宇佐神宮  (うさじんぐう)



住所
大分県宇佐市南宇佐2859
五畿八道 令制国
西海道 豊前
地図
※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「神社・お寺情報を編集」ボタンから修正できます。
アクセス
JR日豊本線宇佐 徒歩44分
電話番号
0978-37-0001
FAX番号
0978-37-2748
公式サイトURL
御祭神
【一之御殿】八幡大神 (応神天皇)
【二之御殿】比売大神 (多岐津姫命・市杵嶋姫
命・多紀理姫命)
【三之御殿】神功皇后 (息長帯姫命)
創建・建立
欽明天皇32年(571年、古墳時代)
由来
宇佐神宮は全国八幡社の総本宮である。
八幡大神とは応神天皇の御神霊で欽明天皇の32年(571年)に初めてこの宇佐の地に御示現になり
「われは誉田天皇広幡八幡麻呂なり。我名をば護国霊験威力神通大自在王菩薩と申す」と告げられた。
応神天皇は英明にして、大陸の文化や産業を輸入して新しい国づくりを進められ、八幡大神は神徳も高く、皇室では伊勢につぐ御先祖の神社として崇拝され、特に勅使の和気清麻呂に国体を正す神教を授けたことで有名である。
もとより、この宇佐は神代に比売大神が天降られて早くから開けた処で、宇佐の国造はこの神を奉祀してきた。
また神武天皇御東征の皇軍を迎えた聖地でもあった。(一柱謄宮)
比売大神は、後に筑前の宗像大社や安芸の厳島神社にまつられ、福徳愛敬、交通安全等の守護神として崇められ、また神功皇后は母神として宇佐に祀られ、神人交歓、安産、教育等の神徳も高くあらわれた。
この三殿一徳の八幡宮の御神威は皇室だけでなく一般の人々にも鎮守の神として信仰された。
清和天皇のとき僧行教により、貞観2年(860年)に平安京の鎮護として宇佐の御分霊を祀って石清水八幡宮を創立し、源頼朝は鎌倉幕府の鎮守として鶴岡八幡宮を建てるというように全国に4万社あまりの御分社が次々にまつられた。
また奈良時代の創建とほぼ同じくして、神宮寺彌勒寺を建てられたことにより、国東半島を中心とした六郷満山の仏教文化発祥に多大な影響を与えた。
そもそも八幡信仰は、応神天皇の聖徳をたたえただけでなく、日本固有の神道と外来の仏教に海外の文化や信仰が融合したもので、神事、祭会や建造物、宝物にそのうるわしい姿を遺している。
本殿は国宝で八幡造であるほか、その豪華な檜皮葺丹塗の各社殿は、千古斧を入れない深緑の杜に映えている。
神社・お寺情報
【宇佐神宮本殿】国宝
本殿は南面しており、向って左から一之御殿・二之御殿・三之御殿の三棟が並んでいる。
創紀は、一之御殿が神亀2年(725年)、二之御殿は天平5年(733年)、三之御殿が弘仁14年(823年)である。
現在の本殿は、安政2年(1855年)から文久元年(1861年)にかけて造営され、平成24年から27年にかけて平成の大造営が執り行われた。
三殿とも白壁朱漆柱の華麗な建物で規模はほぼ同じ、切妻造の屋根を二つが造合になっている。
古い神社建築の一つの形式を伝え、八幡造という。

【神輿】
宇佐神宮の神輿は創祀以来国の重大時等に、平城京や大隈・日向までも行幸されたこともあり、現存する神輿は室町将軍・足利義持のときの社寺復興に際し、大内盛見が寄進したものと伝えられている。

【銅鐘】国指定重要文化財
この鐘は朝鮮鐘で、銅部に天女の像が陽刻されている。
朝鮮で造られたものが彌勒寺に寄進されたもの。

【白鞘入剣】国指定重要文化財
長大な堂々とした剣で長さ三尺一寸、両鎬造り。
銘によると後醍醐天皇の皇子である懐良親王が、征西将軍として鎮西を平定されたとき、武運長久を祈願して御奉納になった剣である。
また社僧の神息の刀も名刀である。

【宇佐宮造営指図三幅】国指定重要文化財
上宮仮殿地判指図は鎌倉時代の文治年間(1185年~90年)のもので現存するわが国最古の建築指図である。
室町時代の弥勒寺造営指図、上宮造営指図が指定され、又応永の古図(国指定重要文化財)と共に当事の様子が良く画かれている。

【孔雀文磬】国宝
記年銘をもつ磬としては、わが国第一級の美術工芸的価値をほこる。
承元3年(1209年)、宇佐宮弥勒寺に寺務講師兼石清水社務法眼和尚位祐清が寄進したものである。

【能衣裳と能面】
10月21日に、数百年の昔から能を神前に奉納する行事「神能」が行われ、このときの能面や衣裳が多く保存されている。
現存のものは、細川忠興公が豊前領主のころ寄進したもので、能面は特に秀れた作。

【イチイガシの森に囲まれた丹塗りの神殿】
寄藻川にかかる朱塗りの欄干の橋を渡って参道に入ると、まず黒男神社が見えてくる。
景行天皇から仁徳天皇までの五代の天皇に240余年忠誠をつくして仕えたと伝えられる武内宿禰をお祀りする社で、長寿・忠誠・奉仕など高い御神徳を授けられる。
大鳥居をくぐると右手に“日本三沢“の一つとして知られる初沢池があり、夏には華麗な薄紅色の蓮の花(原始蓮)が咲き乱れる。その横に宝物館が建つ。
ほどなく神宮庁に出、手水舎、応神天皇の御子神を祀る春宮神社、その裏手に須佐之男命を祀る八坂神社があり、西参道に通じる呉橋に至る。
屋根のあるこの呉橋は、鎌倉時代以前からあり、昔呉の国の人が架けたともいわれる。
うっそうと繁るイチイガシの杜。
本宮に通じる石段の上にひときわ鮮やかに大鳥居が建ち、参拝者の目を奪う。
大鳥居下の参道を右に行くと下宮に出る。
御祭神は上宮と同じで、嵯峨天皇の弘仁年間に勅願によって造宮使を御差遣、上宮の御分神を鎮祭になったもので、農業と関係が深い。
宮迫へ続く南参道をしばらく歩くと、鬼の百段で知られる南大門があらわれる。
石段を登りきると、国宝の宇佐神宮本宮が静かに鎮座されている。
勅使門を中心に回廊が巡り、その内側に御本殿がある。
向かって左から一之御殿・二之御殿・三之御殿と並ぶ八幡造の均勢のとれた姿は檜皮葺の屋根、丹塗りの各社殿、純白の壁など、色彩の妙とあいまって、八幡総本宮にふさわしい威容を示されている。
また、祀られる八幡大神、比売大神、神功皇后の脇殿となる春日神社、北辰神社、住吉神社も鮮やかな中にもつつましくたたずむ。
春は陽光に、夏は蝉しぐれに、秋は紅葉に、冬は雪化粧に、四季を通じて心を豊かに導くこの杜に、遠近からの参拝者は後を絶たない。
本宮から西大門、宇佐鳥居をくぐって若宮神社に出る。
西大門は文禄の頃改築されたといわれ、以来この桃山風の華麗な構造で、国宝の本殿や勅使門などとともに宇佐神宮を象徴する建物となっている。
西大門前の宇佐鳥居は、宇佐宮古来の形式を持つ鳥居であり、額束がなく台輪を柱上に置く姿は宇佐鳥居の規格となるものである。
応神天皇の若宮であられる大鶺鴒命(仁徳天皇)外皇子を奉斎している若宮神社を経て石段を下るともとの参道に出る。
手水舎から右に折れると参拝者の休憩所としても使われる絵馬堂が、桜、藤に囲まれて建っている。
その横には、八幡大神が御顕現された霊池菱形池があり、藻を浮かべる水面には能楽殿がその優雅な姿を映している。
亀山の北にある頓宮は、夏の御神幸祭のときの御旅所にあたる社殿である。
なおしばらく歩くと、護皇神社、和気清麻呂公碑、大尾神社が建つ大尾山につく。
護皇神社は、法皇の位から帝位をも奪わんとする弓削道鏡の野望を、八幡神の「無道の者は早く掃除せよ」という御神勅を天皇に奏上した勅使の和気清麻呂公を御祭神として祀っている。
大尾神社はその和気清麻呂公が国体擁護の御神教を授かった聖蹟として知られている。
その大尾山に立つとき、古代からの営々とした信仰への熱い息吹に思いをよせないではいられない。
これらの神社のほか大山積命を祀る亀山神社、大隈日向の隼人の霊を祀る百體神社、平野神社、善神王神社、八子神社、椎宮神社、水分神社等がこの神域の杜にたたずむ。
また、国東を中心とした六郷満山の仏教文化の隆盛を誇った神宮寺彌勒寺跡も、西参道一帯にのこり、歴史の重さを今に伝えている。
神紋・寺紋
三つ巴
更新情報
【 最終 更新者】ゆっきー
【 最終 更新日時】2018/12/27 21:55:41
 
自分の参拝・御朱印記録
まだ登録されていません
みんなの参拝記録
みんなのおすすめ度  4.6
参拝日:2018年2月14日
(のりとくさん)
おすすめ度: ★★★★★

5
参拝日:2018年1月3日
(のぶちゃんさん)
おすすめ度:

5
参拝日:2018年7月15日
(TOSHIさん)
おすすめ度: ★★★★★

3
参拝日:2016年10月7日
(ゆきさん)
おすすめ度:

3
参拝日:1988年5月6日
(支那虎さん)
おすすめ度: ★★★★

2
参拝日:2018年10月28日
(みことさん)
おすすめ度: ★★★★★

1
参拝日:2018年10月1日
(ryuさん)
おすすめ度: ★★★★★
境内の散策で半日掛かる 観光用飲食店あり 動物多数、鴨、鳩、亀、鯉、馬、猫、

1
参拝日:2018年9月16日
(エダサンゴさん)
おすすめ度: ★★★★★
広大な敷地で古木からパワーを頂けます。 気がします。

1
参拝日:2018年9月15日
(かんちゃんさん)
おすすめ度: ★★★
広いお宮さん。 霊感の強い人は注意。 感度が凄すぎです。

1
参拝日:2018年9月1日
(たろささん)
おすすめ度: ★★★★★

1
みんなの御朱印
御朱印日:2019年2月11日
(ゆーたんさん)
御朱印日:2019年2月11日
((=∵=)/さん)
御朱印日:2019年1月25日
(kojiさん)
御朱印日:2019年1月25日
(菊凜さん)
御朱印日:2019年1月13日
(NAOMIさん)
御朱印日:2019年1月1日
(kei- sugarさん)
さすがに元旦人が多かったですねえ。
御朱印日:2018年12月23日
(ちえさん)
御朱印日:2018年12月2日
(風祭すぅさん)
六郷満山霊場 1番札所
御朱印日:2018年12月2日
(風祭すぅさん)
六郷満山 1番札所
御朱印日:2018年11月24日
(とっちゃんさん)
このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

長楽寺  龍昌寺  堂島薬師堂  氏神神社  神明神社  赤堂稲荷大明神  菅原神社  諏訪神社  高尾山薬王院  一心院  八千矛山大国主神社  石見八幡宮  中川氷川神社  玉津嶋神社 (地黄町)  穴沢天神社  川床神社  白崎八幡宮  稲荷神社(葛飾区鎌倉)  鎌足神社  円通寺  東京大神宮  熱田神宮  猿田彦神社  尼寺厨神社  白山姫神社 (尼寺)  松原道祖神社  剣主神社 (大宇陀区半阪)  恵美須神社  白髭神社 (大宇陀区馬取柿)  大埼川邊神社  大本山 鷲山寺  富士神社・厳島神社  蚕守稲荷神社  浄土院  石鎚神社福山城遥拝所  錦秋稲荷大明神  浮島神社  皆生温泉神社  地蔵尊  六地蔵尊  浄土寺 地蔵尊  地蔵尊  板蓋地蔵尊  安倍文殊院 不動堂  国府宮神社  高瀬神社  田県神社  金屋の石仏  御津神社  地蔵尊  三体小摩崖仏  黄金持神社  神崎稲荷大明神(金貸稲荷)  上白石神社  成田山新勝寺 大本堂  天照皇太神宮  浅間神社  香之谷戸稲荷社  修弘山 一龍院  庭木神社  泉岡一言神社  亀有北向道祖神社  龍原寺  石鎚神社奥宮頂上社  極楽水  来恩寺  金毘羅大権現 (吉海町本庄)  真栄寺  屋根神  金龍寺  東林寺  諏訪神社  六嶽神社  豊満寺  雷神社  伊興菅原神社  三光稲荷大明神  島氷川神社  往丸稲荷大明神  塩屋神社  円浄寺  素盞嗚神社 (成願寺町)  櫃蔵神社  姫宮神社  若宮八幡宮 御仮屋(頓宮)  須佐能袁神社 お旅所(仮宮)  龍眼寺 延命地蔵尊  吉祥院  安楽寺  発心門王子  甲斐國一宮浅間神社  神龍八大龍王  井伊社  熊野江神社  阿蘇天神社  市振神社  古江神社  上伊福形神社  素盞嗚神社 (天理市兵庫町)  大前神社 

Androidアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください
iPhoneアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください
 

大好評!! スマホで神社がいいねを使うなら、アプリがおすすめ!