京都府京都市東山区林下町400 華頂山 知恩院の写真1
京都府京都市東山区林下町400 華頂山 知恩院の写真2
京都府京都市東山区林下町400 華頂山 知恩院の写真3
京都府京都市東山区林下町400 華頂山 知恩院の写真4
華頂山 知恩院  (かちょうざん ちおんいん)  4.2
京都府京都市東山区林下町400

みんなの御朱印

(captainさん)
6 0 御朱印日:2022年2月25日 00:00
(miyaさん)
2 0 御朱印日:2022年2月11日 11:20
(ちゃくらさん)
4 0 御朱印日:2022年1月9日 00:00
(ちゃくらさん)
1 0 御朱印日:2022年1月9日 00:00
(ちゃくらさん)
2 0 御朱印日:2022年1月9日 00:00
(なるさん)
0 0 御朱印日:2022年1月1日 10:18
(なるさん)
0 0 御朱印日:2022年1月1日 10:18
(kazamiさん)
4 0 御朱印日:2021年11月9日 00:00
方丈庭園が国の名勝に指定された事を記念しての限定の御朱印だそうです。 令和4年3月31日まで
(あっちゃんさん)
3 0 御朱印日:2021年11月6日 09:00
(さくらさん)
2 0 御朱印日:2021年11月4日 12:34

自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

(nonnkiさん)
おすすめ度: ★★★★
5 136 0 参拝日:2017年9月21日 00:00
(のむさん)
おすすめ度:
3 1 0 参拝日:2002年12月31日 00:00
駐車場はありますがすぐ前は観光バスで少し離れて乗用車ですが余り大きくないかも? 歩いて行ったため
(銀玉鉄砲さん)
おすすめ度: ★★★★
2 126 0 参拝日:2018年12月8日 00:00
(松さん)
おすすめ度: ★★★★★
1 124 0 参拝日:2019年5月24日 12:20
(ぺちんさん)
おすすめ度: ★★★★
1 138 0 参拝日:2019年5月10日 10:30
札所:法然上人二十五霊場・第25番 【朱印所】阿弥陀堂横 御朱印:300円
(優雅さん)
おすすめ度: ★★★
1 64 0 参拝日:2018年8月13日 14:58
(koziさん)
おすすめ度:
1 1 0 参拝日:2018年2月11日 00:00
(拓郎くんさん)
おすすめ度:
1 1 0 参拝日:2017年10月27日 00:00
(拓郎くんさん)
おすすめ度:
1 1 0 参拝日:2017年10月26日 00:00
浄土宗の総本山だけあって、圧倒的な威厳を感じる。
(nemakiさん)
おすすめ度: ★★★★★
0 5 0 参拝日:2022年5月5日 12:30

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所
京都府京都市東山区林下町400
五畿八道 令制国
 
アクセス
京都市東西線東山 徒歩6分
御朱印授与時間
9:00~16:00
電話番号
075-531-2111
FAX番号
075-531-0099
公式サイトURL
御本尊
御影堂:法然上人像
阿弥陀堂:阿弥陀如来
宗派
浄土宗
創建・建立
承安5年(1175年)
由来
知恩院は、浄土宗の宗祖・法然房源空(法然)が東山吉水(よしみず)、現在の知恩院勢至堂付近に営んだ草庵をその起源とする。法然は平安時代末期の長承2年(1133年)、美作国(現・岡山県)に生まれた。13歳で比叡山に上り、15歳で僧・源光のもとで得度(出家)する。18歳で比叡山でも奥深い山中にある西塔黒谷の叡空に師事し、源光と叡空の名前の1字ずつを取って法然房源空と改名した。法然は唐時代の高僧・善導の著作『観経疏』を読んで「専修念仏」の思想に開眼し、浄土宗の開宗を決意して比叡山を下りた。承安5年(1175年)、43歳の時であった。「専修念仏」とは、いかなる者も、一心に阿弥陀仏(阿弥陀如来)の名を唱えれば極楽往生できるとする思想である。この思想はいわゆる旧仏教側から激しく糾弾され、攻撃の的となった。法然は建永2年(1207年)には讃岐国(現・香川県)に流罪となり、4年後の建暦元年(1211年)には許されて都に戻るが、翌年の1月、80歳で没した。

法然の住房は現在の知恩院勢至堂付近にあり、当時の地名を取って「吉水御坊」「吉水禅房」「大谷禅房」などと称されていた。ここでの法然の布教活動は、流罪となった晩年の数年間を除き、浄土宗を開宗する43歳から生涯を閉じた80歳までの長きにわたり、浄土宗の中心地となった。そのため、法然の死後、ここに法然の廟が造られ弟子が守っていたが、嘉禄3年(1227年)、延暦寺の衆徒によって破壊されてしまった(嘉禄の法難)。しかし、文暦元年(1234年)に法然の弟子である紫野門徒の勢観房源智が再興し、四条天皇から「華頂山知恩教院大谷寺」の寺号を下賜されるなどすると、次第に紫野門徒の拠点となっていった。

建治2年(1276年)、鎮西義の弁長の弟子良忠が鎌倉からやってくると、間もなくして紫野門徒の百万遍知恩寺3世信慧は東山の赤築地(あかつじ)において良忠と談義を行った。そこで両流を校合してみたところ、相違するところが全くなく符合したので、以後源智の門流は別流を立てずに、鎮西義に合流することとなった(「赤築地の談」)。

これにより、紫野門徒の拠点であった知恩院と百万遍知恩寺は鎮西義の京都での有力な拠点となった。

永享3年(1431年)に火災にあって焼失するが、間もなくして再興されている。

応仁元年(1467年)に始まった応仁の乱の際には、知恩院22世周誉珠琳が近江国伊香立(現・大津市伊香立)の金蓮寺に避難し、法然御影や仏像、宝物類を付近にあった庵に避難させ、この庵を改めて新知恩院とした。そして、文明10年(1478年)に知恩院を再興するが、永正14年(1517年)に焼失する。

大永3年(1523年)、知恩院25世超誉存牛(ちょうよぞんぎゅう)と百万遍知恩寺25世慶秀との間で本寺争いとなったが知恩院が勝利し、鎮西義で第一の座次となり本山となった。また、戦国時代には縁誉称念による専修念仏集団一心院流(捨世派)が成立して鎮西義から分派し、天文17年(1548年)に法然上人御廟の向かいに一心院を建立している。

天正3年(1575年)、正親町天皇より浄土宗本寺としての承認を受け、諸国の浄土宗僧侶への香衣付与・剥奪の権限を与えられた(「毀破綸旨」)。

現存の三門、御影堂(本堂)をはじめとする壮大な伽藍が建設されるのは江戸時代に入ってからのことである。浄土宗徒であった徳川家康は慶長13年(1608年)から知恩院の寺地を拡大し、諸堂の造営を行った。造営は江戸幕府2代将軍徳川秀忠に引き継がれ、現存の三門は元和7年(1621年)に建設された。寛永10年(1633年)の火災で、三門、経蔵、勢至堂を残しほぼ全焼するが、3代将軍徳川家光のもとでただちに再建が進められ、寛永18年(1641年)までにほぼ完成している。

徳川家が知恩院の造営に力を入れたのは、徳川家が浄土宗徒であることや知恩院25世超誉存牛が松平氏第5代松平長親の弟であること、二条城とともに京都における徳川家の拠点とすること、徳川家の威勢を誇示し、京都御所を見下ろし朝廷を牽制することといった、政治的な背景もあったといわれている。江戸時代の代々の門主は皇族から任命されたが、さらにその皇子は徳川将軍家の猶子となった。

宝永7年(1710年)、それまで勢至堂の前にあった阿弥陀堂を現在地に移している。

1947年(昭和22年)、知恩院は法然上人御廟を中心とする「一宗一元運動」を提唱すると、12月8日、知恩院は自らを本山とする本派浄土宗(後に浄土宗本派に改称)を結成し、浄土宗から分派する。1950年(昭和25年)には法然上人御廟の向かいにある一心院が浄土宗捨世派を結成して浄土宗から分派した。しかし、1961年(昭和36年)の法然上人750年忌を機に、翌1962年(昭和37年)に知恩院と浄土宗本派は浄土宗に合流し、知恩院が再び浄土宗の総本山となった。
神社・お寺情報
正式名:華頂山 知恩教院 大谷寺
札所:法然上人二十五霊場・第25番

本堂・山門(国宝)
総本山
神紋・寺紋
丸に三つ葵
更新情報
【 最終 更新者】優雅
【 最終 更新日時】2021/09/01 17:24:14
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

御嶽神社  椿護国神社(椿大神社)  獅子堂(椿大神社)  住吉神社(川口神社)  津島神社(浅間神社境内)  稲荷社(鏡満神社境内)  稲荷神社(小田井縣神社)  恵比須神社(小田井縣神社)  川下神社(小田井縣神社)  飛躍の霊狐(竹駒神社)  単車神社  檜峰神社郷宮(北野天神社境内社)  嶺宮遥拝社(穂高神社)  雷神社(諏訪神社)  妙見社  大黒山龍泉寺  瀧石神社  小里神社  九十九神社  大達原稲荷神社  稲荷神社  山神社  足長神社(當護稲荷神社)  火防秋葉神社(當護稲荷神社)  戎神社  入谷津の道祖神  稲荷神社  笠森稲荷神社  荒神社  恵比須神社  佐々木八幡神社(石碑)(境内)  太子堂(境内社)  常本天満宮(常本谷天満宮)  上尾御嶽  涙岩神社  馬頭観世音  瑞祥山 龍雲院  天王神社・稲荷神社  お宮さん(稲荷?) 個人宅  玉傳稲荷神社  お宮さん(境内社)  稲荷社(会社敷地内)  藪原稲荷神社  戎神社  下祖師谷庚申塔  蓮池弁財天社  稲荷社(石祠 二基)  伏見稲荷神社(境内)  官位稲荷神社(境内社)  正一位大稲荷神社(境内)  医薬稲荷社 (境内社)  祠 鳥居の左脇  稲荷社(?) 個人宅敷地内  亀山神社  みちびき不動尊  経王山 本妙寺  小池白髪弁財天社  祖霊社(下祖師谷神明社境内社)  稲荷神社  持榮山 本照寺  持榮山 本照寺  穴場神社・堅牢地神社  五社神社(八坂神社境内)  天満宮  道後稲荷神社  雷神社・稲荷神社(荒雄川神社)  神明社  八日市場東照宮  水神神社・山神神社(大神宮)  宇賀神社  助六堂稲荷大明神  松原八幡神社  神明社  稲荷大明神(矢野口)  道徳弘法堂  光徳稲荷社  稲荷社(個人宅敷地内)  稲荷社①(氷川女體神社境内社)  清住神社  蔵殿神社(所澤神明社)  忠魂社(海渡松原八幡神社 境内社)  海渡松原八幡神社  有原天満宮  天神神社(艮神社 境内社)  大歳神社(艮神社 境内社)  艮神社  大仙神社  世羅八幡神社  養蚕神社(荒脛巾神社)  愛宕神社  祖霊社(杉森神社 境内社)  筑波神社(筑波山古墳)  原宿神社  荒平天神  孤篷庵  笠神神社  下井鳥見神社  桜山招魂社(長者山新羅神社)  小社(玉積神社)  榮雲神社 

何を投稿しますか?