埼玉県さいたま市緑区東浦和5-20-2 大間木氷川神社の写真1
埼玉県さいたま市緑区東浦和5-20-2 大間木氷川神社の写真2
埼玉県さいたま市緑区東浦和5-20-2 大間木氷川神社の写真3
埼玉県さいたま市緑区東浦和5-20-2 大間木氷川神社の写真4
大間木氷川神社  (おおまぎひかわじんじゃ)  3.4
埼玉県さいたま市緑区東浦和5-20-2

みんなの御朱印

自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

大きな神社。 俺が神社に向かうと、参拝を終えた少年が参道を歩いてて、鳥居を潜るとチョコンとお辞儀してた。 俺が彼の歳だった時は絶対にそんなことしてなかったな。 将来有望だぞ、君は。 たぶん。
(りんごぐみさん)
おすすめ度: ★★★
1 52 0 参拝日:2020年12月6日 14:01
(thonglor17さん)
おすすめ度: ★★★
0 18 0 参拝日:2021年11月23日 09:32
(生臭坊主さん)
おすすめ度:
0 1 0 参拝日:2021年11月12日 12:24
(ロビンさん)
おすすめ度:
0 33 0 参拝日:2021年2月21日 10:05
(aoronさん)
おすすめ度: ★★★
0 49 0 参拝日:2020年11月7日 14:14
(tkyomさん)
おすすめ度:
0 39 0 参拝日:2020年10月31日 06:41
(ロビンさん)
おすすめ度:
0 61 0 参拝日:2020年3月1日 15:29
(ずっくさん)
おすすめ度: ★★★★★
0 1 0 参拝日:2019年3月30日 00:00
(miyumikoさん)
おすすめ度: ★★★
0 59 0 参拝日:2018年7月4日 00:00

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所
埼玉県さいたま市緑区東浦和5-20-2
五畿八道 令制国
東海道 武蔵
アクセス
JR武蔵野線東浦和 徒歩4分
御朱印授与時間
電話番号
048-873-3503
FAX番号
公式サイトURL
御祭神
 素盞嗚尊(すさのおのみこと)
創建・建立
不詳
由来
当社の創建年代は不詳であるが、旧別当寺三光院の先祖がこの地に土着して当社の祭祀を司るようになったものと思われ、三光院で所蔵していた笈が室町時代の漆工芸晶であることから当社の創建も室町時代であると推測される。
さいたま市指定文化財になっている一間流造りの当社本殿は、「神社明細帳」には、寛文7年(1667 )に武蔵国一宮氷川神社の造替にあたり、旧本殿を買い受けて建立したとある。
なお、いつのころか稲荷社二社と石神井社を当社に合祀したという。
神社・お寺情報
水盤 文政八乙酉九月吉日(1825)
燈籠 天保七丙申歳正月吉日(1836)

境内碑
大間木氷川神社
竣工記念碑
浦和市長 相川宗一書
本殿復興の記
大間木氷川神社本殿は、武蔵一宮大宮氷川神社旧本殿を寛文七
年(一六六七)に譲り受け建立したとされる優れた建築で、昭
和四十七年に浦和市の文化財に指定された。以来、その保護に
つとめてきたが、平成五年七月七日、拜殿火災に際し焼損を受
けた。しかし、復元可能との判断から、指定解除は免れ、浦和
市、神社、氏子が力を合わせ不退転の決意で復興の道を歩むこ
ととなり、平成七、八年度において浦和市の助成と指導を受け
解体、復元の工事を進めた。
そして平成八年十一月二十六日見事に竣工、三百有余年前の姿
がよみがえった、その際、寛文七年の棟札の発見もあり、文化
財としての価値もさらに高まった。なお、本殿の保全と神域の
威厳を保つため、引き続いて周辺の整備を行った。
ここに、この本殿が永遠に伝えられることを願い、その概要を
記すものである。
大間木氷川神社再建委員会
平成九年六月吉日

境内掲示板
浦和市指定有形文化財(建造物)
大間木氷川神社本殿 一棟
 指定年月日 昭和四十七年四月十九日
 この本殿は、「神社明細帳」には、寛文七年(一六六七)、武蔵国一宮氷川神社(大宮市)の造替にあたり、旧本殿を買受けて建立したとある。さらに、平成七年の修理の際、寛文七年二月、氷川大明神一宇を造立した旨が記された棟札が見つかり、この地での建立時期を明らかにすることができた。
 本殿は、一間社流造り、屋根、旧・こけら葺き(現・こけら葺き形銅板葺き)で、桁行二・五六メートル、梁間二・四五メートルの身舎に奥行一・九六メートルの向拝がつく。土台上に立ち、身舎柱は円柱(縁より下は八角形)で、長押、頭貫、腰貫で固め、柱上は連三斗組となる。中備は蟇股で、正面は鳳凰、左右は牡丹の彫刻である。柱間は、正面が幣軸に板唐戸、他の三面が横嵌板となる。正面および両側面は浜縁がめぐり、脇障子、高欄がつく。妻飾りは、虹梁・太瓶束式である。向拝柱は、大面取りの角柱で、身舎柱とは海老虹梁で繋がれている。向拝柱には、絵様木鼻のある水引虹梁を架し、柱上連三斗組、中備は蟇股で、竹に虎の彫刻がある。正面に五級の木階を設け、向拝柱の前面に大床を張る。軒は二重の繁棰で、飛檐棰は先端に反り増しが見られる。
 平成五年七月、拝殿の火災で罹災し、大きく焼損したが、平成七・八年にかけて浦和市の補助事業として根本修理を施し、寛文期の姿に復した。
 この本殿は、武蔵国一宮の旧本殿と考えられる貴重な遺構であり、建立年代を明らかにし、規模大きく、意匠も優れた建築として、極めて保存価値が高いと言える。
 平成八年十一月
  浦和市教育委員会
  氷川神社

境内掲示板
赤山街道
 所在地 浦和市大字大間木
 赤山街道は、関東郡代の伊奈氏が寛永六年(一六二九)に陣屋を構えた赤山(川口市赤山)に向かう街道であった。街道の起点は与野市あたりと考えられ、浦和市内の木崎・三室。尾間木地区から八丁堤を通って赤山に通じていた。
 伊奈氏は、清和源氏の流れを汲む武人で、信州伊奈に住んだことから伊奈氏を称した。その後三河に移り松平氏、徳川家康に仕え、家康の関東入国後、伊奈氏は小室(伊奈町)、鴻巣などに一万石を領し、小室や土屋(大宮市)などに陣屋をおいて累代治水事業に力を注いだ。
 三代目半十郎忠治は、関東郡代となり、また勘定奉行も兼ね、赤山領七千石を拝領し、赤山に陣屋を移した。忠治は治水、灌漑、新田開発に力を入れ、特に利根川、荒川の大改修を行い、寛永六年には八丁堤を築き見沼溜井造成に着手した。
 現在、赤山街道は与野市や浦和市内で赤山横町とか赤山通りと呼ばれ、歴史と生活が結びついた道路となっている。
 昭和五十八年三月
  埼玉県
神紋・寺紋
未登録
更新情報
【 最終 更新者】thonglor17
【 最終 更新日時】2021/11/23 17:49:28
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

稲荷社

埼玉県さいたま市緑区東浦和5-2
(0.47 km)

稲荷社(東浦和)

埼玉県さいたま市緑区東浦和6丁目10−7
(0.55 km)

大北稲荷神社

埼玉県さいたま市緑区東浦和3-21-1
(0.65 km)

氷川女体社

埼玉県さいたま市緑区大間木1522
(0.66 km)

埼玉県さいたま市緑区大字大間木1922−1
(0.67 km)

稲荷社

埼玉県さいたま市緑区大間木1914
(0.74 km)

神社(名称不明)

埼玉県さいたま市緑区東浦和6-17
(0.77 km)

大牧氷川女體神社

埼玉県さいたま市緑区東浦和6-23
(0.86 km)

神明社(緑区東浦和)

埼玉県さいたま市緑区東浦和2-48(明神社境内)
(0.86 km)

稲荷神社(東浦和明神社境内社)

埼玉県さいたま市緑区東浦和2-48-2
(0.86 km)
このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

石祠 七福神神社付近  稲荷神社  石祠  徳雲寺の裏(?)  オテンノーサン  石祠 観音寺裏山  大漁稲荷神社(大山祇神社境内社)  稲荷社 観音寺本堂内  白山社・金比羅社・秋葉社 観音寺裏山  稲荷神社(仙臺大神宮)  石祠 大平石切場  玉光稲荷大明神  福神社(貴船神社境内)  八所御霊神社  石祠  智音神社境内  水神さん  東高野山弥勒院 医王寺  野神神社 (西大寺野神町)  十五所神社  田尻の道祖神(No186)  柄沢の道祖神(No184)  清田ヶ谷の道祖神(No181)  明光寺  公所の道祖神(No170)  南谷戸の道祖神(No156)・馬頭観世音  中分の道祖神(No154)  下分の道祖神(No153) 本照寺山門下左  砂場の道祖神(No149)  庚申塔  児童館・十二天神社前の石仏  及川の道祖神(No127)   加住町神明神社  才戸の道祖神(No111)  上之段八幡神社  佐保姫神社・桜七所明神社  河鹿沢の道祖神(No70) 石塔群  大畑の道祖神(No65)  稲荷社 会社敷地内  船子の道祖神(No49) 八幡神社境内  温水の道祖神(No40)  温水第二自主防災倉庫脇  温水の道祖神(No39)  春日大社参道脇  中清戸五稲荷大明神  鷹部屋稲荷神社  貞光両神社  厳島神社  箱田稲荷神社  白山神社(大原)  白坂神社  稲荷神社(西堀氷川神社)  大神宮 (山の神 愛名)  浅間神社遥拝所  東大沢天満宮  九社殿(石祠)・石祠  (福昌寺境内)  祓戸稲荷神社(蒲神明宮境内)  五社稲荷神社(蒲神明宮境内)  厳島神社(蒲神明宮境内)  秋葉神社(蒲神明宮境内)  馬頭観世音(No35)  大幡護国神社(八幡神社境内)  金毘羅大権現(八幡神社境内)  馬頭観世音(No25)  御前柳神社  三社(城上神社)  金刀比羅宮(大歳神社)  地神塔(No2) (山王社境内?)  地神塔(No7)  水神塔(No15) (個人宅)  褒忠社(吉香神社)  本村稲荷大明神  子者清水神社  龍玄院  稲荷神社  六丁目の庚申塔(No50)・地神塔(No4)  金刀比羅神社(小野八幡神社)  巳神社(小野八幡神社)  白玉国高稲荷大明神(小野八幡神社)  一番河原の庚申塔(No32,33)  真鯨の庚申塔 (No28)  宮前の道祖神(No115)  下河内の道祖神(No121) (個人宅庭)  月ノ浦の道祖神(No90)  稲荷宮  第六天宮  下・中道の道祖神(No85~87)  上河内橋際の道祖神・庚申塔(No62,63)  東屋敷の道祖神(No48)・お釈母神様のお堂  東屋敷の道祖神(No49)  稲荷社  いちがん不動尊  増富稲荷神社  神社  久久能智神社  東屋敷の道祖神  稲荷社(有馬稲荷神社)  西山王原山の道祖神(No45) (山王社入口  湯山稲荷大明神  西屋敷の道祖神(No44)  福島稲荷大明神  稲荷森の道祖神(No42,43)  河原宿赤松原の道祖神(No.41)  南田の道祖神(No40) (東興寺の南西) 

何を投稿しますか?