神奈川県鎌倉市長谷3-11-2 海光山 長谷寺(長谷観音)の写真1
神奈川県鎌倉市長谷3-11-2 海光山 長谷寺(長谷観音)の写真2
神奈川県鎌倉市長谷3-11-2 海光山 長谷寺(長谷観音)の写真3
神奈川県鎌倉市長谷3-11-2 海光山 長谷寺(長谷観音)の写真4
神奈川県鎌倉市長谷3-11-2 海光山 長谷寺(長谷観音)の写真5
神奈川県鎌倉市長谷3-11-2 海光山 長谷寺(長谷観音)の写真6
神奈川県鎌倉市長谷3-11-2 海光山 長谷寺(長谷観音)の写真7
神奈川県鎌倉市長谷3-11-2 海光山 長谷寺(長谷観音)の写真8
神奈川県鎌倉市長谷3-11-2 海光山 長谷寺(長谷観音)の写真9
神奈川県鎌倉市長谷3-11-2 海光山 長谷寺(長谷観音)の写真10
海光山 長谷寺(長谷観音)  (はせでら(はせかんのん))  4.4
神奈川県鎌倉市長谷3-11-2

みんなの御朱印

(ジョンコさん)
1 0 御朱印日:2022年4月23日 00:00
(シゲさん)
4 0 御朱印日:2022年4月13日 17:42
(シゲさん)
1 0 御朱印日:2022年4月13日 00:00
(ひろろさん)
0 0 御朱印日:2022年4月10日 11:02
(ちゃっぴ〜さん)
0 0 御朱印日:2022年4月8日 00:00
(サマサマーンさん)
4 0 御朱印日:2022年4月8日 00:00
(サマサマーンさん)
1 0 御朱印日:2022年4月8日 00:00
(なりなりさん)
6 0 御朱印日:2022年4月5日 00:00
(なりなりさん)
0 0 御朱印日:2022年4月5日 00:00
(ぽちゃぽちゃさん)
1 0 御朱印日:2022年4月3日 17:13

自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

(さくらまんじゅうさん)
おすすめ度: ★★★★★
3 117 0 参拝日:2019年11月9日 14:54
( 真弓さん)
おすすめ度: ★★★★★
3 112 0 参拝日:2019年11月9日 14:53
(🤗あんこさん)
おすすめ度: ★★★★★
2 43 0 参拝日:2021年4月3日 00:00
中に入るのに有料でしたが、価値あるお寺さんだと思います!😃
(もそもそ🤗さん)
おすすめ度: ★★★★
2 2 0 参拝日:2021年4月3日 00:00
(そうちゃんさん)
おすすめ度: ★★★★★
2 118 0 参拝日:2019年10月9日 11:00
(ふっくんさん)
おすすめ度: ★★★★★
2 108 0 参拝日:2018年7月26日 00:00
(takeshisitさん)
おすすめ度:
2 112 0 参拝日:2018年4月30日 00:00
(くりばさん)
おすすめ度: ★★★★★
2 1 0 参拝日:2017年12月3日 00:00
(chaaboさん)
おすすめ度:
2 115 0 参拝日:2017年11月5日 00:00
(へつじさん)
おすすめ度: ★★★★
1 1 0 参拝日:2019年4月7日 15:16

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所
神奈川県鎌倉市長谷3-11-2
五畿八道 令制国
東海道 相模
アクセス
江ノ島電鉄線長谷 徒歩3分
御朱印授与時間
電話番号
0467226300
FAX番号
0467226102
公式サイトURL
御本尊
十一面観世音菩薩
宗派
浄土宗系単立
創建・建立
天平8年(736年)
由来
伝承では長谷寺の創建は奈良時代とされているが、中世以前の沿革は明確でなく、創建の正確な時期や経緯についても解明されていない。

寺伝によれば、天平8年(736年)、大和の長谷寺(奈良県桜井市)の開基である徳道を藤原房前が招請し、十一面観音像を本尊として開山したという。この十一面観音像は、観音霊場として著名な大和の長谷寺の十一面観音像と同木から造られたという。すなわち、養老5年(721年)に徳道は楠の大木から2体の十一面観音を造り、その1体(本)を本尊としたのが大和の長谷寺であり、もう1体(末)を祈請の上で海に流したところ、その15年後に相模国の三浦半島に流れ着き、そちらを鎌倉に安置して開いたのが、鎌倉の長谷寺であるとされる。

当寺の梵鐘には文永元年(1264年)、当時の住職真光の勧進により鋳物師物部季重が造った旨の銘文があり、この頃には長谷寺が存在していたことと、当時は「新長谷寺」と呼ばれていたことがわかる。鎌倉時代にさかのぼる遺物としては他に弘長2年(1262年)および徳治3年(1308年)銘の板碑、嘉暦元年(1326年)銘の懸仏(かけぼとけ)などがある。

近世の地誌『新編鎌倉志』や、寺に伝わる『相州鎌倉海光山長谷寺事実』などによると、歴代の権力者が長谷寺の伽藍や本尊の修造を行っている。康永元年(1342年)には足利尊氏が伽藍と諸像の修復を行なった。明徳3年(1392年)には、足利義満が観音像の光背を修復し、行基の作という伝承のある像を前立(まえだち)として安置した。天文16年(1547年)に、北条氏康の寄進を受け、天正19年(1591年)、徳川家康から朱印状を受ける。慶長12年(1607年)、堂塔伽藍を改修し、正保2年(1645年)にも、酒井忠勝が堂宇を改修している。

長谷寺は江戸時代の初め、慶長12年(1607年)の徳川家康による伽藍修復を期に浄土宗に改宗した。当時の住持玉誉春宗を中興開山としている。太平洋戦争終戦直後に、金戒光明寺、知恩院という浄土宗の二大本山が浄土宗から独立した混乱期に、浄土宗から独立し単立となった。
神社・お寺情報
坂東三十三観音・第4番札所
鎌倉三十三観音・第4番札所
相模二十一箇所・第12番札所
神紋・寺紋
未登録
更新情報
【 最終 更新者】 真弓
【 最終 更新日時】2019/11/09 14:52:41
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

妙見神社  香川出雲神社  成香神社  霧島神社  月浦八幡神社  厳島社(宇治上神社 末社)  香椎社(宇治上神社 末社)  住吉社(宇治上神社 末社)  春日神社(宇治上神社 摂社)  武本稲荷社(縣神社 内)  櫻八幡神社  大和八幡神社  川崎土場神社  柏木神社  宝物殿(八幡宮 境内)  稲荷社(若林八幡宮 境内)  秋葉社(八幡宮 境内)  津島社(若林八幡宮 境内)  八王子神社  稲荷社(須佐神社)  三穂社(須佐神社)  東末社(須佐神社)  西末社(須佐神社)  天神社  稲荷社  筑紫社・和田津見社  若宮社・今宮社・秘社(美保神社)  宮御前社・宮荒神社・船霊社・稲荷社(美保神社)  恵美須社(美保神社)  稲荷神社  山之神  水種稲荷神社  秋葉神社  富士浅間神社奥社  吾妻神社  秋葉八坂神社  三社神社(八柱神社 境内)  三武神社(久奈子神社)  お福神社  宝龍神社  白龍神社(白龍園)  伏見稲荷  伊邪那美神社(熊野大社)  荒神社(熊野大社)  稲荷神社(熊野大社)  伊勢社(神魂神社)  武勇社(神魂神社)  荒神社(神魂神社)  稲荷社・貴布禰神社(神魂神社)  伊勢宮(八重垣神社)  手摩乳神社(八重垣神社)  貴布禰神社(八重垣神社)  高場山 徳常院  豊森稲荷  極楽寺  玉峯寺  玉峯寺  妙観寺  正覚寺  来迎寺  金鑚神社の奥宮  忠猫神社  紅冨台寺  八坂神社(八幡神社)  愛宕神社(八幡神社)  大物主神社  山神神社  大王龍神  戸隠神社(伊勢神社)  出雲神社(伊勢神社)  厳島神社(伊勢神社)  薬師神社(伊勢神社)  八幡神社(伊勢神社)  野中寺 大師堂  陰陽石神社  天満宮  秋葉神社  東照宮(宇都宮二荒山神社)  春埜山御社(白山神社 境内)  天王宮津島神社(蜂前神社 境内)  八幡神社(蜂前神社 境内)  玉津嶋明神神社(蜂前神社 境内)  若宮神社(蜂前神社 境内)  辯天宗総本山 如意寺  津島神社(須倍神社 境内)  金刀比羅神社(豊浦神社境内社)  津軽赤倉山神社  神明神社  天之岩屋比売神社  一柱騰宮  稲荷神社(城山稲荷神社)  推恵・熊野・稲荷神社(城山稲荷神社)  秩父今宮神社  猿投神社東の宮  春日神社(八坂神社)  龍宮之宮  藤之宮神社  白髭社(貴船神社)  招魂社(宝登山神社境内社)  寶玉稲荷神社(宝登山神社境内社) 

何を投稿しますか?