神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真1
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真2
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真3
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真4
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真5
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真6
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真7
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真8
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真9
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真10
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真11
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真12
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真13
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真14
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真15
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真16
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真17
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真18
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真19
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真20
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真21
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真22
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真23
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真24
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真25
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真26
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真27
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真28
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真29
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真30
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真31
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真32
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真33
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真34
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真35
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真36
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真37
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真38
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真39
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真40
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真41
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真42
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真43
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真44
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真45
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真46
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真47
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真48
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真49
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真50
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真51
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真52
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真53
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真54
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真55
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真56
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真57
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真58
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真59
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真60
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真61
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮(相模國一宮)の写真62

鶴岡八幡宮(相模國一宮)  (つるがおかはちまんぐう)

 4.4
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31

みんなの御朱印

(TSさん)
1 0 御朱印日:2022年9月22日 14:30
(空海さん)
1 0 御朱印日:2022年9月18日 09:14
(ヒロさん)
3 0 御朱印日:2022年9月12日 17:23
(じんちゃんさん)
13 0 御朱印日:2022年9月5日 00:00
(どらさん)
20 0 御朱印日:2022年9月5日 00:00
(たけちゃさん)
1 0 御朱印日:2022年8月27日 14:30
(ポップさん)
6 0 御朱印日:2022年8月19日 13:00
(sshimiさん)
5 0 御朱印日:2022年8月14日 11:10
(しゅうさん)
12 0 御朱印日:2022年8月5日 00:00
(ひでパパさん)
13 0 御朱印日:2022年8月1日 00:00

自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

全国一ノ宮会所属の神社。 ここは生気溢れる強い龍の山々に三方を囲まれており、地理的条件のよい場所になっています。 応神天皇を祀る神社でもある為に、神霊の力が強く、なにげなくお参りするだけでも神様のパワーを感じることができるでしょう。(「風水の秘密」御堂龍児:著) これはかなり古い本で、参拝当時はまだパワースポットとされる大銀杏があったが、近年倒壊したのは皆様ご存知の通りです。 倒壊前の大銀杏の貴重な写真を二枚目に掲載しました。
(Mu.(全国一ノ宮神社巡拝中)さん)
おすすめ度: ★★★★★
5 192 1 参拝日:1999年9月19日 00:00
日本三大八幡宮。私は全国一の宮御朱印帳で参拝。鎌倉の中心的な感じがしました。参拝の方も多く、お詣りさせていただけて良かったです。
(じゃすてぃさん)
おすすめ度: ★★★★★
3 49 0 参拝日:2018年5月30日 00:00
(ひろさん)
おすすめ度: ★★★★★
3 1 0 参拝日:2018年2月22日 00:00
(アリケンさん)
おすすめ度: ★★★★★
3 151 0 参拝日:2017年6月17日 00:00
(なまはげさん)
おすすめ度: ★★★★★
3 146 0 参拝日:2016年5月21日 00:00
駐車場無し
(🤗あんこさん)
おすすめ度: ★★★★
2 60 0 参拝日:2021年4月3日 00:00
(もそもそ🤗さん)
おすすめ度: ★★★★
2 1 0 参拝日:2021年4月3日 00:00
(さくらもちさん)
おすすめ度: ★★★★★
2 100 0 参拝日:2019年11月9日 12:24
(智恵子さん)
おすすめ度: ★★★★★
2 151 0 参拝日:2019年11月9日 12:03
(オトギリルさん)
おすすめ度: ★★★★★
2 37 0 参拝日:2018年1月29日 00:00

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
五畿八道 令制国
東海道 相模
アクセス
JR横須賀線鎌倉 徒歩9分
御朱印授与時間
電話番号
0467-22-0315
FAX番号
0467-22-4667
公式サイトURL
御祭神
応神天皇(おうじんてんのう) 比売神(ひめのかみ) 神功皇后(じんぐうこうごう)
創建・建立
建久2年(1191年)11月21日
由来
鎌倉に八幡宮を祀ったのは、八幡大神が清和源氏の氏神であり、源頼義、義家、頼朝らが鎌倉を根拠の地としたからである。
源頼朝は源氏再興の旗を上げ、治承4年(1180年)10月、鎌倉に入ると先祖頼義の祀った鶴岡若宮の神前に詣でて籖をひき、神意を伺って現在の地に奉遷した。
その時のことは「吾妻鏡」の治承4年(1180年)10月12日の項に見えている。
「辛卯快晴。寅の尅、祖宗を崇(あが)めんがために、小林郷の北山を點じて宮廟を構へ、鶴岡宮をこの所に遷したてまつらる。」この鶴岡宮とは後冷泉天皇の御代、康平6年(1063年)、源頼義が『前九年の役』で奥州を平定した帰途、かねて御守護を祈って出陣した石清水八幡宮を鎌倉由比郷鶴岡の地にひそかに勧請して社殿を建て、永保元年(1081年)2月に頼義の嫡男八幡太郎義家が修復を加えて祀っていた社であった。
然しこの頼朝の祀った社(由比若宮)は、軍陣の傍取急いだ奉行であったので、茅葺であり、柱も黒木のままの応急の御造営であった。
頼朝はその年、富士川に平家の大軍を破るとすぐ12月には鳥居を立て、翌治承5年(1181年)5月から大改築を行った。
鎌倉には然るべき大工がいなかったので、武蔵国浅草の大工を召寄せて造営に当て、8月15日には正遷宮を行った。
頼朝は更に社頭の整備にとりかかり、養和2年(1182年)3月、御台所政子の安産祈願のため、鶴岡社頭より由比浦に至る曲横の道を真直に改めて参詣道(現在の段葛)を造った。
4月には源平池を掘って水を湛え、社殿を中心に左右に広がる林泉を整えた。
三島社・熱田社など頼朝ゆかりの諸社の末社を境内に奉祀するなど、社頭は漸次面目を新たにしている。
9月には源氏ゆかりの三井寺より中納言法眼円暁を迎えて、初代の別当職に補した。
円暁は後三条天皇皇子であったので、宮法眼とも呼ばれる知識であった。
別当職を長官とし、祭祀組織も整い、社頭諸施設、年中祭祀など一段整備されたことはいうまでもない。
流鏑馬・相撲などの神事、放生会などの奉行が始まり、静御前の舞った若宮殿もこの時期のものであった。
建久2年(1191年)3月4日、町辺に起きた大火に遭って、不幸にも若宮社殿・廻廊などほとんどが灰燼に帰した。
幕府も難に遭って焼失したが、頼朝は社頭に詣り、わずかに残った礎石を拝して涙にむせんだという。
直ちに焼け残った別当坊に入って、若宮新造の事を命じている。
御復興は早く、全国統一の功成った頼朝は総力を挙げて、幕府の中心と仰ぐ守護神にふさわしい御社殿の御造営に力を尽くした。
大臣山の地を拓いて、一段高く楼門を仰ぐようになったのはこの時であった。
建久2年(1191年)11月21日、鶴岡八幡宮をはじめ若宮・末社に到るまで遷宮を厳粛に斎行した。
この大臣山上の本殿は『始めて八幡宮を勧請し奉らんが為め』のもので、御遷宮の秘儀には、京都より伶人多好方(おおのよしかた)を召して奉仕させている。
鶴岡八幡宮の創建を建久2年11月21日と定めているのは、この時が公に石清水八幡宮から御神霊を迎えての御鎮座であったからである。
源頼義奉斎の鶴岡宮・鶴岡若宮或は鶴岡八幡宮とも称した社について、「吾妻鏡」が『ひそかに』と記述しているのと対応しているわけである。
上宮と下宮、本宮と若宮の今日の姿が定まったのである。
こうして鶴岡八幡宮の規模はこの時以来更に体裁を整え、鎌倉幕府の宗社としてその面目を一新したばかりでなく、頼朝の当社に対する崇敬の誠は、皇室になぞらえたと思われる。
神社・お寺情報
○国家鎮護の神
○関東の総鎮守
○三大八幡宮
○神社本庁別表神社
神紋・寺紋
鶴の丸
更新情報
【 最終 更新者】オザク先生
【 最終 更新日時】2022/08/24 12:53:39
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

奥津宮鳥居  群猿奉賽像庚申塔  猿田彦大神庚申塔  森脇八幡神社  日吉神社  忠霊塔(玉川神社境内社)  天満宮・八幡神社(玉川神社境内社)  大國・えびす神(玉川神社境内社)  正一位稲荷大明神(玉川神社境内社)  三峯神社(玉川神社境内社)  佛願寺 札幌別院  黄檗宗 護国山 東光寺  西新井大師 如意輪堂(女人堂)  如意輪堂(女人堂)  亀山稲荷神社  塩竈神社  せとうち七福神(大山神社末社)  曽我氏神社  地蔵尊  弁財天・童子像  石祠(無熱池と蟇石)  地蔵尊  伏見稲荷神社(諏訪神社)  高良御子神社(高良大社)  佐岐神社(大石神社)  市恵比須神社(高良大社)  印鑰神社(高良大社)  稲荷神社(朝日楼)  浦安神社  天満宮  江の島弁財天道標(腰越行政センター)  江の島弁財天・道標(真徳寺境内)  江の島弁財天道標(法照寺入口)  庚申塔郡(石上公園内)  江の島弁財天道標(遊行ロータリー)  庚申供養塔  江の島弁財天道標  江の島弁財天道標  江の島弁財天道標  江の島弁財天道標(福石脇)  秋葉神社  池袋富士塚(浅間神社)  秋葉神社(大山祇神社 境内)  石宮神社  愛宕神社  営築稲荷神社  八幡神社  不動大山道標  庚申塔(唐木田稲荷神社境内社)  唐木田稲荷神社  稲荷社(秋葉神社境内社)  有應山 浄圓院 養平寺  岡太神社・大瀧神社  板垣神社  お宮さん(個人宅敷地内)  お宮さん(稲荷社?)(個人宅敷地内)  稲荷社(?)(個人宅)  伏見稲荷(大宮八幡神社境内)  山津見神社  八坂神社  正一位稲荷大明神・津島牛頭天王  ラーメン神社  堀之内北八幡宮  楠神社  護身地蔵尊  天神社(小菅神社境内社)  天満宮(堀切天祖神社境内社)  縁結び出雲大社(堀切天祖神社境内社)  五社(大原神社)  円山稲荷神社  三居稲荷神社(浮島神社)  大臣宮神社(浮島神社)  白山神社  水神宮  稲荷神社  拝島大師  戸柱神社  菅原神社(岩剱神社境内社)  春日神社  八阪神社  小池神明神社  千庚申塔(徳蔵寺)  五百羅漢堂(徳蔵寺)  かな地蔵(徳蔵寺)  國常立神社(三峯神社摂社)  東照宮(三峯神社摂社)  大山祇神社(三峯神社摂社)  二之社(八重垣稲荷神社)  正一位稲荷  稲荷神社(中町)  静岡善光寺  開星稲荷  新道神社  正一位内藤稲荷大明神  惠日壽弁財天  惠日壽弁財天  弁財天  八幡宮(七郷神社)  古峰神社(鎮守氷川神社境内社)  稲荷神社 

何を投稿しますか?