愛知県名古屋市北区安井4-14-14 別小江神社の写真1
愛知県名古屋市北区安井4-14-14 別小江神社の写真2
愛知県名古屋市北区安井4-14-14 別小江神社の写真3
愛知県名古屋市北区安井4-14-14 別小江神社の写真4
愛知県名古屋市北区安井4-14-14 別小江神社の写真5
愛知県名古屋市北区安井4-14-14 別小江神社の写真6
愛知県名古屋市北区安井4-14-14 別小江神社の写真7
愛知県名古屋市北区安井4-14-14 別小江神社の写真8
愛知県名古屋市北区安井4-14-14 別小江神社の写真9
愛知県名古屋市北区安井4-14-14 別小江神社の写真10
愛知県名古屋市北区安井4-14-14 別小江神社の写真11
愛知県名古屋市北区安井4-14-14 別小江神社の写真12
愛知県名古屋市北区安井4-14-14 別小江神社の写真13
愛知県名古屋市北区安井4-14-14 別小江神社の写真14
愛知県名古屋市北区安井4-14-14 別小江神社の写真15
愛知県名古屋市北区安井4-14-14 別小江神社の写真16
愛知県名古屋市北区安井4-14-14 別小江神社の写真17
愛知県名古屋市北区安井4-14-14 別小江神社の写真18
別小江神社  (わけおえじんじゃ)  4.3
愛知県名古屋市北区安井4-14-14

みんなの御朱印

(ひーくんさん)
3 0 御朱印日:2022年6月11日 21:32
(ひーくんさん)
5 0 御朱印日:2022年6月11日 21:32
(ひーくんさん)
1 0 御朱印日:2022年6月11日 21:32
(ひーくんさん)
8 0 御朱印日:2022年6月11日 21:32
(あっせんなよさん)
7 0 御朱印日:2022年5月30日 14:57
(あっせんなよさん)
6 0 御朱印日:2022年5月30日 14:57
(ひーくんさん)
11 0 御朱印日:2022年5月15日 15:15
(ひーくんさん)
10 0 御朱印日:2022年5月15日 15:15
(こーチャムさん)
5 0 御朱印日:2022年5月6日 00:00
(ひーくんさん)
12 0 御朱印日:2022年5月5日 19:23

自分の御朱印

まだ御朱印が登録されていません

みんなの参拝記録

ご朱印がカラフルで秀逸です。 またお詣りさせていただきます。
(じゃすてぃさん)
おすすめ度: ★★★★★
5 130 0 参拝日:2018年7月12日 00:00
風鈴の音色、風車の回る音、心地よいお詣りができました。
(のぶちゃんさん)
おすすめ度: ★★★★
4 115 0 参拝日:2020年8月27日 13:41
別小江神社は「延喜式」の山田郡別小江神社に否定されている神社です。元々は六所明神と呼ばれていましたが、明治になって「延喜式」の注釈本としてまとめられた「特選神名牒」で、「浅野勝行がこの神社が別小江神社だと書いた書状があるのでこの神社を別小江神社とする」というような内容が書かれており、以来、六所明神という名前を改めて別小江神社を名乗っている。浅野勝行というのは、戦国時代にこの安井を治めていた浅野勝行(秀吉の妻ねねの養父)のことか、それともその親族のことであろうが、なぜ戦国時代になって、600年以上行方知れずとなっていた別小江神社が六所明神だと断定したのかは分からない。 また、それとは別に何故か由緒板には667年に延奈八幡が創建され、後に延喜八幡と呼ばれるようになったという説明が唐突にある。別小江神社には六所明神の他に、境内小社にあった八幡社を本殿に祀っているというから、その説明だろうか。 別小江神社は六所明神として祭られていた時の六柱の神(伊弉諾、伊弉冉、天照大御神、素戔嗚尊、月読尊、蛭児命)を祭神としつつも、元々境内の小社に祭られていた神功皇后を本殿に待つっており、この小社が別小江神社というような扱いになっている。これは、別小江神社のものと思われる伝説があるからだ。 神功皇后は三韓征伐の際、鎮懐石を腹に巻いて出産を遅らせたが、その鎮懐石を探してきたのが尾張国造稲植(イナダネ)で、彼は出産後も神功皇后とその子、誉田別(ホムタワケ。後の応神天皇)のお世話をしたので帰国の際に神袍を頂いたという。その神袍を千本杉という場所に祀ったというものだ。 尾張国造稲植は、熱田神宮にも祀られている建稲種(タケイネダネ)のことであろう。「熱田太神宮縁起」では建稲種は、ヤマトタケルの東征の際に不自然な死を遂げていることになっているが、もし誤伝であれば、老齢ではあるが尾張国造として神功皇后の三韓征伐に参加していてもおかしくない。恐らく、この神袍を祀った神社こそ別小江神社の起源であろう。 千本杉という地域は今の名古屋にはないが、杉の地名が多くついた場所はある。別小江神社から2キロほど南下した清水という場所だ。この当たりは、明治時代までは杉村と呼ばれていた。また、この地域の北側は大曽根面と呼ばれる断層があり、今は別小江神社の北を流れる庄内川が、昔はここまで南下して台地を削っていたと言われている。つまり、建稲種の時代は、清水から小牧の南あたりまでは庄内川と矢田川が流れを変えながら拡がっていたと推測される。さすがにその真ん中に神社は作れない。 ここからは妄想であるが、4世紀後半頃に建稲種は神功皇后から賜った神袍を、自分たちの治めていた尾張の山田郡にあった千本杉という場所(いまの清水あたり)に祀った。祭神は神功皇后、もしくは誉田別(応神天皇)のいずれかか両方であっただろう。すぐ北が入り海だったので、いつしか別入江(別小江)神社と呼ばれるようになった。7世紀になり、別小江神社から勧請して千本杉に神功皇后と応神天皇を祀る延奈八幡が創建される。この時、延奈八幡に別小江神社の伝承も伝わる。延奈八幡は延喜八幡に変わり、これが中世以降に創建された六所明神の境内小社として遷座される。延喜八幡に伝わる伝承が六所明神にも伝わり、浅野勝行はこの伝承をもって六所明神を別小江神社としたのではないだろうか。
(ペルシャさん)
おすすめ度: ★★★★
4 159 0 参拝日:2020年4月26日 19:53
何時もながら、目を楽しませてくれます。
(のぶちゃんさん)
おすすめ度:
3 105 0 参拝日:2021年7月11日 09:40
七夕の御朱印を書いていただきました。
(銀玉鉄砲さん)
おすすめ度: ★★★★
3 108 0 参拝日:2020年7月11日 11:30
限定御朱印で大行列。一時間の待ちでした。
(のぶちゃんさん)
おすすめ度:
3 121 0 参拝日:2019年1月6日 00:00
今月はお詣りさせて頂くことが出来て感謝です。 いつも素敵な御朱印を頂きありがとうございます。 平日午前中のお詣りでしたが、たくさんの方がいらしてました。
(じゃすてぃさん)
おすすめ度: ★★★★★
3 25 0 参拝日:2018年11月14日 00:00
重陽の節句の限定御朱印期間は9/8〜9/16とのことです。境内の案内を撮影してきましたので、よろしければ写真ご覧頂ければと思います。
(じゃすてぃさん)
おすすめ度: ★★★★★
3 27 0 参拝日:2018年8月16日 00:00
平日の午前中に行ったのですが、 神職の方もみえ、私服?の巫女さんに 御朱印を頂戴しました。 多色の御朱印は私にとって初めてだったので とっても嬉しかったです。 季節など多種類の多色御朱印があるようで 全国発送も行っているようです。
(隊長さん)
おすすめ度: ★★★★
3 167 0 参拝日:2018年5月21日 00:00
今月の書き置きと御朱印帳に書いていただきました。 拝殿前の傘飾りは10月と同じと思ったら全部違う物ですね‼️
(銀玉鉄砲さん)
おすすめ度: ★★★★
2 90 0 参拝日:2020年11月5日 12:15

自分の参拝記録

まだ参拝記録が登録されていません

基本情報


※地図上の表示位置はGoogleの位置情報を利用しているため、微妙に異なる場合があります。地図の表示位置は「情報編集」ボタンから修正できます。
住所
愛知県名古屋市北区安井4-14-14
五畿八道 令制国
東海道 尾張
アクセス
名鉄小牧線上飯田 徒歩13分
御朱印授与時間
電話番号
052-912-5974
FAX番号
公式サイトURL
御祭神
伊弉諾尊 伊弉冉尊 大日靈尊 素盞嗚尊 月読尊 蛭児尊
創建・建立
由来
神社・お寺情報
神紋・寺紋
未登録
更新情報
【 最終 更新者】もりもり
【 最終 更新日時】2022/03/30 23:50:31
 
※神社やお寺など日本文化の専門企業が算出している日本唯一のオリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

近くの神社・お寺

このエントリーをはてなブックマークに追加 フォローする

通報

※「情報が異なる」「迷惑情報」を発見された方は、通報するを押してください。

神社・お寺検索

※は必須です
 
 
*
*

 
 
※「神社・お寺両方」を選ぶと、一度に全て検索ができ大変便利です。プレミアム会員限定の機能となります。登録はこちら

最近検索された神社・お寺

不動堂  瀧石神社  小里神社  稲荷神社  山神社  みちびき不動尊  上尾御嶽  稲荷社 (徳常院敷地内)  馬頭観世音  不二山 金正寺  瑞祥山 龍雲院  古新宿龍宮神社  みちびき不動尊  経王山 本妙寺  祖霊社(下祖師谷神明社境内社)  天満宮  道祖社・稲荷社(走湯神社)  川崎土場神社  戸隠神社(伊勢神社)  豊受姫大神神社(蜂前神社 境内)  津島午頭天王社(神宮神社 境内)  神明神社  秩父今宮神社  天満天神社(宝登山神社境内社)  稲荷社(永江院 境内)  上好地熊野神社  陶祖社(神明社末社)  稲荷社  雲根稲荷神社  稲荷神社(雀ノ森氷川神社境内社)  木曽御嶽塚(岸町熊野神社境内社)  稲荷堂(福沢神社)  雷神社  妙見神社  地蔵尊  秋葉三尺坊大権現  尾張えびす大黒社  東山稲荷神社  乙津神明社  丸池神社  八坂神社(安比奈新田八幡神社境内社)  八坂神社(白鬚神社境内社)  行盛神社  鹿島神社(八坂神社)    金比羅宮  雨乞地蔵  古峯神社(大神宮)  城山神社  高田城  諏訪神社  山之神社  稲荷神社  東岡城辺稲荷社  海運山 満福寺(亀の甲寺)  新井稲荷社(館山神社内)  加茂神社  御霊小径の石碑  庚申塔群(御霊神社境内)  白山権化神社  長谷神社 上社  合祀社(苗間神明神社境内社)  八雲神社(苗間神明神社境内社)  久田神社(大井氷川神社境内社)  八雲神社(長宮氷川神社境内社)  荘神社  荘神社  川守稲荷神社  八大龍王社(蘇我比咩神社)  三峯神社  千葉南妙見宮  影藤大神  上中地蔵尊  交通安全地蔵尊  伊勢社  観智院  八幡神社(鹿嶋神社)  八幡神社  諏訪神社  宝光院  保食神社  熊野宮  片町庚申堂  水上神社  八坂神社  稲荷社(秩父今宮神社境内社)  金生稲荷大明神(瑞龍寺境内)  薬師如来・地蔵尊  鏡山神社  交通安全神社(盛岡八幡宮)  稲荷大明神  観音寺  大国社(三輪神社境内社)  白鳥社(安江八幡宮 末社)  八坂神社(平井)  稲荷神社(出雲神社)  三峰神社(茂原八幡境内社)  白山神社  田守神社  日之森神社(日の宮) 

何を投稿しますか?

大好評!! スマホでお寺がいいねを使うなら、アプリがおすすめ!