東京都江東区富岡1-17-13 成田山 東京別院 深川不動堂の写真1
東京都江東区富岡1-17-13 成田山 東京別院 深川不動堂の写真2
東京都江東区富岡1-17-13 成田山 東京別院 深川不動堂の写真3
東京都江東区富岡1-17-13 成田山 東京別院 深川不動堂の写真4
東京都江東区富岡1-17-13 成田山 東京別院 深川不動堂の写真5
東京都江東区富岡1-17-13 成田山 東京別院 深川不動堂の写真6
東京都江東区富岡1-17-13 成田山 東京別院 深川不動堂の写真7
東京都江東区富岡1-17-13 成田山 東京別院 深川不動堂の写真8
東京都江東区富岡1-17-13 成田山 東京別院 深川不動堂の写真9
成田山 東京別院 深川不動堂  (なりたさん とうきょうべついん ふかがわふどうどう(ふかがわふどうそん))  4.3
東京都江東区富岡1-17-13

みんなの御朱印

(ともろうさん)
1 0 御朱印日:2022年6月23日 15:40
(ふみこさん)
3 0 御朱印日:2022年6月19日 15:59
(ジェリーさん)
2 0 御朱印日:2022年6月4日 00:00
(ふうりんパパさん)
2 0 御朱印日:2022年5月25日 00:00
(ゆかりさん)
5 0 御朱印日:2022年5月6日 18:29
(あさひなさん)
4 0 御朱印日:2022年5月3日 11:09
(ゆかりさん)
1 0 御朱印日:2022年4月8日 08:18
(ちゃゆさん)
5 0 御朱印日:2022年4月3日 13:30
(なまむぎさん)
6 0 御朱印日:2022年3月3日 00:00
(ひろさん)
3 0 御朱印日:2022年2月26日 00:00

自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

(支那虎さん)
おすすめ度: ★★★★
3 165 0 参拝日:2017年9月11日 00:00
(マックスさん)
おすすめ度:
2 162 0 参拝日:2017年10月28日 00:00
(nonnkiさん)
おすすめ度: ★★★★
2 171 0 参拝日:2017年10月21日 00:00
(幕張鴎さん)
おすすめ度:
2 176 0 参拝日:2017年9月16日 00:00
(NIKOさん)
おすすめ度:
2 3 0 参拝日:2017年4月10日 00:00
(NIKOさん)
おすすめ度:
2 7 0 参拝日:2017年4月10日 00:00
(曖さん)
おすすめ度:
2 7 0 参拝日:2011年2月6日 00:00
趣があり、立派なお寺でした。
(ロカさん)
おすすめ度: ★★★★
1 57 0 参拝日:2021年10月20日 09:00
歴史ある雰囲気で、外壁の文字が特徴的でした。
(トカさんさん)
おすすめ度: ★★★★
1 69 0 参拝日:2021年10月20日 00:00
(オトギリルさん)
おすすめ度: ★★★★★
1 100 0 参拝日:2021年2月22日 12:00

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所
東京都江東区富岡1-17-13
五畿八道 令制国
 
アクセス
東京メトロ東西線門前仲町 徒歩2分
御朱印授与時間
電話番号
03-3641-8288
FAX番号
03-5245-2728
公式サイトURL
御本尊
不動明王
宗派
真言宗智山派
創建・建立
元禄16年(1703年)
由来
深川不動堂は、千葉県成田市にある大本山成田山新勝寺の東京別院です。古くより「深川のお不動様」と親しまれて参りました。その開創は元禄16年と伝わり、成田山の御本尊を江戸に奉持し特別拝観したことに始まります。この御尊像は、弘法大師自らが敬刻開眼されたと言われており、現在深川不動堂で奉祀する御本尊はその御分霊を勧請した、御分身であります。成田山別院の嚆矢として法燈は今も守り継がれ、日々皆様の諸願成就をご祈念いたします。
 成田山新勝寺(以下「成田山」)の歴史は古く、御本尊の不動明王像は平安時代の初め、嵯峨天皇の勅願により弘法大師自らが敬刻し開眼したものと伝わります。その後は長らく京都の高雄山神護寺に奉安されていました。この御尊像が、はるか東国の下総国成田に遷座されることになったのは、朱雀天皇の天慶2年(939)に起こった「将門の乱」のときです。朝廷は真言宗の高僧寛朝大僧正に神仏の力による将門の調伏を命じました。そこで寛朝大僧正は、神護寺の不動明王像を奉持し、現在の成田の地に不動明王像を祀り調伏の護摩を修したのであります。 乱が治まり、寛朝大僧正は不動明王像を奉じて京都へ戻ろうとしますが、御尊像は根が生えたように動きません。そして不動明王は、「我再び王城へ帰ることを欲せず、永くこの地にとどまりて東国の鎮護とならん」と寛朝大僧正に告げたといいます。これを聞いた朱雀天皇は、この地に堂宇を建立させて東国の霊場とし、「成田山神護新勝寺」の寺号を下賜することとなりました。こうして成田山は創建されたのであります。 成田山が庶民信仰の対象として高い人気を得るようになったのは、江戸時代の中期です。ひとつには、生活にゆとりのできた商人が盛んに成田詣をするようになった一方、歌舞伎の市川團十郎丈が成田人気に拍車をかけます。子供に恵まれなかった初代團十郎が成田山の不動明王に祈願し、二代目團十郎を授かって以来、市川家は代々篤く成田山を信仰し、屋号を「成田屋」と称するほどで、「成田不動尊利生記」など成田山のご利益を物語った芝居を上演して大当りをとったといいます。

 そうしたことと相まって、成田山の不動信仰は江戸庶民の中に広く浸透していきました。江戸庶民の人気に支えられ、元禄16年(1703)に第一回目の出開帳が富岡八幡宮の別当寺である永代寺で行われました。本尊の不動明王像を成田山から運び、江戸の人々に公開したのであります。これには、5代将軍綱吉の生母桂昌院も参拝しました。一説には、成田不動尊の尊信篤き桂昌院が、護国寺の高僧隆光を動かし出開帳を実現させたともいわれます。以来出開帳はたびたび行われ、大勢の江戸っ子が押し寄せ大いに賑わったと伝えられております。不動信仰はますます盛んになる中で、信徒講社が結成されました。一つは日本橋の魚市場、米屋町を中心とした深川佐賀町の米市場、木場、蛤町の講社であり、もう一つは蔵前の札差、米問屋に加え、俳優・花柳界・鳶からなる浅草方面の講社でした。
 明治元年(1868)に神仏分離令とそれにもとづく廃仏運動のなかで、信徒講社は永続的な御旅所確立のために深川移転説を主張し、成田山当局にも熱心に働きかけました。その結果、旧来しばしば出開帳を行った特縁の地である現在地に、不動明王御分霊が正式に遷座されたのであります。「深川不動堂」の名のもとに堂宇が完成したのは、それから13年後の明治十四年(1881)のことでした。
 大正12年、未曾有の大震災である関東大震災が東京を襲います。幸い御本尊及び諸仏は役僧によって運び出され難をのがれたものの、諸堂伽藍は全て焼失してしまいました。数年間境内整備もままならず仮本堂の状態が続きましたが、ご信徒の熱望と寄せられた浄財により、昭和3年(1928)本堂が再建され盛大な入仏供養記念開帳が執行されたのであります。ところが、昭和20年(1945)の東京大空襲により再び東京は火の海に包まれてしまいます。深川はまったくの焼け野原となり、不動堂の堂宇もことごとく灰燼に帰しました。このときも御本尊は役僧達の必死の努力により焼失を免れ、いったん成田山の光明堂へ遷座されることとなりました。

 再建に向け、成田山には「深川不動堂本堂建立事務局」が開設され、着々と準備が進んでいきました。しかし占領下の日本では、建築面積等に制限があり、計画通りの本堂を建立することができません。そこで、千葉県印旛郡の天台宗龍腹寺地蔵堂を移築するという計画が検討され、成田山側と龍腹寺側による話し合いの末、譲渡寄進が決定しました。建物は、成田山工務課により解体され、深川へ運ばれました。昭和25年ついに本堂の上棟式が執り行われ、深川不動堂は甦ったのであります。その後、ご信徒皆様の多大なご信助を賜り平成14年に内仏殿が落慶、平成24年9月には新本堂が落慶しました。こうして、不動明王の広大無辺の威徳と成田山別院としての嚆矢たる法燈は今も脈々と受け継がれているのです。
神社・お寺情報
別称:深川不動尊
札所:関東三十六不動・第20番
神紋・寺紋
葉牡丹
更新情報
【 最終 更新者】zx14r
【 最終 更新日時】2022/04/16 12:28:03
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

不動堂  瀧石神社  小里神社  稲荷神社  山神社  みちびき不動尊  上尾御嶽  稲荷社 (徳常院敷地内)  馬頭観世音  不二山 金正寺  瑞祥山 龍雲院  古新宿龍宮神社  みちびき不動尊  祖霊社(下祖師谷神明社境内社)  天満宮  道祖社・稲荷社(走湯神社)  川崎土場神社  戸隠神社(伊勢神社)  豊受姫大神神社(蜂前神社 境内)  津島午頭天王社(神宮神社 境内)  神明神社  秩父今宮神社  天満天神社(宝登山神社境内社)  稲荷社(永江院 境内)  上好地熊野神社  陶祖社(神明社末社)  稲荷社  雲根稲荷神社  稲荷神社(雀ノ森氷川神社境内社)  木曽御嶽塚(岸町熊野神社境内社)  稲荷堂(福沢神社)  雷神社  妙見神社  地蔵尊  秋葉三尺坊大権現  尾張えびす大黒社  東山稲荷神社  丸池神社  八坂神社(安比奈新田八幡神社境内社)  八坂神社(白鬚神社境内社)  行盛神社  鹿島神社(八坂神社)  金比羅宮  雨乞地蔵  古峯神社(大神宮)  城山神社  高田城  諏訪神社  山之神社  稲荷神社  東岡城辺稲荷社  海運山 満福寺(亀の甲寺)  新井稲荷社(館山神社内)  加茂神社  御霊小径の石碑  庚申塔群(御霊神社境内)  白山権化神社  長谷神社 上社  合祀社(苗間神明神社境内社)  八雲神社(苗間神明神社境内社)  久田神社(大井氷川神社境内社)  八雲神社(長宮氷川神社境内社)  荘神社  荘神社  川守稲荷神社  八大龍王社(蘇我比咩神社)  三峯神社  千葉南妙見宮  影藤大神  上中地蔵尊  交通安全地蔵尊  伊勢社  観智院  八幡神社(鹿嶋神社)  八幡神社  諏訪神社  宝光院  保食神社  熊野宮  片町庚申堂  水上神社  八坂神社  稲荷社(秩父今宮神社境内社)  金生稲荷大明神(瑞龍寺境内)  薬師如来・地蔵尊  鏡山神社  交通安全神社(盛岡八幡宮)  稲荷大明神  大国社(三輪神社境内社)  白鳥社(安江八幡宮 末社)  八坂神社(平井)  稲荷神社(出雲神社)  三峰神社(茂原八幡境内社)  白山神社  田守神社  日之森神社(日の宮)  八坂神社(下九沢)  珍寶神社(菅原神社)  稲荷社(石祠) 三島神社境内  字上のかいど 

何を投稿しますか?