大分県別府市朝見2-15-19 八幡朝見神社(温泉神社 合祀)の写真1
大分県別府市朝見2-15-19 八幡朝見神社(温泉神社 合祀)の写真2
大分県別府市朝見2-15-19 八幡朝見神社(温泉神社 合祀)の写真3
大分県別府市朝見2-15-19 八幡朝見神社(温泉神社 合祀)の写真4
大分県別府市朝見2-15-19 八幡朝見神社(温泉神社 合祀)の写真5
大分県別府市朝見2-15-19 八幡朝見神社(温泉神社 合祀)の写真6
大分県別府市朝見2-15-19 八幡朝見神社(温泉神社 合祀)の写真7
大分県別府市朝見2-15-19 八幡朝見神社(温泉神社 合祀)の写真8
大分県別府市朝見2-15-19 八幡朝見神社(温泉神社 合祀)の写真9
大分県別府市朝見2-15-19 八幡朝見神社(温泉神社 合祀)の写真10
大分県別府市朝見2-15-19 八幡朝見神社(温泉神社 合祀)の写真11
八幡朝見神社(温泉神社 合祀)  (はちまんあさみじんじゃ)  4.1
大分県別府市朝見2-15-19

みんなの御朱印

祝日限定御朱印「こどもの日」です。
(kei- sugarさん)
2 0 御朱印日:2022年5月5日 15:20
限定御朱印🥺✌️ 4/30~5/5まで
(おいずさん)
1 0 御朱印日:2022年5月5日 11:11
祝日限定御朱印「みどりの日」です。
(kei- sugarさん)
3 0 御朱印日:2022年5月4日 12:20
限定御朱印🥺✌️ 4/30~5/5まで
(おいずさん)
0 0 御朱印日:2022年5月4日 00:00
限定御朱印🥺✌️ 4/30~5/5まで
(おいずさん)
3 0 御朱印日:2022年5月3日 00:00
季節限定御朱印の「新緑」です。
(kei- sugarさん)
3 0 御朱印日:2022年4月30日 13:40
限定御朱印🥺✌️ 4/30~5/5まで
(おいずさん)
0 0 御朱印日:2022年4月30日 00:11
祝日限定御朱印「昭和の日」です。
(kei- sugarさん)
0 0 御朱印日:2022年4月29日 13:00
季節限定御朱印の「桜」です。
(kei- sugarさん)
3 0 御朱印日:2022年3月27日 15:15
祝日限定御朱印「春分の日」です。
(kei- sugarさん)
9 0 御朱印日:2022年3月21日 10:25

自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

(のぶちゃんさん)
おすすめ度:
3 112 0 参拝日:2018年1月4日 00:00
(TOSHIさん)
おすすめ度: ★★★★
2 128 0 参拝日:2018年7月16日 00:00
別府温泉の総鎮守、八幡朝見神社です。 温泉神社が合祀されています。 火の神、水の神、薬の神で温泉神社とはなるほどだね😊 手水舎には御神水の萬太郎清水が湧いています。 不治の病の父親が孝行息子萬太郎が汲んできた朝見の清水を飲むと、たちまち全快したという伝説です。 可愛いお守りもたくさんあります。イイね👍
(yukiさん)
おすすめ度: ★★★★★
1 59 0 参拝日:2021年6月11日 11:38
パワースポットの夫婦杉がありました! とても迫力があった!
(神社レンジャーさん)
おすすめ度: ★★★★
1 88 0 参拝日:2020年10月18日 12:06
(coconoskeさん)
おすすめ度:
1 1 0 参拝日:2020年1月1日 12:29
(たろささん)
おすすめ度: ★★★★
1 1 0 参拝日:2019年2月28日 00:00
(いちくみさん)
おすすめ度: ★★★★★
1 115 0 参拝日:2019年1月4日 00:00
(たろささん)
おすすめ度: ★★★★★
1 1 0 参拝日:2017年9月16日 00:00
(kei- sugarさん)
おすすめ度: ★★★★★
0 1 0 参拝日:2022年5月5日 15:20
(kei- sugarさん)
おすすめ度: ★★★★★
0 1 0 参拝日:2022年5月4日 12:20

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所
大分県別府市朝見2-15-19
五畿八道 令制国
西海道 豊後
アクセス
別府ラクテンチケーブル線雲泉寺 徒歩11分
御朱印授与時間
電話番号
0977-23-1408
FAX番号
0977-22-7598
公式サイトURL
御祭神
【八幡朝見神社】
大鷦鷯尊(おほさざきのみこと)
誉田別命(ほむだわけのみこと)
足仲彦命(たらしなかつひこのみこと)
気長足姫命(おきながらたらしひめのみこと)

【合祀(温泉神社)】
大歳神(おおとしのかみ)
迦具土命(かぐつちのみこと)
大穴牟遅命(おおなむちのみこと)
少彦名命(すくなひこなのみこと)
創建・建立
建久7年(西暦1196年)
由来
【八幡朝見神社】頒布由緒
創立は建久7(1196)年に鎌倉の鶴岡八幡宮より御分霊を受けたのが始まりである。
御祭神は、大鷦鷯尊(仁徳天皇)・誉田別命(応神天皇)・足仲彦命(仲哀天皇)・気長足姫命(神功皇后)・大穴牟遅命・少彦名命・迦具土命・大歳神の八柱をお祀りしている。
創建当時は、龍ヶ岡(現在の乙原)に鎮座していたが、正平3(1348)年の鶴見山の噴火の際、御神殿を現在の朝見の地へとお遷しした。
その後、慶長3(1598)年、別府湾に震災が起こり、御本殿や什宝旧記の多くが壊滅した。
しかし、寛文10(1670)年に御社殿が再興され、元禄9(1696)年に御神殿と楽堂が、文化11(1814)年には拝殿と回廊が次々と造営されている。
そして大正11(1922)年に、御社殿の大改築が、昭和2(1927)年には、斎殿と能楽殿が新築される。
昭和36(1961)年には、別表神社となり旧官国弊社に同格となる。
戦後、温泉神社を合祀して、名実ともに別府温泉の守護神となり、平成8(1996)年には御創建800年を迎える。
御神徳は必勝守護・厄除け・交通・家内安全など多方面にわたり私達をお守り頂いている。
境内には、樹齢千年を超える大楠木、夫婦で2本の木の間を通ると結ばれるといわれている夫婦杉、参拝の際にその石を踏むと大変縁起が良いとされる瓢箪石と盃石、健康長寿とされる萬太郎清水などがある。

【温泉神社】頒布由緒
大正8(1919)年に、朝見の大歳神を祀る長谷社と、山下の迦具土命を祀る愛宕社を合併奉祀して創建された神社である。
かつては、旧別府公園(現在の青山幼稚園付近)にあり、御祭神は、大歳神・迦具土命に大穴牟遅命・少彦名命が合祀されていた。
この四柱の中で大穴牟遅命(大国主命)と少彦名命の二柱が、別府温泉のすばらしさを見出したという話しがあり、『伊予風土記』という神話の中に書かれている。
その中に、少彦名命が伊予で病気になった時、大国主が別府より湯を引き、湯を浴びせた所、たちまち元気になり、その後、道後温泉は温泉が湧き続け、病に悩む人たちを救っているという話しがある。
そして「道後温泉の湯は別府があったからだ」という言葉があるくらい、別府の湯けむりは壮大で、古代の人たちにもあこがれの的だったとされる。
さて、温泉神社の四柱のお役目や意味だが、けして、便宜上一緒にお祀りしてきた訳では無い。
大歳神は、農耕の神で水、迦具土神は、火結之神こと火迦具土命で火の神とされる。
大穴牟遅命は大穴、すなわち洞窟の神・火山噴火の神で、大国主の別名であり国土づくりの神、少彦名命は、医の神・薬の神で、温泉に効薬があることを自分の体をもって示した神様である。
つまり、これは『水の神』『火の神』『薬の神』を合祀して『温泉の神』としたという事になる。
現在では社殿はすでに無く、御神体と神輿は、八幡朝見神社に合祀されている。
これにより、八幡朝見神社は名実ともに、別府温泉の守護神になったのである。
神社・お寺情報
当社に合祀された温泉神社は、同市内の御幸(鉄輪温泉)に鎮座する「温泉神社」とは由緒が異なり所縁は無い。
所謂、鉄輪「温泉神社」の御朱印を当社で授与しているが如くの口コミをWeb上で見掛けるが、当社が授与している御朱印は合祀された「温泉神社」のものである。
神紋・寺紋
左三つ巴
更新情報
【 最終 更新者】松
【 最終 更新日時】2020/11/10 18:29:44
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

妙見神社  香川出雲神社  成香神社  霧島神社  月浦八幡神社  厳島社(宇治上神社 末社)  香椎社(宇治上神社 末社)  住吉社(宇治上神社 末社)  春日神社(宇治上神社 摂社)  武本稲荷社(縣神社 内)  櫻八幡神社  大和八幡神社  川崎土場神社  柏木神社  宝物殿(八幡宮 境内)  稲荷社(若林八幡宮 境内)  秋葉社(八幡宮 境内)  津島社(若林八幡宮 境内)  八王子神社  稲荷社(須佐神社)  三穂社(須佐神社)  東末社(須佐神社)  西末社(須佐神社)  天神社  稲荷社  筑紫社・和田津見社  若宮社・今宮社・秘社(美保神社)  宮御前社・宮荒神社・船霊社・稲荷社(美保神社)  恵美須社(美保神社)  稲荷神社  山之神  水種稲荷神社  秋葉神社  富士浅間神社奥社  吾妻神社  秋葉八坂神社  三社神社(八柱神社 境内)  三武神社(久奈子神社)  お福神社  宝龍神社  白龍神社(白龍園)  伏見稲荷  伊邪那美神社(熊野大社)  荒神社(熊野大社)  稲荷神社(熊野大社)  伊勢社(神魂神社)  武勇社(神魂神社)  荒神社(神魂神社)  稲荷社・貴布禰神社(神魂神社)  伊勢宮(八重垣神社)  手摩乳神社(八重垣神社)  貴布禰神社(八重垣神社)  高場山 徳常院  豊森稲荷  極楽寺  玉峯寺  玉峯寺  妙観寺  正覚寺  来迎寺  金鑚神社の奥宮  忠猫神社  紅冨台寺  八坂神社(八幡神社)  愛宕神社(八幡神社)  大物主神社  山神神社  大王龍神  戸隠神社(伊勢神社)  出雲神社(伊勢神社)  厳島神社(伊勢神社)  薬師神社(伊勢神社)  八幡神社(伊勢神社)  野中寺 大師堂  陰陽石神社  天満宮  秋葉神社  東照宮(宇都宮二荒山神社)  春埜山御社(白山神社 境内)  天王宮津島神社(蜂前神社 境内)  八幡神社(蜂前神社 境内)  玉津嶋明神神社(蜂前神社 境内)  若宮神社(蜂前神社 境内)  辯天宗総本山 如意寺  津島神社(須倍神社 境内)  金刀比羅神社(豊浦神社境内社)  津軽赤倉山神社  神明神社  天之岩屋比売神社  一柱騰宮  稲荷神社(城山稲荷神社)  推恵・熊野・稲荷神社(城山稲荷神社)  秩父今宮神社  猿投神社東の宮  春日神社(八坂神社)  龍宮之宮  藤之宮神社  白髭社(貴船神社)  招魂社(宝登山神社境内社)  寶玉稲荷神社(宝登山神社境内社) 

何を投稿しますか?