小野神社  (おのじんじゃ)



住所
東京都多摩市一ノ宮1-18-8
五畿八道 令制国
東海道 武蔵
地図
※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「神社・お寺情報を編集」ボタンから修正できます。
アクセス
京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」 徒歩8分
電話番号
042-338-1151
FAX番号
042-338-1151
公式サイトURL
御祭神
天乃下春命(あめのしたはるのみこと)
瀬織津比咩ノ大神(せおりつひめのみこと)
伊弉冉尊(いざなみのみこと)
素戔嗚尊(すさのおのみこと)
大己貴大神(おおなむちのおおかみ)
瓊々杵尊(ににぎのみこと)
彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)
倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
創建・建立
安寧天皇18年(紀元前531年)
由来
【頒布リーフレット】武蔵国一之宮 小野神社

[小野神社 由緒]
 当社は安寧天皇18年(BC531年)2月初末の日御鎮座と伝えられ武蔵国開拓の祖神である天下春命(あめのしたはるのみこと)を主神として御奉祀申し上げて居る由緒ある神社である。
 御社名は上代此地の呼び名であった小野の郷に由来するものであるが其の霊験の灼かなる神社としてやがて朝廷の上聞にも達せられ数々の奉幣にも預かり元慶8年7月(884年8月)には正五位上の神階を授けられた。
又、廷喜式が撰せられた折には武蔵国八座の一社として登載された。
且つ国府の近在なることに由いて国司や住民の崇敬も殊の他篤く総社六所宮創建の砌には東殿第一次の席を与えられて一之宮と称された。
 然して当社の社伝には永承6年(1051年)源頼義陸奥守に任せられて下向の途次其子義家と共に参籠され太刀一振りと詠歌一首奉納の事績が繙かれ吾妻鏡にも養和元年4月(1181年5~6月)一宮は吉富井蓮光寺と併記され更に建久4年8月(1193年9月)の刻印ある経筒の銘に一宮別当松連寺が記録されている。
 稍時代も下り安居院の神道集並に深大寺の僧長弁の私案抄を尋ねると当社は中世以来文珠菩薩を本地となした信仰も行われていた。
斯くなる所此の近在は鎌倉末より戦国時代にかけて度々の戦乱や多摩川の氾濫があり当社にも多大の被災が及び衰微したが徳川2代将軍により造営再興された。

[棟札に曰く]
一宮正一位小野神社造営再興
慶長14年12月26日(1610年1月20日)
当将軍源朝臣秀忠公
神主 新田 大炊介守忠
太田 太郎左衛門久忠
以下慶安元年(1648年)御朱印15石を給わる。
文政(1818~1831年)となり新四国八十八ヶ所の四十八番札所となり巡拝者も多く有りて維新に至る。
明治元年(1868年)神仏分離令により文珠菩薩を眞明寺に御移する。
同6年(1873年)12月郷社に列せられ同21年(1888年)内務省より古社保存として一金百円也下附さる。
同43年(1910年)旧一之宮村有地20町7反余当社資金に充つる為奉納さる。
大正15年(1926年)3月30日近隣の失火により御神体及び一部の神宝と鳥居を除き神殿等悉く類焼す。
昭和2年(1927年)御本殿、拝殿の再建成り社務所を附す。
同35年(1960年)大国魂神社5月5日の大祭に就き当社神輿の渡御は古式の変更また道路事情等にて而今中止となる。
同39年(1964年)旧氏子により社務所を新築奉納され随身像御修復の計画に始まって随身門の再建成り且つ御本殿、拝殿を後方期の風致林に御遷座して境内を拡大。
同49年(1974年)春末社の再建成り更に秋の例大祭を期して随身を同門内に御安置申し上げ依って記念の大祭を執行。
茲に是を記念して此の碑文を誌す。
神社・お寺情報
延喜式内社(論社)、武蔵国一宮
神紋・寺紋
十六菊
更新情報
【 最終 更新者】またたび
【 最終 更新日時】2019/03/21 22:38:17
 
自分の参拝・御朱印記録
まだ登録されていません
みんなの参拝記録
みんなのおすすめ度  3.6
参拝日:2018年4月1日
(ショウゴパさん)
おすすめ度: ★★★★

2
参拝日:2017年9月12日
(ひろさん)
おすすめ度: ★★★

2
参拝日:2019年1月3日
(ぴろきちさん)
おすすめ度: ★★★★
末社は一か所にまとめられていて、当日は鍵が掛かっていて中に入れなかったので残念でした。ただ、お賽銭箱は門の近くにあったので参詣はできました。

1
参拝日:2018年1月31日
(さなきんぐさん)
おすすめ度:

1
参拝日:2017年7月16日
(いしゃむさん)
おすすめ度: ★★

1
参拝日:2017年3月20日
(UNAさん)
おすすめ度: ★★★★★

1
参拝日:2017年2月16日
(たんたんさん)
おすすめ度: ★★★★★

1
参拝日:2016年5月8日
(ゆきさん)
おすすめ度:

1
参拝日:2015年2月7日
(MTさん)
おすすめ度: ★★★★

1
参拝日:2012年9月21日
(くまさん)
おすすめ度:

1
みんなの御朱印
御朱印日:2019年4月14日
(柿ちゃんさん)
御朱印日:2019年4月13日
(マーちゃんさん)
御朱印日:2019年3月24日
(ノリさんさん)
御朱印日:2019年2月1日
(93組さん)
以前訪れたときは、社務所が閉まっていたため、今回は、事前に電話で確認してから訪れました。
御朱印日:2019年1月14日
(エレノアさん)
御朱印日:2019年1月3日
(ぴろきちさん)
三人分頂きましたが、一つだけ一之宮の印が逆さに!まあ、人間間違えますからね、逆に貴重かなと考えることにしました。
御朱印日:2018年11月10日
(よたはちさん)
御朱印日:2018年10月27日
(ひろゆきさん)
御朱印日:2018年10月7日
(カビジジイさん)
御朱印日:2018年8月25日
(takithunderさん)
初穂料500円(絵葉書付き) 御朱印の拝受を希望される方は 事前にオフィシャルサイトの御朱印のページから『問い合わせフォーム』または電話にて連絡しておくことをお勧めします。
このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

久遠寺奥の院親思閣  椿井春日神社  普光寺 仁王門  多賀神社  愛宕神社  八坂神社  都農牧神社  上名貫神社  十島菅原神社  木上加茂神社  熊野神社  堀田稲荷神社  金鶏神社(山田八幡神社末社)  雨宮神社  神明神社 (山添村切幡)  八幡神社  八坂神社 津島神社  尖閣神社  冨崎観音堂  神道大教院  愛宕神社  初富稲荷  天真名井 (神奈備山)  白髭神社  恵比須神社  威徳天満宮  天満宮  伊勢山神社  陸奥横浜八幡神社  黒田稲荷神社  恵比須神社  朝熊神社  自転車神社  八大権現  初発神社  寳珠稲荷大明神  稲荷神社  大國神社  熊野宮  是雄神社  正観寺  牛荒神  興玉宮  西宮神社  松栄地蔵尊(新博多地蔵尊)  山崎榧の木神社  貴船神社  大久保薬師堂  全龍寺  玉泉寺  常徳寺  中山鳥瀧神社  北目山賢聖院(二十三夜堂)  三宅宮  高田観音堂  十日恵比須神社  若光稲荷神社  大神宮  御自作天満宮  嚴神社  地蔵尊 弁財天堂  竈門神社  早馬神社  黒沼神社  正一位稲荷大明神  龍田大社 本宮跡  中田稲荷神社  立花香取神社  氷川王子神社  河内神社  神興社  住吉大社 海士子社  玉川子安延命地蔵尊  菅原神社  金海稲荷神社  日輪寺  雷電本山  東葛西稲荷・八幡神社  住吉大社 新宮社  稲荷神社  水分神社  南蔵寺  観音寺  熊野神社  原稲荷神社  外宮(意富比神社摂社)  地蔵尊  氏神神社  赤堂稲荷大明神  西入稲荷神社  地蔵尊  長門鎮守八幡神社  花之木稲荷神社  湯之宮神社  猿田彦神社  白山姫神社 (尼寺)  出雲大社 北条分院  出世稲荷神社  町内安全地蔵尊  八海山神社 

Androidアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください
iPhoneアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください