神社がまつられたのは、崇神天皇の7年(BC90)に神社の瑞垣の修造がおこなわれたという記録があり、それ以前の古い時代からまつられていたとおもわれます。
先年糺の森周辺の発掘調査で縄文時代の土器や弥生時代の住居跡がたくさん発掘され、それを裏付けています。
また社伝や歴史書に、お祭、社殿、ご神宝等の奉納などが記録されています。
『続日本紀』の文武天皇2年(698)には、葵祭に見物人がたくさん集まるので警備するように、という命令が出された、という記事があります。
このことから、奈良時代より前から当神社が大きなお社で、盛大なお祭がおこなわれていたことがわかります。
平安時代には、国と首都京都の守り神として、また皇室の氏神さまとして、特別の信仰を受け、別項に記します式年遷宮や斎王の制度などがさだめられていた特別な神社であったことがしられます。
そして『源氏物語』や『枕草子』など王朝文学にしばしば登場いたしますように、この時代の文化、宗教の中心地の一つとして栄えました。
平安時代末期になりますと全国に60余箇所もの荘園、御廚が寄進され神社をささえました。
鎌倉時代、室町時代、そして戦乱の世になっていくにつれ、各地の荘園も連絡が次第に絶えて行きますが、代わって国民の信仰が神社をささえていくようになりました。
神殿守(殿司)とよばれる人々が全国をまわってご神徳を説いていくのもこのころです。
当神社を舞台とする、数多くの能(謡曲)などに、そのころの様子がうかがわれます。
また国の重要な出来事には、かならずご祈願が行われました。 
江戸時代にも、国と国民の幸福を祈願する神社として、神社の運営のため幕府より領地が寄せられました。
明治初年、全国の神社の代表として、官幣大社の首位におかれ、今日まで国と国民のための祈願を日々おこなっています。

[創祀]
創祀の年代を特定することは出来ないが、『日本書紀』神武天皇2年(BC658)2月の条に、当神社御祭神、賀茂建角身命を奉斎していた一系流「葛野主殿県主部」との氏族の名がみえる。
この氏族は、賀茂建角身命の先の代、天神玉命を祖神とする鴨氏と同じ氏族であったことで知られている。
また、『賀茂神宮賀茂氏系図』には、賀茂建角身命の子、鴨建玉依彦命より11代後の大伊乃伎命の孫、大二目命が鴨建角身命社を奉斎していたことが記されている。
その社が、今日の賀茂御祖神社の始源の社の一社であろうとされている。
崇神天皇7年(BC90)には、社の瑞垣が造営(『鴨社造営記』)され、垂仁天皇27年(BC28月には、御神宝が奉られている。(『同書』)また、緩靖天皇(BC580)の御世より御生神事が行われた(『旧記』)との伝承があり、欽明天皇5年(544)4月から賀茂祭(葵祭)(『本朝月令』『年中行事抄』)が行われていることからみて、創祀は西暦紀元をはるかに遡るものとみられている。
神社・お寺情報
式内社(名神大社)、山城国一宮
二十二社(上七社)の一社、勅祭社
別表神社(神社本庁)
神紋・寺紋
未登録
更新情報
【 最終 更新者】mmかずやmm
【 最終 更新日時】2018/08/20 15:53:34
 
自分の参拝・御朱印記録
まだ登録されていません
みんなの参拝記録
みんなのおすすめ度  4.3
参拝日:2017年7月30日
(おっさん)
おすすめ度: ★★★★★

3
参拝日:2018年10月20日
(のぶちゃんさん)
おすすめ度:

2
参拝日:2018年2月1日
(ぴらふさん)
おすすめ度: ★★★

2
参拝日:2017年6月5日
(ノブさん)
おすすめ度: ★★★★

2
参拝日:2014年8月18日
(たまりんさん)
おすすめ度:

2
参拝日:2002年11月18日
(Mu.(全国一ノ宮神社巡拝中)さん)
おすすめ度: ★★★
山城国一の宮。全国一の宮巡り40社め。下鴨神社の参拝をもって畿内7社の一の宮参拝完了。 1日に4社詣りしたので、よく覚えていないが、素朴なぬくもりを感じた。夕刻だったので、次回は朝に参拝したい。 評価基準☆☆ 乗用車300台の駐車場は1時間300円、参拝者の駐車は無料。

2
参拝日:2018年8月25日
(ぷる鴨さん)
おすすめ度: ★★★★★

1
参拝日:2018年8月25日
(Junjunさん)
おすすめ度:

1
参拝日:2018年8月15日
(優雅さん)
おすすめ度: ★★★★
【授与所】 たくさんの御守りやお札やおみくじあり オリジナル御朱印帳あり

1
参拝日:2018年7月22日
(いっちーさん)
おすすめ度: ★★★★★

1
みんなの御朱印
御朱印日:2019年2月10日
(よたはちさん)
御朱印日:2019年2月9日
(えーすけさん)
御朱印日:2019年2月9日
(金太郎さん)
御朱印日:2019年1月28日
(まいまいさん)
御朱印日:2019年1月25日
(ゴドルフィンバルブさん)
緑の二葉葵の印がインパクトあります。
御朱印日:2019年1月17日
(じゃすてぃさん)
御朱印日:2019年1月15日
(ヒロノブライアンさん)
御朱印日:2019年1月13日
(ガンエンさん)
御朱印日:2019年1月1日
(かっちゃんさん)
御朱印日:2018年12月30日
(むぎごまさんさん)
このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

長楽寺  龍昌寺  堂島薬師堂  氏神神社  神明神社  大願寺  出雲大社御本殿  赤堂稲荷大明神  浅間神社  大井川常唱堂  菅原神社  千勝神社  諏訪神社  高尾山薬王院  宇美八幡宮  一心院  大聖寺  八千矛山大国主神社  石見八幡宮  神長天満宮  水神宮  高木神社(葛飾区)  中川氷川神社  玉津嶋神社 (地黄町)  穴沢天神社  湯之宮神社  川床神社  一丁田神社  白崎八幡宮  稲荷神社(葛飾区鎌倉)  鎌足神社  円通寺  東京大神宮  熱田神宮  猿田彦神社  尼寺厨神社  白山姫神社 (尼寺)  松原道祖神社  剣主神社 (大宇陀区半阪)  諏訪神社  恵美須神社  白髭神社 (大宇陀区馬取柿)  大埼川邊神社  町内安全地蔵尊  橿原神社  大本山 鷲山寺  富士神社・厳島神社  蚕守稲荷神社  浄土院  石鎚神社福山城遥拝所  錦秋稲荷大明神  浮島神社  皆生温泉神社  地蔵尊  六地蔵尊  浄土寺 地蔵尊  植槻八幡神社  地蔵尊  板蓋地蔵尊  安倍文殊院 不動堂  国府宮神社  高瀬神社  田県神社  金屋の石仏  平等寺 不動堂  御津神社  地蔵尊  三体小摩崖仏  黄金持神社  天満宮  神崎稲荷大明神(金貸稲荷)  上白石神社  成田山新勝寺 大本堂  天照皇太神宮  浅間神社  香之谷戸稲荷社  修弘山 一龍院  庭木神社  泉岡一言神社  亀有北向道祖神社  龍原寺  石鎚神社奥宮頂上社  福禄寿 小石川七福神  極楽水  来恩寺  金毘羅大権現 (吉海町本庄)  真栄寺  地蔵尊  眞田神社  屋根神  金龍寺  東林寺  諏訪神社  六嶽神社  住吉神社  豊満寺  雷神社  伊興菅原神社  三光稲荷大明神  東北野神社 

Androidアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください
iPhoneアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください