北海道勇払郡むかわ町穂別仁和339 仁和神社の写真1
北海道勇払郡むかわ町穂別仁和339 仁和神社の写真2
仁和神社  (にわじんじゃ)  0.0
北海道勇払郡むかわ町穂別仁和339

みんなの御朱印

自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

小さな集落の神社ですが、社殿が立派です。扁額の素晴らしさが象徴的です。
(ひろちゃんさん)
おすすめ度:
0 17 0 参拝日:2021年7月22日 10:00

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所
北海道勇払郡むかわ町穂別仁和339
五畿八道 令制国
 
アクセス
御朱印授与時間
電話番号
FAX番号
公式サイトURL
御祭神
天照皇大神
大国主大神
稲荷大明神
創建・建立
明治27年
由来
本社は明治二十七年十一月、大江鹿蔵、加賀幸三郎らが発起人となり、部落の人びとから寄付金を募り、京都伏見の稲荷神社の御神符を勧請して創設、穂別における神社のはじまりである。当初は稲荷社として毎年七月に祭典を行ってきたが、明治三十八年九月九日に折りから日露戦争での遼陽の陥 落があり、この菊の節句を期し戦捷祝賀会を挙行した。そして、これを記念して以後は、毎年四月九日を春祭とし、九月九日を秋祭として祭典を行うことになった。また、祭神についても天照大神・大日霊尊・大国主之神の 三柱を招祭し、稲荷神社は分社として別祭を行うようになった。昭和十六年四月一日字名改正にともない仁和神社と改称し、戦後に相馬妙見神社も合祀されている。
(新穂別町史より)

明治三十八年九月五日御鎮座、当初は似湾神社 と称していた。現穂別町内でも稲里地区と並んで最も早い時期に人が住み着いた地域として今でも住民は誇りをもっ ている。例祭は毎年五月九日春祭り九月九日秋祭りが執り行われている。 春祭りの日には地区内で祀っている水神碑の前で水神祭が行われている。 歴代穂別神社宮司が御奉仕
している。
(北海道神社庁誌より)
神社・お寺情報
神紋・寺紋
未登録
更新情報
【 最終 更新者】ひろちゃん
【 最終 更新日時】2021/08/11 16:37:32
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

栄神社

北海道勇払郡むかわ町穂別栄92
(0.94 km)

中キナウス三社大神

北海道勇払郡むかわ町有明55
(4.91 km)
このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

金殖神社(榊山稲荷神社 境内社)  秋葉神社  赤城神社  三社神社  登神社  樽前山神社  静神社  糸井山神社  佐倉護国神社(池宮神社境内)  熊野神社  古峰ヶ原古峰神社  三日月神社  天神社(一ノ割香取神社)  神社(八條)  八幡宮  八幡宮  宇賀神社  剱神社  稲荷神社  瀧尾神社  日枝神社  厳島神社  天満宮  八幡神社  北根神社  鹿島神社  浅間神社  愛宕神社  稲荷神社  鬼渡神社  舘西神社  稲荷神社  熊野神社  戸隠神社  稲荷神社  八幡神社  厳島神社  稲荷神社  稲荷神社  黒長社(止止呂支比賣命神社)  貴船社  大塚八幡社  轟木町神社  伊叢皇神社  小一郎神社  大歳神社  高平神社  稲荷社  恵比寿神社  薄原神社  春日神社  黒肥地神宮  出田若宮神社  上仲間阿蘇神社  菅原神社  浦阿蘇神社  八龍神社  春日神社  子安神社  諏訪神社  印鑰神社  海童神社  杵島神社  七良神社  入野神社  熊野神社  日枝神社  天満社  天満神社  厳島神社  八龍神社  天満神社  天満宮  神明宮  琴平神社  鳴川神社  素鵞神社  真光神社  伊気神社  鎌倉若宮八幡宮  河内神社  新田神社  河内神社  河内神社  愛宕神社  河内神社  河内神社  河内神社  地主神社  地主神社  長山神社  愛宕神社  地主神社  中宮神社  大森神社  大蔵神社  八幡宮  神明社  神明社  二十六区天照皇大神社 

何を投稿しますか?