北海道余市郡仁木町尾根内344 尾根内神社の写真1
北海道余市郡仁木町尾根内344 尾根内神社の写真2
 0.0

尾根内神社  (おねないじんじゃ)


北海道余市郡仁木町尾根内344

みんなの御朱印


自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

ひろちゃんさん
参拝日:2022年9月25日 15:11
道路沿いの鳥居から小高い丘の上に社殿がありますが、境内の脇から坂を登る車道があったのでそこから社殿のそばまで車で乗り入れ参拝させて頂きました。

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

みんなの動画

自分の動画

まだ動画が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所 北海道余市郡仁木町尾根内344
五畿八道
令制国
 
アクセス
御朱印授与時間
電話番号
FAX番号
公式サイトURL
御祭神 伊邪那岐命
伊邪那美命
創建・建立 明治33年
旧社格
由来 尾根内の加茂神社については、いろいろと解明しなければならない点がある。まず「仁木町史』(昭43)に寄せ野村稔の草稿には、「明治三十三年に鎮守の神として久保勘次郎の要請により郷里の鎮守の神である伊邪那岐命・伊邪那美命の二神体を分神され神社を建立された。嘉母神社と命名する」と記述されている。それが『仁木町史』では、「加茂神社」に訂正されている。どの資料を見ても「郷里から勧請した」と記載しているからには、「嘉母神社」の方が 自然であり納得のいく神社名と考えられるが、『大江村地史』(明44)の神社名は「加茂神社」と記され、祭神は「伊邪那岐命・伊邪那美命」の 二神とされている。由緒には「久保勘次郎私設ノ氏神ヲ以テ郷社ノ如ク 奉祠シ、毎年九月十五日祭典ヲ行フ」と記述されている。何故こうなっ たかは不明であるが、この時点で神社名は「加茂神社」と明記されているので、この資料を出典とすれば町史に記載されている「加茂神社」は間違いとはいえない。創建については祠を大正六年ころ余市から担いで もって来て建て、村として奉るようになったと言う(宮本勤治談)。
そこで、「嘉母」を呼称するものがあればいつ頃だったのか判明するのではないかと調査したとこ ろ、『道路認定表』(大8) に、「宮本由吉前橋」「宮本由吉側橋」とならんで 「嘉母神社橋」があった。 大正六年に祠を建て村で奉るようになったと言う話と、大正八年の橋名に「嘉母神社橋」があるということは、村で奉るために郷里の「嘉母神社」を、村の神社名にしたということも十分考えられる。それより前述の通り明治二十九年に勘次郎は禎瑞「嘉母神社」に楠の献木をしていることや、番付の前頭にランクされていることなどから考えても、氏子であったことは間違いない。すると、逆に何故『大江村地史」は「加茂神社」なのか疑問を感じる。その「嘉母神社橋」もいつなくなったか特定できないが、昭和十二年の『道路施行調査』の中には、「嘉母神社橋」の橋名は消えている。これは単に橋がなくなったためと思われるが、 「嘉母神社」と呼称していたのは大正時代であったことが判明する。
いずれにせよ、社名を使い分けるのも不便ということになり、昭和五十三年、「尾根内神社」と命名して法人登録の申請をし、同五十五年認可された神社の位置は以前から変わっていないが、当初は今と同じ高台に向かって左側にあったのを、一段下げたのが現在の位置となってい る。昔の神社の面積三町三反(一万坪)と言われている。
(新仁木町史より)
神社・お寺情報
例祭日
神紋・寺紋 未登録
更新情報 【 最終 更新者】ひろちゃん
【 最終 更新日時】2022/10/12 17:47:58
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人様やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

近くのお城

このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

サイト内全検索

最近検索された神社・お寺

御嶽神社  熊野神社  金比羅宮  事代主神社(溝咋神社)  天照皇大神社(溝咋神社)  保食神社(溝咋神社)  大国社(井於神社)  八幡神社(井於神社)  やんぶし大神  瀬峰八幡神社  天照皇大御神  住吉神社  稲荷神社  厄神社  艮神社  打扇神社  恵比須神社  安養寺根岸観音堂  日切地蔵  金毘羅社  稲荷神社  三角堂  神社  稲荷神社  市神社  花見塚神社  阿弥陀寺  五穀神社  山王宮(吾妻神社境内社)  大瀬大明神  御嶽神社(下高井戸八幡神社境内社)  稲荷神社  天満宮(八杉神社境内社)  八幡神社(鳥屋神社境内社)  十六神社  平原宝満神社  地禄神社(半道橋)  大隈御霊神社  六所神社(六所大権現)  當麻寺 仁王門  弁天様(島護産泰神社境内)  秋葉神社(岡廼宮神社境内)  金比羅宮(熊野神社境内)  金神社(聖神社 境内社)  聖神社  行者堂  長男神社(諏訪神社境内)  松ノ木毘沙門堂  祖霊社(大神神社境内)  初沢稲荷  お宮さん(個人宅敷地内)  道陸神  山王神社  剣吉諏訪神社  稲荷社・武内宿禰社・野見宿禰社(三光神社境内)  秋葉神社  西寺方町八幡神社  大鳥社(大原稲荷神社境内)  増福寺  大山祇神社(都萬神社境内社)  水無月神社(日吉神社境内社)  厳島神社・疱瘡神社・山際神社(伊豆美神社境内社)  旧鴻の宮(鴻神社境内)  阿弥陀堂(浄職院)  岩清水不動尊  青木穴守稲荷  若宮社(百舌鳥八幡宮境内)  稲荷大明神(扇三嶋神社境内)  八幡神社(鶴ヶ城稲荷神社境内)  飯豊山神社  忠魂碑(熊野神社境内碑)  天満宮(大寄諏訪神社)  金龍大辨財天  東福僧堂  山神社  龍蛇金社(熊野皇大神社境内社)  名石金毘羅神社  大日如来  葵神社(漢國神社境内)  釈迦堂  十二支社(今宮神社境内)  浜平稲荷神社  大杉社(伊奴神社境内)  入間招魂社(入間野神社境内)  黒龍社(堀越神社境内社)  金亀坊稲荷(観音寺境内)  薬師堂  天満天神社(稲積神社 境内)  稲荷大明神  忠魂社(白鳥神社境内社)  土佐神社 輪抜祓所  厳島社(石鎚神社境内社)  雷電社  常盤稲荷大明神  太宰府神社(熊野大神社境内社)  大杉神社(熊野大神社境内社)  摩陀羅神社(鰐淵寺 境内)  蚕影神社(日吉大神荒神社境内社)  三方荒神社(宇美神社境内社)  小富士祠 

何を投稿しますか?

大好評!! スマホでお寺がいいねを使うなら、アプリがおすすめ!

神社・お寺検索

初めてご利用の方は、使い方をお読みください。
*は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら
※「記録を色分け」を選ぶと、参拝や御朱印の記録が地図上で色分け表示されます。(検索に時間がかかります。ログインが必要です。)