群馬県みどり市大間々町大間々2245番地 神明宮(大間々神明宮)の写真1
群馬県みどり市大間々町大間々2245番地 神明宮(大間々神明宮)の写真2
群馬県みどり市大間々町大間々2245番地 神明宮(大間々神明宮)の写真3
群馬県みどり市大間々町大間々2245番地 神明宮(大間々神明宮)の写真4
群馬県みどり市大間々町大間々2245番地 神明宮(大間々神明宮)の写真5
群馬県みどり市大間々町大間々2245番地 神明宮(大間々神明宮)の写真6

神明宮(大間々神明宮)  (しんめいぐう)

 3.5
群馬県みどり市大間々町大間々2245番地

みんなの御朱印

(yuwakaさん)
0 0 御朱印日:2022年8月7日 00:00
25-A14
(phai0317さん)
1 0 御朱印日:2022年8月1日 15:00
(梵天さん)
7 0 御朱印日:2022年1月2日 00:00
(ステイさん)
4 0 御朱印日:2021年9月27日 12:00
(なんなんさん)
3 0 御朱印日:2021年7月10日 13:00
(hideさん)
3 0 御朱印日:2021年2月20日 16:54
(気ままな御朱印記録さん)
7 0 御朱印日:2021年1月31日 21:09
(信長さん)
1 0 御朱印日:2020年11月14日 00:00
(よしさん)
1 0 御朱印日:2020年11月11日 14:15
(あすべすさん)
1 0 御朱印日:2020年11月1日 12:30

自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

御朱印は都合により書置きとなります。との事。
(FÙKUさん)
おすすめ度:
1 65 0 参拝日:2020年9月9日 10:46
(さとみさん)
おすすめ度:
1 85 0 参拝日:2019年5月1日 12:15
(たけちゃ~ん⚾さん)
おすすめ度:
1 98 0 参拝日:2019年5月1日 12:14
この日も書置きの対応でした。
(馬兔猫さん)
おすすめ度: ★★★
1 1 0 参拝日:2019年2月10日 00:00
(コニーさん)
おすすめ度:
1 93 0 参拝日:2018年3月14日 00:00
(yuwakaさん)
おすすめ度:
0 0 0 参拝日:2022年8月7日 15:33
(yuwakaさん)
おすすめ度:
0 0 0 参拝日:2022年8月7日 00:00
(zx14rさん)
おすすめ度:
0 5 0 参拝日:2022年7月9日 13:15
(ちゃいいさん)
おすすめ度:
0 0 0 参拝日:2022年3月30日 00:00
(ユキオさん)
おすすめ度:
0 33 0 参拝日:2021年10月25日 13:10

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所
群馬県みどり市大間々町大間々2245番地
五畿八道 令制国
東山道 上野
アクセス
わたらせ渓谷鐵道線大間々 徒歩3分
御朱印授与時間
電話番号
0277-72-2267
FAX番号
公式サイトURL
御祭神
大日孁命(天照皇大神)
豊受毘売神
創建・建立
由来
神明宮は渡良瀬川が足尾山地より流れ出て平野となる大間々扇状地の高津戸狭を眺望する所に位置する。境内地からは多くの縄文式土器や弥生式土器蹈鞴の鉱滓が出土し、周囲の土地は古代からの谷地を利用した田畑があり、伊勢神宮の御厨か大蔵保と思われる。
南北朝時代の貞和三年(1347)境内地の伊勢ヶ淵岩頭に天照皇大神の神社を文袋坊により、黒川郷(渡良瀬川流域の里)一の社としてまつられる。
慶長二年(1597)大間々町の鎮守様として現在のところに仮宮をたて、慶長四年(1599)中興遷座をする。以来、明治十二年(1879)に至るまで二十一年目毎に社殿の建て替え、または、修復工事をなし式年遷宮を行っていた。
この間、正徳五年(1715)外宮豊受大神の分霊を合祀し、天保七年(1836)酒井石見守(二万五千石)は上州領分五千石の祈願所となし勢多郡下の勧化をゆるされる。
明治五年(1872)十一月、一町十八カ所の惣鎮守として郷社に列す。明治二十年(1887)大間々町の大火により社殿を消失し、氏子達は焦土のなか再建するが、同二十三年(1890)再び火災に遭い、氏子の経済的負担が大きいため社殿を縮小し建立する。
その後、郷社神明宮にふさわしい社殿の建て替え計画は、昭和の大恐慌や終戦の混乱と物価の高騰により断念する・
鎮座六百五十年、中興遷座四百年の記念事業として、多くの氏子崇敬者に神社建設資金の御寄進を賜り、平成十二年(2000)五月二十日、国内産桧を用い御社殿の完成をみる。
尚、向拝に掲げてある御神号の額「皇大神宮」は、十三代将軍徳川家定の御台所である篤姫の養父従一位近衛忠煕が揮毫したものである。
境内末社には大間々町の絹市の神である八坂神社がまつられている。五穀豊穣・産業発展・疫病予防を願う大間々祇園祭りは、毎年八月一・二・三日に盛大に行われ、沼田・世良田とともに上州三大祇園祭りといわれている。
【「大間々神明宮の由緒」より】
神社・お寺情報
神紋・寺紋
未登録
更新情報
【 最終 更新者】zx14r
【 最終 更新日時】2022/07/09 17:15:25
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

奥津宮鳥居  群猿奉賽像庚申塔  猿田彦大神庚申塔  森脇八幡神社  熊野神社  日吉神社  忠霊塔(玉川神社境内社)  天満宮・八幡神社(玉川神社境内社)  大國・えびす神(玉川神社境内社)  正一位稲荷大明神(玉川神社境内社)  三峯神社(玉川神社境内社)  佛願寺 札幌別院  黄檗宗 護国山 東光寺  西新井大師 如意輪堂(女人堂)  如意輪堂(女人堂)  亀山稲荷神社  塩竈神社  せとうち七福神(大山神社末社)  曽我氏神社  地蔵尊  弁財天・童子像  石祠(無熱池と蟇石)  地蔵尊  伏見稲荷神社(諏訪神社)  高良御子神社(高良大社)  淡島神社(大石神社)  佐岐神社(大石神社)  市恵比須神社(高良大社)  印鑰神社(高良大社)  稲荷神社(朝日楼)  浦安神社  天満宮  江の島弁財天道標(腰越行政センター)  江の島弁財天・道標(真徳寺境内)  江の島弁財天道標(法照寺入口)  庚申塔郡(石上公園内)  江の島弁財天道標(遊行ロータリー)  庚申供養塔  江の島弁財天道標  江の島弁財天道標  江の島弁財天道標  江の島弁財天道標(福石脇)  秋葉神社  池袋富士塚(浅間神社)  秋葉神社(大山祇神社 境内)  石宮神社  愛宕神社  営築稲荷神社  八幡神社  不動大山道標  庚申塔(唐木田稲荷神社境内社)  唐木田稲荷神社  稲荷社(秋葉神社境内社)  有應山 浄圓院 養平寺  岡太神社・大瀧神社  板垣神社  お宮さん(個人宅敷地内)  お宮さん(稲荷社?)(個人宅敷地内)  稲荷社(?)(個人宅)  伏見稲荷(大宮八幡神社境内)  山津見神社  八坂神社  正一位稲荷大明神・津島牛頭天王  松木浅間神社  ラーメン神社  堀之内北八幡宮  楠神社  護身地蔵尊  奥之院笠ヶ瀧寺  蓮華院  天神社(小菅神社境内社)  十寒稲荷  天満宮(堀切天祖神社境内社)  縁結び出雲大社(堀切天祖神社境内社)  水天宮(小谷野三峯神社境内社)  敷玉早御玉神社(若宮八幡神社)  五社(大原神社)  円山稲荷神社  萩原神社(八幡神社)  三居稲荷神社(浮島神社)  大臣宮神社(浮島神社)  八幡神社(浮島神社)  成田山横浜別院 延命院  松風庵  尼崎えびす神社  白山神社  稲荷神社(深山神社)  船形山神社(八幡神社)  水神宮  稲荷神社  拝島大師  戸柱神社  菅原神社(岩剱神社境内社)  春日神社  八阪神社  小池神明神社  千庚申塔(徳蔵寺)  五百羅漢堂(徳蔵寺)  かな地蔵(徳蔵寺)  國常立神社(三峯神社摂社) 

何を投稿しますか?